人気ブログランキング |
ブログトップ

草島進一の「持続可能な鶴岡」日記

kusajima.exblog.jp

<   2007年 12月 ( 40 )   > この月の画像一覧

議会質問を動画でどうぞ。

議会の録画中継が以下のホームページでご覧になれます。

なんか、マンザイよりオモシロイとの評判であります。

どうぞ、特に、後半部分、企画部長や、市長とのやりとりをご覧頂き、ぜひご一報を下さいませ。

メール stern8@mac.com


http://www.city.tsuruoka.lg.jp/gikai/vod/200712.html
by stern888 | 2007-12-11 20:38

合併調整について。

a0036384_1852238.jpg

朝、街頭演説。その後、役所へ。
昨日、記した「合併調整」の答弁について担当課に抗議。総務部長から回答をいただく。

以下のとおり。

合併調整の結果 12月作成
総項目数                  2554
調整中                    261
調整済み                  2293
うち内部事務                2012
住民サービス・負担の水準に関わる件数     281

従来どおりとした件数      129
内容を調整した件数       152
         廃止      31
全市拡大 87
サービス拡大 補助金増加等  13
  サービス縮小 補助金減少等 7
拡大・縮小 両方       14
------------------------------------------------------------------------

以上。 サービスが完全に廃止されたものがもう31あるということが明らかになった。サービス縮小をともなうものが、21件にのぼることがわかった。それに対して、サービスが拡大したものは13。
やはりサービス縮小の方が多かった。
全市域に拡大したサービスは87と意外に多い。

以上である。
「のっけから出せよなぁ。」といいたくなるのは、私だけじゃないでしょう。
メディアが取り上げることを避けた行為なのかもしれない。議会をなんだと思っているのか。相当、僕らもナメられていると思う。

昨日、TV番組で、国の役人に対して、相当性悪説にたって政治家は対処しなくてはいけないと、屋山 太郎 氏は指摘していた。
 鶴岡市役所の幹部とも、当面、性悪説にたって、向き合わないといけないと思っている。
 
 議会と当局は車の両輪である。議会がチェック機能を失ったら、自治体は片輪走行でひっくりがえる。僕らは、本来の「しごと」をやるのみだ。
 
by stern888 | 2007-12-11 18:05

一般質問雑感。ー富塚市政は末期症状ー

ー富塚市政は末期症状ー
今般の一般質問を振り返って。
議員の質問と当局発言とで30分。の鶴岡市議会。めいっぱいの議論をしたつもりだが、大きな疑問と「議会や民主主義をなんだと思っているのか」 という、怒りが沸いている。

●住民に囲まれた「市長と語る会で発言した事」が、コロコロ2転、3転と、変わっていいのだろうか。

●慶応大学先端研の年3億円の市税支出。60億円の内、20億円分は土地の評価額、実質負担は40億円だと、市長は平成11年9月議会で与党議員の質問に応えていたのに、今般の説明はあくまで実質負担は60億だといいはる。一体いつそうなったのか。何度尋ねても、「いつ?」という問いに応えない。はぐらかして終わろうとする。

●「議会で質問しないでほしい。」と市主催の講座で言及した先端研の富田氏。今回の議会で企画部長は必死で擁護したのだが、「議会で質問をしないでほしい」旨の発言をした事実は認めたことになる。「さらには、ホームページにものせてほしくない」ようなニュアンスを感じる。こんなことを平気で答弁する当局の姿勢はなんなのか。
 
 僕は絶対にこうした不当な、言論封じのような事を絶対に許さない!
こうした行為のひとつひとつが住民の自由な発言を封じ、結局「大政翼賛」のともすれば異常な社会になってしまうのだから。 しかし、ホントに、市主催の講座でこんな発言が平気で許されていいのだろうか。
 市長応援団の議員たちは、企画部長の所長擁護発言に、翼賛よろしく賛同の声援をおくっていた。やれやれ。である。

