人気ブログランキング |
ブログトップ

草島進一の「持続可能な鶴岡」日記

kusajima.exblog.jp

2010年 04月 25日 ( 1 )

にわか船頭役をさせていただきました。

桜満開! いい天気で鶴岡公園の桜も最高。土、日と1週間延期になっていた「桜小祭」がおこなわれ、私は、にわか船頭役をおおせつかり、2日間にわたって和船の船頭をやっていました。この船はNPOが働きかけ、温海杉を使い、尾花沢の船大工に造っていただいたもの。こうした乗船に使うため、通常の藻狩り船よりも幅が若干広く、また長さも長めにできています。これを竹竿一本で動かすのは、我々のカヌーとは分けが違います。やってみてよーくわかりました。下りはよいよい。でも流れに逆らって、そしてこの日は風にも逆らって上に行くのは大変です。汗だくになりながら上っていました。ところが、ベテランの川漁師さんたちは違いました。もうじき80になる佐藤あきらさん、「腕でやるんじゃなくて、体重をかけるんだよ」といいながらひょいひょい上にのぼっていくのです。
 「これは最上川の船だからちょっとあんばいよくねえけど、赤川だったら、今の時期はサクラマス取りさ、河口まで下って流し網とか刺し網をやったもんだ」「えっ、赤川をですか」「んだ」「で、河口から、竹竿一本でもどってくるんですか」「あたりまえだ、かつげねえもの」「へえ、まてよ、何時間ぐらいかかるんですか。」「ざっと5時間ぐらいかな、てえしたことねえ」「へえええ」  とまあ、期せずして、根っからの赤川の川の民にようやく巡り会えたような気がしておりました。
冬は川蟹漁をされているとか。そういえば、以前、赤川を下ったとき、川蟹を見せてくださった漁師さんは、佐藤さんだったのかも、、、。「ほとんど俺しかいねえからの、、、ああ、そういえば、あんときの、、、」という感じになりました。
  赤川の川漁師の継ぐ人がいないとなあ。と感じさせられた一日。また、桜満開の内川を「こんな風景はじめて」と喜ぶ笑顔を観ながらの一日。 貴重な体験をさせていただきました。桜小祭の実行委員会の皆様、ありがとうございました。
a0036384_1085199.jpg

by stern888 | 2010-04-25 09:53 | 日記