人気ブログランキング |
ブログトップ

草島進一の「持続可能な鶴岡」日記

kusajima.exblog.jp

3万2753人 昨年の自殺者数。

昨年の自殺者、5番目の多さ=504人増の3万2753人−9月以降は4カ月連続減

 2009年の自殺者数は前年比504人(1.6%)増の3万2753人で、過去5番目に多かったことが26日、警察庁のまとめ(暫定値)で分かった。自殺者数が3万人を超えるのは12年連続。
 男性が2万3406人(71.5%)、女性は9347人だった。
 自殺者数は、月ごとに前年との増減が比較できるようになった09年1月以降、8カ月連続で前年を上回った。完全失業率(季節調整値)が5年5カ月ぶりに5%台に乗った4月と5月は前年より200人以上増えたが、9月以降は、景気が急速に悪化していた前年を4カ月連続で下回った。
 都道府県別では、東京が2989人で最も多く、大阪1982人、神奈川1798人、埼玉1796人、愛知1623人と続いた。28都府県で増加した。(2010/01 /26-11:31)時事通信HPより
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
12年連続で自殺者数3万人を超えている。
社会のしくみが失望をつくり、絶望に陥らせてきた結果だ。まさにこれはこれまでの自民党政権でおこなわれてきた「新自由主義」思考で、「悪夢のサイクル」を続けてきた結果だとずっと感じ、訴え続けてきた。これまでは「自殺対策」を表立って示すことすらない社会で、この肝心要なことをごまかし続けてきた政治、社会だったと思う。これを「ライフリンク」をはじめとする NPOの活動。そして政権交代後、内閣をあげての自殺対策への取り組みなど。大きく社会の体制としてこれをとらえ直してきた。
9月以降、4ヶ月連続で下回っていることは、この一つの成果ではないかと感じている。

でも、3万人を超え続けている現状。これは市、県もしっかと取り組むべき課題だ。
by stern888 | 2010-01-26 11:48 | 自殺予防対策
<< また1000人減 吉野川の123から10年 >>