人気ブログランキング |
ブログトップ

草島進一の「持続可能な鶴岡」日記

kusajima.exblog.jp

2007年 11月 26日 ( 2 )

玄米菜食でガンを治すー川竹文夫さん講演会。

お知らせいたします。

玄米菜食でガンを治すー川竹文夫さん講演会。
12月2日(日)午後2時から4時 出羽庄内国際村 大ホールにて
参加費3000円。
主催 つるおかユースホステル 0235−73−3205
担当 菊池。tyh@tmailplala.or.jp

●川竹文夫さん 元NHKディレクター NHKスペシャル「人間はなぜ治るのか」制作。
現在、「ガンの患者学研究所」代表 著書「ガン、治る法則12か条」
自らも、玄米菜食を実践し、ガンを治してからは、同じように末期ガンなどでも治った方々100人とガンを抱えて悩んでいる方々1000人との、1100人集会を開催し、笑顔と希望を分かち合っている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先生は、毎日新聞社、財団法人北海道食品化学技術振興財団主催の「第11回食と文化フォーラム」で基調講演されています。その内容は、毎日新聞紙上でも掲載されましたので、ご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

このフォーラム。主催者はずいぶん前に市に後援を申し込んだ。しかし、断られたと聞いた。はあ?と思って、今日、健康課課長に行き、断った理由を尋ねた。戻ってきた答えは「玄米食を食べるとガンが治ると受け取られては困る。」
「それだけしか方法がないと判断されると困る」

といった事でした。色々疑問に想いながら聞いていたが、拉致があかなそうだったので、「この講演は聴きにいくつもりはありますか」と尋ねた。「わからない」と答えたので、「んじゃ、僕から聴きにいくようにせめて、提案します。多様な治し方があるということをわかっていただきたいですからね」といってその場を後にしました。

ふう。鶴岡市の後援は受けれませんでしたが、主催者は、一人でも多くの希望を手渡すためにもいらしていただきたいと奮闘しています。

どうか、ガンと闘っているご家族の方をはじめ、多くの方々にお集まりいただきたいと思います。
by stern888 | 2007-11-26 19:27

米沢。そして12月議会・議案説明。

市長選、市民派の勝利に拍手を送りたい。
素晴らしい!

●本日12月議会議案説明。
内容は、
●職員の育児休業に関する条例
●鶴岡二中の解体、グランド整備工事請負契約の締結
●鼠ケ関小学校改築工事請負契約締結
●高度情報通信基盤施設整備事業 伝送路工事請負契約の一部変更。
●鶴岡市後期高齢者医療に関する条例の制定
●郷土資料館設置および管理条例の一部改正。
→郷土資料館 解体することに伴うもの。
●下水道条例の一部改正について
◇補正予算
●税制改正に伴う住民税システム改修
●固定資産税システム改修
●医療制度改正に伴う国民健康保険特別会計への繰り出し金の追加
●後期高齢者医療制度に係る保険証郵送料などの準備経費
●高額医療費支出見込み額の増加に伴う老人保健医療特別会計への繰り出し金の追加。●AEDの集落への設置費
●スペシャルオリンピック素日本の運営事業に対する補助金
●温海・8月豪雨災害による農業用施設の復旧費
●流域下水道事業費の変更に伴う繰り出し金の減額
●黒川能フランス公演に対する補助金。

以上、。

僕の一般質問は10日、午後3時半ぐらいからです。乞うご期待。
by stern888 | 2007-11-26 18:59