人気ブログランキング |
ブログトップ

草島進一の「持続可能な鶴岡」日記

kusajima.exblog.jp

2011年 03月 25日 ( 3 )

山形県知事、危機管理課に提案しました。

現地を見、今朝も現地と電話で内情を聞く中で、以下の提案を山形県宛に提出しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東北関東大震災に向けての山形県の対応についての提案。
2011年3月25日 午前9時10分 
山形県知事様 
危機管理課 ご担当者様

石巻市をはじめとする隣県宮城県の被災自治体への山形県職員(一般職、保健師)の派遣の検討について

               災害NGO 鶴岡元気村 代表 草島進一
              山形県鶴岡市道田町21-29 090-4388-3872

東北関東大震災への救援、支援活動など、大変ご苦労様です。
私達 災害NGO鶴岡元気村も、震災の翌日から名取市、また19日から21日まで石巻市現地にはいり、その後も救援活動を展開中であります。実際の被災自治体の現場の状況や被災者の声と神戸、中越の経験を踏まえて、復興支援のあり方についてご提案がありますのでここに記し、申し入れるものであります。


○被災地域の救援活動として、以下のような県職員の派遣をおこない、石巻市の運営を支えていただくことを提案します。

1)県職員、並びに県内自治体の職員(一般職)を被災自治体へ派遣し、石巻市役所の支援職員として避難所支援などの勤務。一般職、保健師。

2)県職員、並びに県内自治体の職員(一般職)を派遣し、避難所、避難所外の状況把握の調査隊。税務経験者、など。

理由;3月22日午後8時に県民活動推進室 小野室長、午後10時に石井 危機管理主査にご報告したとおり、石巻市の職員の多くが被災している状況で、避難所、避難所外の被災者についての現状調査、把握が及んでおりません。そのため、避難所の配給の食糧が十分でない、泥により衛生面でも問題があるなど、避難所でのQOLに大きな問題があり、格差も見られました。市役所職員のほとんどが震災後、家にもどれず、フロアで仮眠をとりながら業務を続けているが、限界に近い状態です。現在、20日に立ち上げたNPO連絡協議会で避難民の調査にあたり、その調査結果を行政と共有する仕組みがはじまっておりますが、調査をより充実させるためにも行政職などが協働する意義があるとも考えます。山形県にとっても、災害地の避難の実態、避難所運営、被災自治体の運営など、現場経験を積んだ人が多いほど、本県の災害時のリスク軽減につながります。ぜひとも積極的な派遣をお願いしたく提案するものです。
 
○ 現在必要な職員 (石巻市人事課課長補佐 吉本様より3月25日確認)
▽ 避難所の運営スタッフ
▽ 保健士
▽ 税務職員

現地コンタクトパーソン
石巻市 ●●●●

○現地ではすでに鳥取県職員が30名ずつ交代で支援活動をおこない、兵庫県も復旧復興専門職員を派遣されているとのこと。岐阜県中津川市の職員が交代で6、7人避難所支援や一般ボランティア要員として派遣され、従事していると伺っております。
被災者の命を救うため、可及的速やかなご対応をお願い申し上げます。

今後のご対応についてご連絡ください。
▽災害NGO鶴岡元気村 代表 草島進一  090−4388−3872
by stern888 | 2011-03-25 12:50 | 東北関東大震災 支援情報

現地最新石巻NPO情報

石巻NPO情報(今朝8時に確認)
昨日も多くの人数で会議がおこなわれた。
昨日の会議にはじめて石巻市の行政職員も参加してくれたとのこと。
○調査隊、人手や車が足りない。とのこと。
○炊きだしについては週末にむけて大分集まり始めている。
○泥出し隊まだまだ人手がたりない。
現地NGOの動きは進化し続けている。
by stern888 | 2011-03-25 08:02 | 東北関東大震災 支援情報

石巻市救援活動報告

3月19日から21日まで、石巻市の救援活動に行ってきました。石巻市内は中心部をはじめ、市内半分が津波に呑まれ、地震と水害が合わさったような状況が続いていました。1F部分が水没し、がれきの山となっている避難所の2Fから上に処狭しと雑魚寝しているような避難所。毛布一枚を底にしき、眠っている状態で、伺ってみると食料もなかなか満足に得られない状態にあるということ。また、避難所の他に避難しているところにはほとんど物資が届かない状況にあり、全体把握を行政的にも行えていないのではないかということ。など多くの問題を抱えていました。19日は、名取市に拠点をもっていたNGOの仲間達が石巻に拠点を移す日でもあり、合流。湊小学校などの運営のリーダーであるSさんと会い、同行した野球チームのみんなに物資の片付け作業などをおこなっていただきました。16日から石巻にはいったMaketheheaven のてんつくマンらと再会。避難所の他にいる人への調査隊の必要性などを情報交換。 20日、がれきの山と化していた湊小学校1F、体育館の泥だし作業を被災者の方々と一緒におこないました。
  午後8時、地元で活動するNGOに連絡をとり、石巻社協 のボランティアセンターでNGO、NPO、石巻社協の情報交換の初会合第一回「NPO連絡調整会議」をボランティアセンター内で開きました。参加団体10団体。不眠不休で被災地支援を続ける社協阿部さんから被災地の実態を伝えて頂き各NPO、NGOから活動報告。炊きだしの調整や避難所内外の調査隊、泥だし作業などの状況を共有。通常の電話回線が不通のため、避難所と直接連絡がとれずに調整が難しいなど、多くの課題があることがわかりました。また、自衛隊の基地に集まる行政を通じての物資について、NGO、NPOサイドで出し入れできるしくみづくりについても課題。と共有。

21日、20日に泥だし作業をおこなった湊小学校に大鍋が設置され「元気鍋」と名付けられました。
これで、単発の炊きだしではなく、継続的に炊きだしができ、被災者の方々だけでも煮炊きでき、お湯を沸かすことができます。避難所の他のマンションに避難されている方から連絡がはいり、物資を届けました。
22日、午後7時から再び議長役で第二回連絡調整会議をボランティアセンターでおこない再び情報共有。「石巻は危機的状況」という共通認識の下、1)炊きだし、2)物資を配りながらの調査隊 3)避難所、家屋の泥だし この3点のプロジェクトを中心に進めていくことを確認しあいました。

また、FM 石巻との協働について、提案があがり、全国からラジオを集めて被災者に提供しようということにもなりました。21日の調整会議の議長を務めその後帰路へ。 

石巻の救援支援活動はこれからが勝負です。危機的状況は続いています。
皆さんのご協力をお願いします。
by stern888 | 2011-03-25 07:54 | 東北関東大震災 支援情報