僕は、研究そのものを否定しているわけではない。立派な研究をやってほしい。しかし、僕が問題視しているのは、この財政が厳しい折、まるで聖域化して年間3億円もの市税がそのまま投入され続けていることだ。だって、僕の試算ではもうこの大学プロジェクト全体で50億円を超える出費をしているのだから。20億円分の土地を含めれば70億円を突破しているのだから。
 
 それに、行政が行う補助や助成は、特定の行政目的を達成するという大前提が守られなければならないのだ。産業振興という行政目的に対して、どれだけ説明のつく成果が得られているかをこれまで問うてきた。目に見えた行政成果は出ていないし説明もされていないのが現状なのだ。
 

議会でとやかくいわれず、安穏に研究をしたいのなら、こんな貧乏自治体からの補助金で研究しないことだ。独自にファンドから研究費を獲得して研究してほしいと思うのだ。

●合併調整の応えはまさに、「不当な答弁」としか考えられない。
質問の本意に答えず、要らぬ説明ばかりで時間ひきのばしをしているにすぎない。
いいかげんにしてほしいものだ。合併調整室。 近々、抗議にいくこととしよう。
by stern888 | 2007-12-10 23:50

07年12月議会一般質問。

1)水道事業について

先般11月29日、県が、県営広域水道の給水費用を平均25.4% 下げると発表しました。 これは、「山形県が全国一高い水道料金である」ことを、信念をもって訴え続けてきた、市民の運動の成果ととらえます。
さて、今般、文芸春秋11月号にこのようなルポルタージュが載りました。「藤沢周平「風の果て」の町が水危機。」「豊穣な風土を育んできた、地下水文化が失われようとしている」
高杉晋吾さんというベテランのジャーナリストがお書きになったものです。

このルポは、つい先週までNHKのテレビドラマになっていた、小説「風の果て」の舞台である、月山の扇状地に、天保堰などの水路を切り開いた庄内の開墾の歴史、又、田圃に涵養された地下水文化。更に、6年前にダム開発によって地下水からダム水へと水道水源が切り替わったことによる市民生活の変化について、幾度もこの地を訪れ、丹念な現地取材に基づいて描かれたものであります。
 私は、特に水源切り替えによる市民生活の変化については、「ダム水になってカルキ臭くなった。それを水道部に話したけれど、気のせいだといわれた」など、勇気をもって真実を述べた、市民の証言が実名で掲載されていますし、藤沢周平さんが愛した鶴岡の風土にかかせない、大切な資源である「地下水の文化」を捨てないでほしいという市民や著者の強烈な大きな想いが伝わってくる。実に秀逸なルポルタージュだと感じています。この議場内にいらっしゃる方はもとより、まだお読みでない方はぜひご一読ください。

さて、これに基づいて質問します、このルポにはこうあります。
●昨年06年の市長と語る会で、「2010年平成22年までに湯田川の船見台水源の簡易水道を廃止する方針がだされたが、「住民は苦心を重ねて船見台水源の地下水を守ってきた。おいしくてきれいな地下水を捨てろというのは撤回してほしい」といった多くの住民の要望に市長は「住民の意見は解った。湯田川住民の切なる願いを尊重する」と言われた。しかし、著者がその3ヶ月後に鶴岡水道部に取材にいき、「湯田川水源は存続するのか」と尋ねると、水道部は「廃止する意向だ」と答えた。とあります。


これでは、市長と語る会で、住民を前にした市長の発言は何だったのかということになります。住民の方々の不安は、広がっています。
そこで改めておうかがいします。

「湯田川船見台の水源は22年に廃止という水道部の方針は、市長の昨年の名言どおり、撤回され、水源は存続させるのかどうか。まず、この重要な一点、おうかがいしたい。


●先端生命科学研究所について

まずはじめに、先日、12月3日、市主催の生命科学入門講座、市民約80人の面前で、先端生命科学研究所の富田所長が、「研究者のモチベーションが下がるので、議会で質問をしないでほしい。」旨の発言をしたとのことで、そこに居合わせ、気分を害した市民の方が、「民主主義否定の暴言だ」として大学側へ向けて謝罪を求める要望を12月4日提出されている旨おうかがいしました。
その市民の方は当局にも大学側から参加者へ謝罪していただくように求めているそうですが、まずこの事件についての、当局の見解と対応についてうかがいます。

