人気ブログランキング |
ブログトップ

草島進一の「持続可能な鶴岡」日記

kusajima.exblog.jp

2006年 05月 14日 ( 1 )

水道ー酒田市松山町区が最高値

今朝の毎日新聞トップ記事は、水道料金7倍の差という記事だった。

以下、クリップします。

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060514k0000m040104000c.html
水道料金:7倍以上の地域格差 8割以上の市が民間委託
 全国779市と東京23区の水道料金に7倍以上もの地域格差があること
が、毎日新聞の調査で明らかになった。水道事業は原則として自治体が独立採
算制で運営しているが、規模や水源の得やすさに違いがある。過剰なダム開発や
節水技術の向上による水需要の減少で財政難に悩む自治体も多く、8割以上の
市は浄水場管理や料金徴収を民間委託し、経営効率の改善を図っていた。一方
で、「職員の技術力の低下」など、民間への依存を危惧(きぐ)する回答も目
立った。
 調査は4月下旬から5月上旬にかけ、毎日新聞の支局などを通じて実施し
た。4月1日現在の水道料金や水道事業の民間委託状況を全市(複数の自治体
が作る水道企業団を含む)と東京都、千葉県、神奈川県に聞いた。
 合併などの影響を考慮し、水道料金(簡易水道を除く)は1123地区
(東京23区は全体で1地区)に分けて分析した。一般家庭(水道口径13ミ
リ)が月に20トン使用した場合の料金(メーター代込み)は、最高が山形県酒田
市松山地区の6132円、最低が兵庫県赤穂市の829円、単純平均は2992円だった。
 5000円以上は34地区で、27地区は北海道、東北、九州が占めた。
料金が安価な地区は富士山周辺など地下水が豊富な所が多かった。4000円
台は139地区、2000〜3000円台は825地区、2000円未満は125地区だった。
 人口100万人以上の市は格差が小さく、最高が札幌市3486円、最低
は大阪市2016円。他に横浜市2578円、東京23区2309円だ。
 一方、浄水場の管理や水質検査、水道メーターの検針、料金徴収など何ら
かの業務を一部でも民間に委託しているのは644市(企業団含む)と3都県
に上った。02年4月の改正水道法施行で、浄水場の運転や水質管理など技術
力を要する業務も民間企業に一括委託できるようになったことが委託を促進し
た。
 委託業務がある市の9割以上は「経費節減」や「人員削減」につながった
と回答したが、一方で「専門技術が継承できない」「危機管理の対応が不十分
にな
る」など、自前の技術力の低下に懸念を示す市も48あった。
 総務省によると、04年度は地方公営企業法が適用される1752水道事
業の20%は収支が赤字だった。日本水道協会によると、05年4月までの1
年間に93事業が料金を改定、平均値上げ率は5・9%だった。【まとめ・山本
建】
 ------------------------------------------------

