人気ブログランキング |
ブログトップ

草島進一の「持続可能な鶴岡」日記

kusajima.exblog.jp

2005年 05月 09日 ( 2 )

もったいないータスマニアの原生林 ボブブラウン

GWの中越から戻ってポストを見るとソトコト6月号が届いていた。付箋のところを開くとボブブラウンの4ページ特集。うれしい。この2月に京都で、アジア太平洋緑の党京都会議があり、僕は今回初来日したボブブラウンに密着、広報の一部を担当した結果できた産物だからです。今回は京都の会議の後、東京外国人記者クラブでの記者会見、ワンガリマータイさんのパーティ、再び京都にいって京都議定書の発効記念行事、などをボブブラウンに密着しながら過ごした。京都では市で取り組むバイオディーゼルの取材もおこなった。ボブは語る。昔の政治というのは「次の選挙のための政治」のこと。緑の政治は次の世代のための政治なのだ。と。タスマニアの原生林伐採は、まさに日本のライフスタイルと直結した問題だ。あなたの使っている紙が原生林のチップでつくられたものでないかどうか。確認してみたらどうだろう。
 今回のソトコトは「ルイヴィトンの環境宣言」という女性の方にも興味深い話題。
「中田英寿の環境宣言」なんていうのもおもしろいし、辻さんの対談は心ある政治学舎ダグラスラミス。この対談もなかなかおもしろい。ぜひ、ソトコト6月号。手に取ってみてはいかが。ぜひ我が恩師、ボブブラウンの事も、タスマニアの原生林の事もおわすれなく。
a0036384_1255531.jpg

by stern888 | 2005-05-09 11:54 | もったいない

塩谷地区のお墓

今日の午前中は塩谷地区の住民から「墓をなんとか修復できないか」との依頼をうけて視察。14,15日に、日本財団のコーディネートでボランティアを100名近く投入して家の解体作業のお手伝いや片づけ作業をおこなう。それの下準備としての作業内容を確認するワンステップだ。
by stern888 | 2005-05-09 11:02 | 日記