人気ブログランキング |
ブログトップ

草島進一の「持続可能な鶴岡」日記

kusajima.exblog.jp

9.26国会議員への小国川漁協、真の治水の会 請願文

9月26日に、おこなった請願活動について。当日請願した内容。また、同行者などをお知らせします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最上小国川ダム 反対要請行動同行者
  
  沼沢勝善  最上小国川漁協組合長
  斉藤富士巳 副組合長
  大場益一  理事
  小野孟伸  理事
  稲垣智   監事
  中村義雄  監事
  青木公   ダム建設反対対策幹事長
  二戸建夫  ダム建設反対対策常任委員
  八鍬啓一  ダム建設反対対策常任委員
 
  押切喜作  最上・小国川の“真の治水”を考える会」会長
  草島進一  最上・小国川の“真の治水”を考える会」事務局長

  天野礼子  アウトドアライター 
      「公共事業チェックを求めるNGOの会」 代表
  水口憲也  東京海洋大学 名誉教授   
 


同行 

午後2時     民主党 代表代行      菅 直人    衆議院第1議員会館        民主党NC国土交通大臣    長浜博行    
         民主党参議院議員      舟山やすえ  

午後2時45分  新党日本 代表       田中康夫    参議院議員会館
午後4時     社民党           辻元清美    衆議院第2議員会館
         無所属           川田龍平 



2007年 9月 26日
       
  
「最上小国川に、ダムに拠らない“真の治水対策”を求める」請願


民主党 代表代行 菅 直人 様
                      小国川漁業協同組合
                      代表理事組合長 沼沢勝善


最上小国川は、山形県の母なる川、最上川(流路延長229km、流域面積7,040km)の支流。流路延長39Kmの河川であり、山形県内で唯一ダムをもたない天然河川です。
ここで採れるアユは、古くから「松原鮎」と呼ばれる天皇献上品として知られ、今も日本有数の釣りメーカーであるシマノ、ダイワ、がまかつ など、友鮎釣りのトーナメントが年間8回も開催されています。

 私ども、小国川漁業組合は、昭和24年創業をし、現在組合員約1280名、年間収入5576万円(18年度実績)であります。

最上小国川ダムは、上流部に位置する赤倉温泉の、特に10軒ほどの旅館街が、流域にせりだして立地していることから、洪水被害が若干あったことをきっかけに構想され、県は当初は、利水も含めた多目的ダムを計画。そして、利水の需要がなくなった後、治水専用の「穴あきダム」に変更。昨年末の12月に県知事が穴あきダム建設の方向を決定しました。

 私たち小国川漁協は、ただ単に、漁をし、釣りを楽しむだけでなく、自然を愛し、生態系を守り、魚族保護増殖を図り、清流最上小国川を保全するための諸活動を、長年にわたり、おこなってきているのであります。また、それが使命だと思っております。この信念により、ダム建設構想が発表された当初から現在に至るまで、ダム建設には、反対の表明を続けております。

 最上小国川は、天然鮎が百万匹以上溯上する、山形県内唯一の天然の清流環境を維持した河川であります。瀬見、赤倉温泉など流域の旅館には、一シーズン中、年間2万人もの全国から鮎釣り客でにぎわいます。
 ダムがない清流だからこそ、この地域にいらっしゃる釣り人が、この地域の交流人口や地域経済を支えてきたのです。
 
 漁協組合員の中にはこの清流と鮎に魅せられ、移住し、ほぼ鮎だけで生計を営んでいる者もおります。この清流環境は、大変な地域への経済効果をもたらしてくれていると考えます。

 巨大な河川構造物は、精緻なバランスの上でなりたつ河川の生態環境に対して、甚大な影響を与えることは容易に想像できます。
 川が死んでは、赤倉温泉地域を含め、この最上、舟形地域の持続可能な経済は維持することができないと考えます。

 赤倉温泉の治水対策は、河川の拡幅や嵩上げによる治水対策で十分であり、最善の方策であると考えます。治水対策が、ダムに拠らなければならない必然性も、絶対性もないのであります。

 最上川流域委員会 最上地区小委員会は、大多数(小委員会は漁協以外全員)がダム建設推進論者で構成され、正当な議論にならず、ダム建設ありきの委員会論議であり、大変不当な委員会であったと、いわざるをえません。
 この最上川流域委員会については、議事録をご覧いただいた元「淀川流域委員会」委員長 今本博健先生から「明らかに治水方策について議論不足。」と明確に指摘されております。
 
 昨年は、財務省からの建設予算がつかなかったものの、調査費用が予算計上され、県は今年度、我々組合の同意もなく、ダム建設のボーリング調査をおこなっております。我々は、漁業権の侵害にあたる河道内の調査は一切認めておりません。

私たち、小国川漁協は、平成12年の総代会で、満場一致でダム反対の決議をおこない、昨年平成18年11月の総代会で、ダム反対の組織強化をはかりダム反対を推し進めていくことを決議しました。
 私たちは今後も、将来の地域のために、そして次の世代の子供たちのために、最上小国川ダムに対して絶対反対を貫き、この清流を活かします。

