人気ブログランキング |
ブログトップ

草島進一の「持続可能な鶴岡」日記

kusajima.exblog.jp

6月一般質問2)学校への地元材の机、椅子の導入について

●●学校への地元材の机、椅子の導入について


草島
森林面積は、新市全体の73パーセントの鶴岡市で、森林再生の取り組み、地元の杉材を中心とした林業の振興という取り組みとして、市では、「つるおかの森再生構想」を掲げ、努力していることは認識しております。
 特に杉の人工林で間伐が進まず、森が荒れ、保水力を失っている現状であり、そうした森、山を再生する取り組みは、今、急務であると考えます。、その解決策として、今年から県が導入したやまがた緑環境税によって間伐が促進されることになります。こうした間伐により、多くの間伐材がでてくることが想定されます。

 間伐材の現状はその9割が、切り捨てられたまま山に放置されている。いわば切り捨て間伐になっていると聞きますが、これは若い木の成長に妨げになったり大雨で流れ出る危険もありますから、できるだけ搬出し、できるだけ高価値で切り出した材が循環するしくみを考えることは大事なことであります。
 そのため、地元杉材いわば「鶴岡杉」の活用について、住宅利用はもちろんですが、その角材をとった後の端材を集成材として利活用をすすめるなど、あらゆる可能性を見いだし、地産地消を進めなければならないと考えます。

 学校への地元木材の机、椅子の導入の事業は、このような森林、林業再生と、学校教育環境の改善を目的とした、ウッドワーク協会という全国の市民や木工業者でつくる会により、学校家具のジス規格をパスした統一規格のものをつくり、地域によって檜、杉、唐松など地元の木材を扱う森林組合と各地域の地元の木工業者が、協同の組織などををつくって生産し、小中学校で導入、活用しているというものであります。全国で、15県、特に林業活性化に力をいれている地域でこうした動きがあり、この10年で約4万台ほどの実績があるとの事です。導入時にキットで納入し、親子や子供たち又、地域の方々がボランティアで協力して組み立てを行う。また、調整しながら、小学校6年間を通じて同じ机を使って、モノを大事にするココロを育んだりということを導入された学校ではおこなっているようです。 

 現状、鶴岡市内の小中学校の椅子、机は、そのほとんどが、大手事務機メーカーなどによる南洋材の集積材にパイプのものであります。 今後、市では小中学校2校づつの改築計画を進めるとの事ですが、その際、備品についても入れ替えを考えているものと思います。
 その機会に、これまでの慣例の発想を転換し、地元材の机の導入をされてはいかがでしょうか。

 間伐材の有効活用として、地元の木材の可能性に気づき、職人の業にふれ、そして、木の香りやぬくもりを感じ、加えて、南洋の森林伐採の問題やウッドマイレージ。木材の地産地消を子供達に考えさせる、非常にいい教材だと思います。
 この地域ならではの自然を使った環境教育として、私はとても有効なものと考えますが、 特に、まずは、上流に温海杉の森を抱える鼠ヶ関小学校の改築にあわせて、検討してみていただけないでしょうか。
この方策についての当局の見解を求めます。


●教育次長
地元材を活用した机、椅子の導入について、お応えします。
本市の学校におきます、児童用生徒用、椅子、机の整備につきましては破損や損傷の度合いにより、年次的に入れ替えをおこなうこととしています。また学校改築時には、購入からも相当数年数が経過していることから、損傷度が著しいため、すべて更新をおこなっている状況でございます。
で購入に関しましては、学習活動の多様化への対応や、児童生徒が生き生きと学習や生活ができる環境に配慮し、安全で、かつ耐久性があり、環境にたいし、負荷の少ないグリーン購入法適合製品で、文部科学省で定めているジス規格品に限定するとともに、児童の身長差を補うことも可能となる可変式タイプの仕様で、天板は、ぬくりもり感のある木目調の製品を購入しております。

地元材を活用しての机、椅子の導入についてのご質問でございますが、地元材の杉材を使った完成品が、現在使用しているものと、同程度の安全性、耐久性、使用感、適切な価格を備えれば具体的に検討することは可能かと思われますが、
課題となる点もいくつか挙げられます。
一点目は、地元産、杉材が、強度、耐久性から、机、椅子の素材として最適材でるか。
2点目は、地元で製造ラインが確立され、需要に応じた生産が可能であるか。
3点目は、学校建設時の整備となれば、特に数量も多く、製造に要する期間が必要とされ、希望納期に対応できるか。
4点目は、コスト面で、2,3倍の価格差があり、財政的負担が大きくなること、納入にあたりまして、地元の個人、企業で対応が可能かどうか、実態が把握できていないことなどの課題などから、現実的には大変難しいのではないかと考えられます。
県内外で導入されている先進事例もおありだとうかがいましたので、関係機関等から情報等収集するなど、今後の研究課題にさせていただきたいと思います、。