さて、本論ですが、
●研究所への年間3億の補助金についてですが、
 前回9月議会の質問の際、市長は、「大学全体枠の300億円の枠の中の事だ」とおっしゃいました。では、市長が解釈する枠内で、鶴岡市の負担額はいくらかを確認したい。そして、市はこれまでこの大学関連プロジェクトにいくら投入をし、そして今後、市税をいくら投入しなくてはならないと考えているのか。おうかがいします。




●合併調整について、

先般11月18日、市民有志で合併2年を検証する、フォーラムを開催いたしました。
時間もないので、多くは述べませんが、特に合併町村ではこの2年の中で相当サービスの廃止や低下をきたし、農家一家庭で年間10万円を超える負担増になっているケースも語られ、相当痛いことになっている。改めて特に旧町村の方々の痛みを受け止めた次第であります。そこでうかがいます。

▽市当局として、この2年間の合併調整で、廃止されたサービスはいくつありますが、また、サービスの範囲が広がったサービスはいくつありますか。
また、給付や補助金の金額が減少したものはいくつありますが、また増えたものはいくつありますか。私が尋ねた4つの数値のみお応え下さい。

以上、答えは不当なひきのばし答弁を止め、私の質問に対してのみ、簡潔明快にお応え下さい。


水道部長
本来のお応えする前に、大変すぐれたジャーナリストだ。ということでありましたけれども、私どもからすれば、かなり食い違っている点がありました。そういったことを踏まえて、我々は、住民に、理解の得られるような説明をしていきたいと考えております。そこでお尋ねの湯田川水源についてでありますが、湯田川水源、別名、船見台水源につきましては、水量、水質において、それぞれ課題を抱えている現状にございます。
 具体的に申しますと、水量の件では、火災発生時や小学校プールへの給水時に、取水量が不足するなど、対応が困難な状況になること。水質の点では、最近の検査結果でありますが、平成16年8月と、今年、7月8月の3回にわたって、議員は、非常にすぐれた水源、水質といわれていますが、大腸菌が検出されております。通常、この大腸菌は、塩素処理によって死滅いたしますが、原水に、濁度、いわゆる濁りが発生した場合などは、塩素処理で死滅しないクリプトスポリジウムが存在する可能性が高くなる。体調のすぐれない人が飲用した場合、重大な事態を招くおそれがあるといわれております。こうした事から、水道部では、同地区への給水対策として、広域水道受水前において、いつでも広域水道に切り替えて、給水できるよう、体制を整えているところでありますし、現在も火事、小学校プールへの給水が必要な場合、大腸菌が検出された場合は、広域水道に切り替えて安定した給水をおこなっているところでございます。さらに、同水源施設は、設置後、50年以上経過しており、今後の施設改良、維持管理には、多額の費用が見込まれますことから、平成23年度以降は、同水源を廃止し、通年、広域水道を使用するとしてきたものでございます。しかし、議員、ご指摘の昨年10月、湯田川地区で開催されました、市長と語る会において、地区民の一部から、同水源の存続を求める意見が出された際、市長は、地区住民の意見は尊重すると答えているが、その後も、水道部では、廃止と答えるなど、見解が違うとのご指摘でございますが、

水道部といたしましては、水道事業管理者であります市長が申し上げた趣旨は、一部住民の意見ではなく、地域住民の多くが存続を求めていることを前提に、尊重すると、お応えしたものと受けとめております。こうしたことから、水道部では、今後早い時期に、地区住民の方々を対象とした、説明会を開催させていただき、ご意見をお聞かせ願いたいと考えております。