 
先生には、自然を破壊し、清流を破壊し、地域を破壊する、ダム建設への反対に、お力をおかし下さいますよう、何とぞよろしくお願い申し上げます。





2007年 9月 26日
     
 「最上小国川の“真の治水”の検討を求める請願」


民主党 代表代行 菅 直人   様
                    最上小国川の真の治水を考える会
                         会長 押切喜作
                          事務局長 草島進一

 私たちは、昨年、元京都大学防災研究所、元淀川水系流域委員会の会長であられた 今本博健先生を現地に3度招きました。先生は、流域委員会の恣意的な進め方や、流域の治水対策の問題点などを指摘されました。また新潟大学 大熊孝 先生には、2004年より3度現地視察と考察をいただいております。昨年、先生方には、以下のような代替案を作成していただき、県に提出しました。

          最上小国川“真の治水”案 06.10.28

京都大学名誉教授  今本博健
新潟大学教授    大熊 孝
法政大学教授    五十嵐敬喜
アウトドアライター 天野礼子

 これまでの「旧来型の治水」は、一定規模以下の洪水を対象とし、河道改修やダムによって洪水を河道に封じ込め、水害を発生させないことを目標にしてきた。
 私たちが21世紀にかなえたい“真の治水”は、「いかなる大洪水があろうと
少なくとも人命に及ぶような壊滅的な被害だけは避けるようにする」もので、しかも、河川環境に重大な影響を生じさせず、数十年に1度の洪水のときばかりでなく日常の生活にも役立つ治水方式である。

具体的には、河川対応と、流域対応による治水法を併用することとする。

1) 本来は河道であるところに建物が建ってしまっている。赤倉温泉地域の一 部を、河川掘削や拡幅、引き堤などで河道の流下能力を拡大させる。
2) 赤倉温泉下流域を「遊水地指定」し、洪水被害が生じたときには、「すべての被害」を補償する。
3) 域上流部の森林の、手入れがなされていない放置人工林等を間伐するなど、森林での保水能力を高める。
4) 土地利用の規制・建物の耐水化・道路の2線堤化などによって、氾濫した場合の被害を少なくしていくことを考慮する。

 この代替案について、県は全くといっていいほど検討をせず、全く一方的な判断で、昨年12月末の県知事の穴あきダム推進の発表に至っております。

 最上小国川の清流環境は山形県では随一。日本国内でも有数のものであります。
私たちは、公聴会などの席上で、「現在の清流環境を維持している最上小国川は、相当の経済効果をこの地域にもらたしていると考える。県はそれをどのように把握しているか」と尋ねました。
 すると県は「穴あきダムによって、環境に影響はないので、そうした事は調べる価値がない。」と答えました。また、ダム推進派の集会のちらしには“日本一環境にやさしい「穴あきダム」”と書いてありました。

「真の治水を考える会」事務局長の草島は、昨年末に最新の「穴あきダム」益田川ダム(島根県益田市)の現地視察をしましたが、その際、益田川という川自体、工業用水の排水路に活用されている川であり、「穴あきダムが清流環境を維持するもの」と確認する事は不可能であることを確認しました。また、現地の担当者によれば、ダム建設前後の環境モニタリングも実施せず、魚類の定量的、定性的調査も実施しておらず、「環境にやさしい」根拠はどこにもないことが確認できました。


 赤倉温泉街は今、老朽化した旅館が雑然と並ぶ、山形県内で最も入り込み客数が伸び悩んでいる温泉街の一つであります。ダム建設推進を主張する旅館の一部に、それを期待する声があるものの、たとえ15年間、ダム工事の関係者の宿泊客があったとしてもその先の見通しはたちません。
反面、ダム工事により、工事中の濁流で清流環境が失われてしまえば、旅館を潤してきたアユ釣り客は足を完全に運ばなくなるでしょう。
また、ダム工事はゼネコンの仕事であり、ダム工事が着工されても、ほとんど地元の土建業者に仕事はまわってこないのではないかと考えます。

 「持続不能なダム開発」か、「持続可能な、清流を活かし、温泉街を再生させる河川改修」か。長期的な視点をもてば、どちらが地域にとって有益であるかは一目瞭然であります。

 また、最上小国川の本流である最上川は、現在、出羽三山とともに「世界遺産」にすべく山形県では運動を展開していますが、その流域内随一の清流・小国川が失われれば、世界遺産どころの話ではないと考えます。
私たち、“真の治水”を考える会、は、最上小国川漁協と連携をし、清流とともに持続可能な地域再生のための“真の治水”を叶えるために、行動をしてまいります。

先生には、以下の3点をお願いしたく存じます。

▼最上小国川ダム反対にご協力いただき、予算の凍結、廃止へのお力添えをお願いしたく存じます。

▼最上小国川について、この、国内有数の美しい天然河川がもたらす効果を科学的に評価していただき、国内随一といえる清流環境、日本の河川の本当の美しさを保持できる“ダムに依らない治水策”について、徹底的に協議することへのお力添えを頂きたく存じます。

▼世界遺産への登録運動が「出羽三山」とともに進む、「最上川」の支流、最上小国川のダム問題であります。ぜひ現地においでいただき、日本有数の清流環境を維持しつつ、治水を叶える「真の治水」について、共にお考えいただきたく存じます。
by stern888 | 2007-09-27 18:03
<< 9月議会 18年度決算反対討論 小国川漁協の国会請願活動を一 >>