人気ブログランキング |
ブログトップ

草島進一の「持続可能な鶴岡」日記

kusajima.exblog.jp

2008年 09月 23日 ( 1 )

汚染米ー

事故米のニュース。まさかと思ったら県内にも、、、。
ーーーーーーーーーーーーーーーー以下、転載。

事故米食用転売:島田化学工業・三笠フーズ、県内9業者が仕入れ /山形

9月21日12時1分配信 毎日新聞

 ◇県、汚染米使用確認急ぐ
 県食品安全対策課は19日、汚染米を不正転売していた島田化学工業(新潟県長岡市)と三笠フーズ(大阪市)から、県内の9業者が米でんぷん、米粉を仕入れていたと発表した。原料に汚染米が使われていたかは不明で、確認を急いでいる。20日現在、健康被害の報告はない。
 同課などによると、03年5月〜08年8月にかけ、県内の菓子製造業4社▽食品製造業2社▽卸売業2社——の計8社が、島田化学工業から、米でんぷん計676トンを仕入れていた。せんべいなど食料品の材料として使われ、676トンの大半が何らかの食料品に含まれる形で、市販に流通したとみられる。
 ただ、この米でんぷんの原料が、汚染米だったかは明らかになっていない。県は仕入れ伝票などを基に、確認を急いでいる。
 また、県内の別の食品製造業1社が、三笠フーズから米粉を仕入れていた。仕入れ量や用途は分かっていない。県は、汚染米が原料だったか調べている。【細田元彰】

9月21日朝刊

最終更新:9月21日12時1分

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
うわ。と思った方も多いと思う。でも山形県のホームページには、こうした記載は一切掲載されていなかった。とりあえずマスコミにだけは伝えたということか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
9月23日 毎日新聞より。

汚染米:原料使用の切り餅8百トン販売 山形の食品会社

 山形県は22日、餅製造会社「あづさ食品工房」(同県米沢市)が三笠フーズ(大阪市北区)から仕入れた汚染米が混入した米粉(もちこ)を使用して製造した切り餅約800トンを販売していたと発表した。切り餅は「あづさ生切り餅」の商品名で、ほぼ完売している。健康被害の報告はないという。

 山形県食品安全対策課などによると、関西・関東地方を中心に全国の小売り店約300店舗で売られていた。あづさ食品工房は昨年8月から今年7月にかけ、三笠フーズから米粉約230トンを仕入れ、切り餅を製造した。

 あづさ食品工房の佐藤健次専務は「汚染米混入は全く知らなかった。三笠フーズにだまされた」と話している。【林奈緒美】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
どこまで広がるのか。

そもそもこの問題は、ミニマムアクセス米の問題から来る。
コメどころの山形でも、輸入米由来の食材が流通しているなんて、、、なんたる矛盾。
 
 
 
by stern888 | 2008-09-23 18:39