●その上のことで、いずれにいたしましても、水道部では水道事業に、課せられている水道使用者への安全、安心、さらには、安定給水が、そこなわれない事を前提に、今後とも、検討をさせていただきたいと思います。以上です。



企画部長 
●先端生命科学研究所に対するご質問であります。
市民講座における先端研の発言ということでありますけれども、
市民のための生命科学入門講座に関しまして、正しくご認識をいただきたいと思いますので、講座の開催趣旨などについて、簡単に説明させていただきたいと思います。(そんな事は聞いていないよ)
 鶴岡の対応ということの関係がございますので、この講座は、
生命科学の基礎的な知識を習得していただき、生命科学研究の異議や課題などについて、理解を深めるという目的で開催をしております。
この講座内容といたしましては、生命科学研究所の取り組みや、生命科学を取り巻く、世界的な状況などにふれながら、先端研の生命科学について、多面的にわかりやすく学ぶ機会と、いう風になっております。
また、平成17年度からは、市の北部地区にあります、バイオラボ棟や、鶴岡メタボロームキャンパスの見学会、これも講座のメニューにいれておりまして、受講者の皆さんが、先端生命科学研究所の研究内容や活動状況を直接知る機会、ということで開催をしております。

研究所が開催した平成13年から毎年この講座は開設しておりますけれども、80名の定員ということで、募集をしておりますけれども毎年100名程度の市民の皆様から受講をいただいておりまして、(質問に答えてください)
全講終了後に実施される受講者アンケートを見ましても、非常に好評で、このような学習機会を継続して設けてほしいという希望が多くございます。


で、ご質問でございますが、先端研の所長さんの講座における発言ということでありますけれども、その発言の要旨をご紹介させていただきたいと思います。
この研究所は山形県と鶴岡市の補助金をいただいて、研究を進めているが、設置の狙いは将来の鶴岡地域の産業の事を考えると、知的産業を興す必要があり、その核となる研究所を創って、世界的な研究をおこない、世界に勝つような研究成果を出すことだと思っている。研究所を誘致することや支援することに賛否両論があるということはもっともなことであるが、民主的な手続きで決定してきたものであり、研究所ではがんばって成果を出してきた。受講者の皆さんには、学生や若手のスタッフに、がんばって、といってくれるだけで、彼らの意欲は、ものすごく、あがっていくので、ぜひ、このような応援をお願いしたい。自分は平気だが、議会 のほうで、未だに賛否両論で、ネガティブ、否定的な意見がホームページにでている事を、学生や若手のスタッフがみると、鶴岡はいいところだといって、ものすごくはりきって研究をやっているのに、研究に対する意欲がさがってしまう。建設的な批判は大歓迎だが、意味があるのか、とか、やらない方がいいんじゃないか。こういった批判は止めて頂き、ぜひ、応援をお願いしたい。というものでありました。
まあ、こうした発言でありますので、議会での発言に対する、不当な妨害行為などといったことではなくて、慶応の先端研を率いる責任者として、首都圏を離れて鶴岡で活動をしている学生さんを含め、スタッフが一丸となって地元の研究に応えようと、成果をあげようとがんばっていることを受講者にもお伝えをして、暖かい応援をしたいという所長の率直なそうした想いを話したいと思っております。


そうしたことでありますので、特段謝罪を求めるとかということは考えておりませんし、また、講座冒頭ご説明させていただいておりますけれども、先端研の学習機会であるとともに、慶応先端研の研究内容や、成果、活動の状況などについて、市民の方々からご理解をいただく機会として設けているという開催趣旨からいたしましても、市として特段対応とか、問題とすべきではないと考えております。