で、ご提案ありました、鼠ヶ関小学校の件でありますが、旧温海町では、新企画のスクールセットを中学校には校舎建築時の平成12年度に配置いたしました。小学校につきましては、平成15年度、新入生より年次的に配置し、卒業まで自分のものとして使うスクールセットであることを説明し、大事に使わせております。現在、小学校1年生から5年生までに新企画のスクールセットが配置されており、あと1年で、温海地区の全学年に配置されることから、鼠ヶ関小学校につきましては、新たに更新するものではなくて、同等のものを配置したいと考えておるものであります。環境教育との関わりにつきましては、現在、どの学校におきましてもその重要性を認識し、ほとんどの学校で総合学習の時間を使いまして、作物の栽培、水質調査、森林保全に関わる学習、ゴミの分別、クリーン作戦、省エネなど、多様な学習をおこなっております。また、農林水産部と連携して、油戸地区の学びの森や、温海地域のきづなの森で、各校の児童が下刈りや、肥料の散布をおこなったり、湯野浜小学区、西郷小学校では、児童が保護者や地域の方々の協力をえながら、マスの保全活動をおこなうなど、森林や、地域の資源を活かした体験活動も、環境教育の一環としておこなわれております。

このたび、ご指摘いただきました事項につきましては、地元の森林保全について考える動機付けともなり、環境教育に取り組んでいく上での視点となると思います。今後とも、環境学習や、森林保全の重要さについては、学校においても重視して参りたいと思いますので、ご理解をいただきますよう、お願いいたします。


農林水産部長

間伐材の有効活用につきまして、農林水産部の立場からお応えいたします。
森林は、木材を生産する機能の他に、洪水や渇水の緩和、良質な水資源の涵養、
山地災害の防止、二酸化炭素の吸収、貯蔵、騒音の防止など、多面的で公益的な機能を有しております。こうした多面的な機能を持続的にとぎれることなく発揮させるには、下刈りや間伐などの適切な森林保育を継続しておこなうとともに、健全な森林として育成することが必要でございます。

 で、杉などの人工的に植林された森林につきましては、特に間伐が必要不可欠とされております。で、この森林作業は、混み合ってきた林木を抜き切りにすることで、密度調整をおこない、一本一本の木に、十分な光をあてて成長のいい良質な木材を生産するとともに、森林苗に、適度な光を入れ、下草の発生を促すことによって表土の流出を防止するなど、健全で活力のある森林を育成するために欠かせない作業となっております。本市の民有林の面積は、併せて4万5千ヘクタール余りですが、内、45%にあたる、2万4百ヘクタールが、杉などの人工林になっております。

 この内、間伐が必要とされる林齢20年から50年までの比較的若い育成途中の森林は、約1万3千ヘクタールほどで、人工林全体の3分の2にあたる、62%をしめております。しかしながら、大量な外材の輸入にともない、林業の採算性が悪化し、また、山村地域の高齢化が進行してきていることに伴いまして、人口林の保育管理が停滞し、必要な下刈りや、間伐が見送られてきております。その結果、長期間にわたって、放置された荒廃森林が急速に拡大してきました。このため、県では、今年度から、やまがた緑環境税を導入することになっております。これを財源といたしまして、荒廃が進んでいる、全県の民有林の人工林、3万9千ヘクタールの内、保全上、特に重要な森林、7千8百ヘクタール、および、長期間放置されている里山の広葉樹林、九万3千ヘクタールの内、荒廃が特に顕著な3千8百ヘクタールを対象に、今年度から10年間をかけて県営事業で間伐などの整備を行うことになったものでございます。

 本市におきましては、一昨年の10月に内閣総理大臣から任命を受けました、地域再生計画「つるおかの森再生構想」を策定いたしましたが、この計画では、適正な森林保全に向けた、森林資源の循環システムの構築を施策の第一に掲げて、木材の分離発注などの手法をとりいれながら、保育園や小学校、コミュニティ施設などの公共建築物への地域材の利用を積極的に進めることにしております。

 でそこで、本市における杉の間伐の実績について見てみますと、平成17年度は318ヘクタール、平成18年度は、245ヘクタールと、5年ほど前をピークにいたしまして、このところ減少傾向が続いております。間伐が必要な面積が1万3千ヘクタールもある中で、間伐面積が、森林所有者の負担を伴うことから、間伐に取り組む森林所有者が少ないのが実情で、決して多い面積ではないという風に考えております。この内、比較的径級の太い、良質な丸太を林外に搬出いたしまして、間伐、販売に供される利用間伐につきましては、議員ご指摘のとおり、全体の10%足らずで、残りの90%は、保育が主目的で伐採木が放置される、いわゆる切り捨て間伐となっております。
 林外に搬出され、林道ののり面や、産地用に用いられる、土木用資材として活用されております。この他、建築用材や、家具用材にはならないものの、比較的上質なB材といわれるものについては、県森林組合連合会の奨励金を活用して秋田県の合板工場に運搬し、建築、構造用の合板として加工されております。一方、間伐材を林地から搬出するには、集材や粉剤のコストがかかることから、切り捨て間伐のコストを極力抑えて収益を伴う利用間伐に移行するには、林道や作業道等の林内ろんごの整備が不可欠となっております。このため、本市では、19年度から、10カ年計画で、副員3メートル、合計72路線、延長5万4千メートルの作業道を開設することにしており、しゅばつおよび、間伐の作業を機会化して、搬出コストの削減に取り組むことにしております。以上のとおり、間伐の有効活用を推進するための普及活動を近年になって活発に展開するようになりましたが、本市といたしましても、関係機関と団体と連携を進めながら、こうした取り組みに支援を努めて参りたいと思います。以上でございます。

