人気ブログランキング |
ブログトップ

草島進一の「持続可能な鶴岡」日記

kusajima.exblog.jp

2010年 04月 20日 ( 1 )

吉村誠司氏、 中国の震災支援へ

玉樹共同】中国メディアは20日午前、青海省地震による死者が19日夜までのまとめで2039人になったと報道。被災した同省玉樹チベット族自治州玉樹県の震災対策本部が明らかにした。不明は195人で、死者・不明の合計も2234人に増えた。現地では人民解放軍などを中心に計1万7千人以上の救援部隊が救助活動を続けているが、地震発生から7日目に入り、犠牲者はさらに増えるとみられる。
ーーーーーーーーー以上転載ーーーーーーーー

災害当初から気になっていた中国青海省での地震。犠牲者数が2000人を越えました。
神戸や中越の現場で一緒に活動した親友、吉村誠司氏が、21日、中国の震災支援に出発するとメールがありました。

民間の草の根ならではの支援をやってくれると思います。
みなさん、ぜひご支援、よろしくお願いします。 草島進一

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【21日(水)に中国へ向かいます!】吉村誠司の地球日記

この間、「ヒューマンシールド神戸 吉村誠司の地球日記ブログ」http://chikyunikki.spaces.live.com/ にて、昨年のインドネシア地震などの救助活動や国内外の動きなどお伝えして参りました。

先日、中国青海省と隣接する四川省のチベット自治区に被害を出した大地震について、初動の救助活動には間に合いませんが、四川省からの民間支援の動きを支える為にも、まず四川省の成都へ向かう決断をしました。

この間、何度か現地と連絡をする中で、アクセスが悪く、現地への規制があっても民間での支援が始まっていることがわかりました。

 2年前、成都から13時間をかけ標高4000mの峠を越えて向かった四川省山岳地のチベット族の方々が住む被災地では、地震後に初めて来てくれた外国人からの支援だったと感激され、その笑顔、涙が心に残っています。

●どうか、お力をお貸しください!
昨年のインドネシア・パダン地震では、48時間以内にインドネシアに入り、1週間にわたって民間での救助活動に参加しました。行方不明の家族が見守る中、生存者の発見は出来ず、変わり果てた9人の遺体を瓦礫の中から運び出し、帰国をしました。

正直、何度か夢の中にその悲惨な光景が浮かんできて、「助けたい!助けられなかった・・」と今も自分の心に小さな傷が残っていますが、動く原動力は地震発生から4日目に到着して「遅かった!」と後悔した阪神淡路大震災。
●一人の笑顔の為に・・・
自分が一人を支えることが出来たら幸いだろう・・・と思う。

そして、再び2年前に降り立った四川省成都へ向かう21日のフライトを予約した。
現地でともに、汗と涙を流した仲間とできることをやりたいと思う。
一人の力は小さくても顔と顔が見えることで出来る事はあると信じて・・・

【緊急募金へご協力お願いします】
4月20日15時までに入金くださると、第1次隊に間に合います!

●三菱東京UFJ銀行 明石支店
普通 4576874
「ヒューマンシールドコウベ」

●郵便振替 
00980−7−264796
「ヒューマンシールド神戸」
通信欄に「中国地震救援活動へ」など明記ください。

(振込み手数料の負担をお願いします。税控除はありません)
by stern888 | 2010-04-20 13:30 | 緊急支援