●次に県と庄内での300億円の負担についてのご質問でございますが、県と庄内の枠組みといたしましては、庄内地域大学プロジェクトということで、山形県と庄内開発協議会とで協議をし、決定したもので、これまで何度かご説明をしておりますので、ご理解いただいているものと思いますが、改めてのご質問でありますので、基本的な事項について、ご説明をさせていただきます。まず、県と庄内地域市町村の負担内容でございますが、鶴岡キャンパスと酒田キャンパスの、東北公益文科大学および大学院、および、慶應義塾先端生命科学研究所さらに、鶴岡キャンパスで申し上げれば、致道ライブラリーや公園施設に関連する共用施設などに関わる経費をおおむね300億円とし、このうち、実質負担ベースで県は55%、庄内地域の市町村は45%を負担するとしたもので、旧鶴岡市の実質負担は約60億円で旧酒田市も同額を負担をするということになっております。
で、旧鶴岡市の負担の内訳といたしましては、東北公益文科大学につきましては、大学院の施設整備と教育研究費補助金。それに平成21年度まで補助をするということになりますが、研究基金に対する出資金。これをあわせますと、3億8千万円というふうになっております。また、先端生命科学研究所につきましては、研究所の施設整備と平成13年度から17年度までの教育研究費補助金。それに、教育研究基金に対する出資金。とこれあわせまして、25億5千万円。となっております。その他、鶴岡公園の駐車場とか、致道ライブラリーの本市負担額ということで8億2千万円となっております。総枠で37億5千万円の実質負担になるものでございます。で、18年度以降の慶応の研究に対する教育研究費補助金ということで、9月議会、市長答弁で時間切れということで、発言の趣旨を十分ご理解いただけなかったようでございますが、庄内地域大学プロジェクトということで、県と庄内で負担の枠組みを決めた300億円。この中で鶴岡市が負担をする金額は60億円というふうになっております。庄内大学プロジェクトでの鶴岡市の実質負担これ、先ほど申し上げました、37億5千万円となっておりますので、平成18年度から5カ年、慶応の先端研に対する市の支援見込額、10億7500万円をふくめましても、実負担ベースで申し上げますと、60億円の範囲でおさまると。こういったことを、発言の趣旨と言うことでございますので、そのようにご理解をお願いしたいと思います。


●総務部長
合併にともなう住民サービスの調整についてでありますが、まずこれまでの合併調整の経過あるいは、考え方について、説明をさせていただきます。今回の合併調整につきましては、合併協議会におきまして、3年にわたって議論を重ね、その合意に基づいて調整方針を整理、確認をおこなっていただき、その調整方針に基づきまして具体的に調整作業をいたしているところでございます。
 具体的な作業にあたりましては、まず第一に、今申し上げた、合併協議会における検討内容の方向性にそって作業を進めると、いうことを基本としていること。それに多くの市民の理解を得られる調整内容として各地域の特色にも留意しながら進めるということ。同じ新市の市民として、受益と負担の公平化。適正をはかるということ。それから、市の支援は、金品などの直接的な交付ではなく、広く市民の所得の増大や、利便性をもたらすための環境づくりを基本とすること。こうした考え方で調整作業を進めているところであり、これまで、調整が終了したものについきましては、、それぞれの事業ごとに各担当課から、各関係団体に対して、制度の変更などについて、丁寧に周知や説明をおこない、また必要に応じて広報などでのお知らせをおこなってきているところでございます。

これまでの合併調整の結果でありますが、ただいま申し上げました、協議会の経過や基本的考え方により調整をおこなってきた結果として、事業が廃止されたもの、廃止予定のもの、一部地域の制度を全市に拡大したもの、補助などの水準があがったもの。さがったもの。など、旧町村ごとに見た場合さまざまでございまして、これらは、あわせて152項目となっております。