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/

20060514k0000m040116000c.html
水道料金:使用量減少で値上げに 曲がり角の公共水道
 水道は私たちの暮らしになくてはならないものだ。だから、水道事業は原
則公営で、住民から給水の申し込みを受けた事業者は「これを拒んではならな
い」(水道法)とされる。政府や自治体は水源確保のためとしてダム開発を
進めたが、ここにきて過剰な予測が水余りを招き、財政が悪化した事業体が料
金を値上げする事態が生じている。業務の民間委託で、経費削減を目指す自治体
も相次ぐが、「開発行政の見直しが先決だ」などの声も上がっている。【あな
たの暮らし取材班】
 ■稼働ダム重荷
 神奈川県民の約3割となる270万人に給水する県営水道は今年4月、一
般家庭の水道料金を月に20トン使用で2017円から2395円に値上げし
た。01年度に宮ケ瀬ダム(相模原市)が本格稼働し、ダムから水を購入する代
金(受水費)が約60億円も増えたからだ。
 水需要が増えれば、収入増で負担を補えるが、94年度に月平均23.4
トンだった県内の一般家庭の水使用量が04年度は同19.3トンに減少し
た。県営水道は01年度に赤字に転落し、05年度末では30億円の累積赤字を見
込む。
 今回の調査で料金が最も高かった山形県酒田市松山地区も、ダムからの受
水開始で03年に値上げした。日本水道協会の調査では、03〜05年までに
協会加盟事業体の2割近い約300事業体が料金を改定、「受水費の増加が影響
していることが多い」(同協会)という。
 全国の上水道の使用量は156億トン(04年度)だが、全水源の供給能
力は249億トンある。貯水ダムの供給能力がそのうち45%を占める。
 ところが、飲み水としての水道はミネラルウオーターにシェアを奪われて
きた。全国清涼飲料工業会によると、05年の水ペットボトル生産量は131
万9000キロリットルで96年の約3倍になった。
 家電やトイレの節水技術も向上した。
 TOTOは93年、出荷するトイレのタンク水量を大8リットル小6リッ
トルにした。以前は12〜15リットルタイプも多かった。手をかざすと水が出る
自動水栓は、同社比68%の節水になる。
 食器洗い乾燥機は、手洗いの約10分の1の水量しか使わない機器が多
い。東芝は「少ない水を効率的に使う製品開発に力を入れている」という。
 神奈川県企業庁は「将来的に水使用量の増加は見込めない」と語る。
 ■なぜ地域格差
 独立採算制が原則の水道事業は、地域の事情が料金を大きく左右する。
 熊本県天草地方の玄関口に位置する上天草市。水道料金が全国で2番目に
高かった同市大矢野地区の上水道用水の大半は、離島のため不知火海を12キ
ロも横断する海底パイプで送られてくる。同地区に住んで約30年の西本弘さん
(78)は「昔は水運びが大変だった。それに比べればまし」と、高料金を受け入れる。
 それでも同市の水道事業は赤字で、年約2億3000万円を一般会計から
繰り入れている。
 3番目に高かった北海道夕張市は、炭鉱最盛期の60年に11万7000
人いた人口が、相次ぐ閉山で約1万4000人に激減し、設備の維持管理費用
が重くのしかかる。
 一方、最も安い兵庫県赤穂市は、市内を流れる千種川と地下水を水源とす
る。水質が良く、浄化コストがかからない。また、セメント工場や発電所など
大口需要者の支払いが料金収入を支えてくれるため、家庭向け料金を抑えられる
という。
 ■変化する現場
 改正水道法は、水道事業の本格的な民間委託を認めた。その第1号が広島
県三次市だ。02年11月、三菱商事などが出資する「ジャパンウォーター」
(東京都新宿区)に水道施設の運転管理業務を全面委託した。料金徴収なども別
に委託し、年間約6000万円かかっていた経費を半減させた。
 松山市も、04年度から浄水場の運転管理や料金徴収の委託を始め、昨年
4月時点で45人の職員を削減した。年に2億円以上の経費削減ができ、03
年度に年間約3億8000万円あった赤字を大幅圧縮する。市公営企業局は
「サービスを維持しながら赤字構造を変えられた」と胸を張る。

 国内の水道料金は総額3兆円にも達する。住友重工系の「スーパーウォー
ター」(東京都千代田区)の稲見忠行社長は「合併も一段落し、多くの自治体
は財政的な問題から合理化を検討している。民間委託は普及するだろう」と期待
を寄せる。
 日本水道協会は04年、水道の運営技術を認定する水道施設管理技士制度
を始めた。業務経験などに応じて1〜3級を認定する。取得者は延べ1万25
00人余りに上る。「自治体が民間業者を選ぶ際の基準として作った」(同協
会)というが、民間委託は自治体職員の技術力の低下も招く。三次市水道局の
森本純・営業グループマネジャーは「(緊急時の対応などのため)職員のレベル
アップが課題」と話した。海外では水道事業の民営化で、料金が大幅値上げさ
れたケースもある。
 水道職員の雇用問題を抱える自治労は「すべてを民間に委ねると、不採算
地域からの急な撤退やモラルハザードによる混乱を招く恐れがある」と批判す
る。
 ▽水道料金に詳しいジャーナリストの保屋野初子さんの話 誤った需要予
測に基づくダム開発のつけが、水道料金の値上げとなって表れている。国は補
助金を出すことによって自治体のダム計画を誘導し、料金を支払う側の住民に決
定権がなかった。自分が住む自治体の水道料金から行政の無駄をチェックして
ほしい


ーーーーーー→ダムと広域水道の再考といった記事。
酒田市区域の松山市が高料金トップとは。以前は村山市だった。
いずれにしても山形県の水道料金はトップクラス。
再三にわたって指摘しているけれど、水道料金が7年間で約1.85倍。そして、地下水のおいしい水を求めて飲料水をペットボトルや浄水器の水に頼らざるをえなくなった鶴岡市の水道もこうした広域水道の悪例の一つだ。

今後、いかに対処していくか。ダム開発と広域水道事業。重要な課題だ。
by stern888 | 2006-05-14 22:46 |