草島
農林水産部長について、若干高価なものになるかと思いますが、緑環境税の緑交付金の活用を考えることはできないでしょうか。、おうかがいします。

タイムアップ。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
解説)
学校への地元材の机、椅子の導入について。農林水産部長のだらだら答弁には、当日、さらに当日のやりとりを書き起こしてみて、あらためてうんざりした。
 間伐材の活用に触れたからといって、枝葉も尾ひれも全部説明されて、なお、「学校机についてどう思うか」について全く答えがない。こんな答弁だったらたまらないではないか。議員発言と当局発言含めて30分しかない時間のやりとりの中で、単なる時間つぶしをしているとしか思えない答弁といわざるをえない。よほど、能力がないのか、故意でやっているのか。
 にょろにょろモニュメントに対しての建設部長発言、先端研に対しての総務部長(現副市長)のように故意で、答弁時間つぶしをしているようにも思え、相当頭にきた。なんというか、卑怯な行為だと思う。税が投入されている議会の時間を無駄にする行為は、納税者に対する犯罪行為ともいえる。
 私は、毎回、この年4回しかない一般質問の時間に、毎回、毎回、その時点でのすべてを懸けてきた。それを、卑怯にも、だらだら答弁でまぎらわす。答えをはぐらかす。そんな答弁が続いている。議会を冒涜し、市民に背任しているとしか思えない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 改めて学校机だが、この間、市内の業者、個人で取り組んでいる方々、金山町、旧、市島町、上越市、郡山市などを訪れ、こうした取り組みを取材した。
 この質問は、要は、新しい経済循環をつくる。という課題をいかに考えるかということである。農林水産部長のだらだら答弁によって、そうしたやりとりが遮られてしまったわけだが、学校の机は、いわば、鉄製のガードレールのように、大手家具メーカーに一極集中していた。しかし、昔は地元の杉やブナなどを使って、地元の業者がつくることが当たり前だったのだと聞く。その循環をとりもどす。という仕組みを学校机を通じてできないかという課題だった。
 「森林文化都市」の構想が進み、73%の森林を抱える鶴岡で、特に子供たちの教育、地域の核となる学校での地域材の活用。そして、もう一つは、杉材の可能性の周知と、地域材を使った産業への貢献ということを考えたら、若干高価ということをクリアすることは可能なのではないか。

上越でこの課題に取り組む業者の方を訪れたが、上越ではこうした学校机のとりくみをきっかけに市内業者で「ウッドワーク」組合を設立。「ウッドワーク協会」でおこなっている全国統一規格の学校机、椅子を地元杉でつくる取り組みをはじめた。新潟県内で導入したのは2校。しかし、その取り組みによって、今まで地元材に見向きもしなかった業者の方々が地元の杉の良さに気づいて、私が訪れた小林さんという業者の方も、「今は学校机だけでなく、杉の間伐の特性を活かした家庭用の家具にとりくんでいます。好評だし、私自身もいろんな可能性が見えて楽しくやってますよ」との事だった。
無垢の杉、集成材を使った素敵な椅子、机、ベビーサークル、カウンター、などいろいろと拝見したが、僕自身も杉でこんなことができるのか。と驚いた。
 鶴岡周辺でも、「つなぎの会」というグループがある。森林組合と、地元の木工業者、デザイナー、県工業試験場などがネットワークをして、いろんな作品を生み出している。スタッキングチェアは、庄内支庁でも使われていた。

実際、静岡市では3万台をすべてこうした地元材の椅子、机に替えている。
郡山市では、ちょっと工夫して天板だけは地元杉修正材に替えた机、椅子に、4年間をかけて全小学校中学校で替えている。市単独で年間1億円をかけた事業だったと聞く。

要は「やる気」の問題だと思う。教育サイドでは研究するとのことだし、農政サイドも間伐材の利活用には賛同の意向と思う。「鶴岡杉」をいかに地域で使うか!

 「調査、研究」では何の希望も作り出せない。要はディテールでの行動だ!

ーーーーーーーー
なお、「つなぎの会」の地元杉のスタッキングチェアなどを「致道大学」で森の学習をしているのだから、その講演会などに使ってみてはどうかという事を19日、企画部に提案した。さて、どうなるか。
by stern888 | 2007-06-20 03:49
<< 6月一般質問1)災害支援者マッ... 訓練された無能力。 >>