そもそも、このたびの合併は、国、地方を通じた厳しい財政状況、急速に進行する人口減少や、少子高齢化、市民の生活行動範囲の広域化等に対応し、まずは今後、ますます進展する地方分権の受け皿として、職員の力を結集しながら、基礎自治体としての行財政基盤の強化や、自治能力の向上をはかり、しっかりとした自立した新市を築いていくことにあります。新市として、早期に一体感を確立し、新たな町作りにむけて、市民の方々と行政が一体となってまあ、全力で取り組んでいくことが重要でないかと考えておりますのでご理解をいただきたいと思います。

●草島
水道部におうかがいします。船見台水源は、22年に廃止という水道部の方針ですけれども、市長の名言があって、また、変えられるとうことなんですか。おうかがいします。、

水道部長
さきほども申し上げましたとおり、市長が申し上げましたのは、一部の方の意見のみではなくて、田川地区、おおかたの住民の意見を聞いて、それが体勢だとうことであれば、尊重する。ということであります。市長の趣旨は、一部住民の方の意見ではなくて、地域の多くの方々の総意であれば尊重する。ということであります。ただし、水道部といたしましては、市民の安全、安心さらには、安定した給水というものが大前提でありますので、それを怠るということはできないと判断しています。

●草島
ま、こうしたルポルタージュものりましたので、改めて、当局に対して要求をしたいんですけれども、やはり、水源切り替えに伴う市民生活の実態調査。これをまず要求をしたいと思います。それと水道部が調査依頼をして、故、柴崎達雄先生、又、桑原英夫元山形大学教授が、2年にわたって真摯に調査され、55年に発表された柴崎レポートがありますけれども、この、今回文藝春秋に掲載された、いわば高杉ルポと言っていいと思いますが、全国多くの読者が読んでおり、この行く末を見守っていると思います。総合計画策定が進んでおりますが、鶴岡の風土を支え、食の都を支える資源として、環境政策、災害対策、水道の今後を考える上でも、この柴崎レポートを無視せず、そして今般の高杉ルポを無視せず、しっかりと受け止めて、地下水資源を、合併新市の重要な資源として位置づけることを強く要求いたします。

これは要求ですので答弁はいりません。

次に慶応大学についてですけれども、今、60億のわくの中だから、投資できるんだという話をしました。しかし、市長、あなたは、11年9月議会の総括諮問の際、与党議員の質問に、次のように説明をしています。

11年9月議会の総括質問の際、市長、あなたは与党議員の質問に次のように説明しています。
経営費の助成について。40億円の枠の内の話で、研究センターについて、運営費の一定の補助をする予定をしている。
また、土地について。野球場の跡地について、「あの土地を提供することによって、20億円の市の財政負担の軽減をはかれるというような、そういうメリットもあって、そのようにさせていただきました。
これ市長答えているんですよ。


これまで市は約60億円の負担の内、土地については、現物評価額として20億円分ある。だから、実質40億円の負担額でいいのだと、議会に約束してきたんじゃないんですか。いつ、この実質負担が60億円になったんですか。お応え下さい。

●企画部長

え、確かに土地の評価額ということで60億円の内20億と公園の市有地のままで、評価額というのがありますので、実質的な負担ということでは40億円であると、キャッシュベースでは40億円であるとご説明を今までやってきました。
で、今回の説明につきましては、実質負担ベース、と、キャッシュベースで申し上げれば、もう15億7千500万円は、含まれるとそういった説明をしたまでで、負担云々、とかそういった説明ではございませんのでそういった理解をしていただきたいと思います。

◇草島
ちょっと今の発言おかしいですよ。市長。これ、実質負担は40億円だと市民に説明してきて、私たち議会もお約束は40億円だったんじゃないんですか。それが、いつ60億円になったんですか。それを説明してください。

●企画部長 
これはあの、60億、鶴岡市は当初60億円を負担すると言う中で、財政的なそういったやりくりの中で、土地の評価を20億みていただいた。といった経過は当初ございます。そういった意味で、実質負担ということで、今回の分を含めても、当初60億という金額にはまだなっていない。というのが実態でございますので、そういったのは事実でございますので事実をそのように申し上げたということでございます。、

