人気ブログランキング |
ブログトップ

草島進一の「持続可能な鶴岡」日記

kusajima.exblog.jp

山大の在来作物研究に170万円。慶応には3億円。

18年度予算。委員会審議。

予算書に山大の在来作物研の見出しがなかったため、尋ねると作物、技術導入研究事業170万円ということだった。在来作物研 http://lavo.jp/zaisakuken/ は、だだちゃ豆をはじめ、庄内、鶴岡特有の野菜の調査、保存、活用方法などを研究している。

「食の都構想」「地産池消」運動にとってとても貴重な資源を提供していただいていると思う。在来作物の研究は、新たなる「ありモノ探し」である。この研究は地域に即還元される研究だ。そして地域に食のネットワークというべきこの動きに注目している人たちがたくさんいる。
 
 この研究に170万円。慶応の研究所には3億円、、、、、。


委員会5時半終了。午後7時からミーティング。
by stern888 | 2006-03-14 23:19 | 日記
<< 産業建設委員会 指定管理者制度 続・県庁の星 明日は委員会 >>