◇草島
何回も尋ねますけれど、おかしいですよね。40億、実質負担だと約束しておいて、いつのまにか60億円になってるんですよ。その説明になっていないんで、市長、説明お願いします。

●市長
いづの話だったがは、確か、そういうことを言った覚えはありますが、相当時間かがってますよ。それから。で酒田とも連携しながら、実質的に、土地の評価でごまかす。ということではありませんけれども、それにふりかわる。というのは、ちょっと不当だな。ということもありまして。これまで、ずいぶん何度か、その、40億円の事をお詫びした表現はしなかったかもしれませんが、60億円の現金の枠の話で、前提として今までお話は何度も申し上げて、今日、今、はじまったわけではありませんので、いいかげんな事をいわないでくださいよ。

◇草島
40億円の負担を議会で約束してそれが60億円になったっていう話は今回初めてなんですよ。議会では。これ、市民にも説明されておりません。このまま補助金出し続けるんですか。実質公債費比率19.2%の中でですね。当初の予定の枠よりはみだしているんですよ、まだ補助金出し続けるんですか。おうかがいします。

●市長。
いままでだって、議会で説明したはずですので、あとで調べますよ。そして、いいですか、市長は市長なりに、方針を市民の支持を得て、将来にむけての方針を定める、決める権限を与えていただいています。ま、その一つ一つを。しかし、議会で、議決していただくものは、議会にかけてご承認をいただいております。これも、間違いないわけです。これまでも。更に説明をして議会にかけてご協議いただいて、あなた反対なら反対で結構です。私は私なりに提案して正当な手続きを経て、措置させていただきます。

草島
今の発言なんですか。議会での約束をまさに独断と偏見でほごにして、新しいことにしているじゃないですか。だとしたら、市の広報でしっかりとそれを説明してください。そして議会にもきちんと説明していてだきたいんですけれども。それなしに。来年度の補助金また3億円。この40億円、の枠の外にどんどんでながらの補助金の投入というのは私は認められません。どうですか。
by stern888 | 2007-12-10 22:40 | バイオへの公共投資を問う

一般質問。

本日、一般質問デイ。
午後3時半か4時ぐらいから。水問題、大学問題、合併調整、3本、30分。
ぜひ、傍聴してください。
鶴岡市議会ーインターネット生中継もやっています。
http://www.city.tsuruoka.yamagata.jp/gikai/
by stern888 | 2007-12-10 08:35

大黒様のお年や

a0036384_19402025.jpg


まっか大根に豆づくしの料理。はたはたの田楽。12月9日は大黒様のお年やなり。

本日の庄内ボランティアフェスティバル、山田柏崎市民生活部長の講演。トイレの事。FM ぴっからの事、ボランティアの事。現場を踏まえた大変貴重な講演でした。スタッフの皆様に、また、講演をお聞きいただいた皆様に、お礼申し上げます。
by stern888 | 2007-12-09 19:40

John Lennon の命日に。

John Lennonのアルバム IMAGINEを聴きながら。
今日は、第五コミセンの学区福祉活動プランの策定委員会の最終段階のミーティングに1半から4時半。それから明日講演をいただく山田・柏崎市民生活部長を囲んでの第一学習会と懇談会。僕にとって、今回の柏崎のアクションで最もうれしい出会いが山田さんとの出会いだった。地域コミュニティの活動としても、学区単位にコミュニティ活動を早くから展開している柏崎の事例は実に参考になる。明日1時から、中央公民館。ぜひご参集のほどを。
 
   ジョンレノンの命日からもう何年になるのだろう。中学の頃からビートルズ、ジョンレノンは聞いていたのだけれど、神戸にいたとき、代表のバウさんの影響もあってか、イマジンという映画をじっくり観た。0から1を生み出すカルチャークリエイティブ。一人の人間が、ここまでできるのかという事をバーンと投げかけられた想いがした。
 今日、「ジョンレノン PEACE BED 」http://www.peacebed-johnlennon.com/という新しい映画が封切られたそうだ。邦題は「アメリカvsジョンレノン」という副題がついている。反戦。ジョンの平和をわが手に。という歌は、米国の反戦運動で好んでうたわれ、体制側からの相当の圧力をジョンは受けていた。でも信念を貫いて平和を求めるアクションは続いていた。権力者たちの横暴、戦争を許さず、平和と民主主義を求め続け、歌をつくり、アクションをおこしたジョンレノン。
 1980年、40才で命を奪われたジョンレノン。あれは僕が15才の時だ。思えば僕はジョンよりも長生きしているのか。僕には今、何がやれているのか。

Power to the People。War is over If you want it. もう一度ジョンの思いを受け止めたい。

Peace bed は山形フォーラムで公開されたようだ。うむ。議会終わったら早速見に行こう。
by stern888 | 2007-12-08 23:22

防災講演会-柏崎の実例に学ぼう!

お知らせです。
明日、12月9日(大黒様のお年やの日ですが)
日曜日、中央公民館、午後1時から、ボランティアフェスティバルが開催される場の分科会(災害ボランティア)にて、今夏災害にあった柏崎市の、避難所や仮設住宅の対策をトップにたっておこなった市民生活部長 、山田さんの講演会があります。

私たち、柏崎で活動した元気村ネットワークも当初からお世話になった方であります。
行政のみなさんも、市民の方々も、ぜひご参加ください。
by stern888 | 2007-12-08 13:04

藤沢周平記念館パース



昨日、鶴岡市議会会派代表者会議で発表された、藤沢周平記念館のパース。
ずっと求めていたが、これまで公開されず今となった。

以前、現在設計している設計事務所のプロポーザルでは、木造の資料館を残して2棟だてになっていたのだが、このパースでは鉄筋コンクリート1棟だてになっている。

当局に聞けば、木造の資料館の建物は解体するのだと聞いた。皆さんの意見をいただきたい。
a0036384_756522.jpg

by stern888 | 2007-12-04 12:13

羽黒山 松の勧進  在来作物研究会フォーラム。

鶴岡の12月1日といえば、ボレローであります。ボレローとは何か。ホラ貝の鳴り響く音であります。そう、山伏であります。12月31日の松例祭をクライマックスとして、おこなわれる冬の行、100日行の後半、先途と位上の2名の松聖になる方々が、酒井家を皮切りに市内をまわって、ほら貝の厄よけとともに、寄進を募ります。師走といえば、鶴岡はこの羽黒山伏のボレローが、風物詩であります。写真は、私の先達でもある星野尚文山伏。こんな立派な髭爺になっておられました。月山と私たちとのつながりを感じる行事でもあります。今年の松例祭、あけて3ヶ日はおおいに盛り上がりそうです。なお http://www.gassan.jpでこの松の勧進のスライドショーがご欄になれます。

2時から在来作物研究会のフォーラム。ひょうご在来種保存会の山根さんのお話。「種こそ文化そのもの」とても大事な話しをうかがった。その後の「平田あかネギ」「宝谷カブ」「だだちゃ豆」の種の保存についての報告。特に宝谷カブを実際にお一人で残そうとがんばっている畠山さんのお話は、すごく心に響いた。「次の世代になんとか手渡したい。」畠山さんはとつとつと力強く語るのだった。宝谷カブは、以前はよく冬の鶴岡の風物詩であるタラのぶつ切り汁「どんがら汁」にいれて食べていたそうだ。来年1月の「どんがら汁祭り」には、「宝谷カブ入りのどんがら汁」がお目見えするそうだ。
 その後、アルケッチアーノで懇親会。またいろいろ出会いもあり、おおいに盛り上がる。食の都、ブレイク寸前。万歳である。
a0036384_5563846.jpg
a0036384_612345.jpg

by stern888 | 2007-12-01 18:55