人気ブログランキング |
ブログトップ

草島進一の「持続可能な鶴岡」日記

kusajima.exblog.jp

一般質問要旨 「批判の声は一人もはいっておりません」?

ちょっと遅くなりましたが、一般質問の内容のメモを記します。



1)モニュメントや橋のデザインについて
草島

市内のいたるところに、不可思議なかたちの記念碑がいつの間にか建っている。これは何を意味しているのか。という市民の方の声を受けまして、調べてみました。
高速の鶴岡ICの入り口の付近のシンボルモニュメント。2500万円。これを含む西部土地区画整理事業周辺に、ベンチ、モニュメント。市と管理組合との契約によるもの約6600万円。南部土地区画整理事業の橋爪広場に約900万円。また、内川にデザインを施した橋が、開運橋と千歳橋の2本。デザイン依頼の契約のみでも456万7千円。
また、鶴岡公園南部地区、市民プール屋外プールに一点630万円のモニュメント。直接契約しているもので合算しますと、16件。1億1千3百47万円ほどとなります。

これらは同一の彫刻家、櫛引町出身の富樫実さんに随意契約で発注されております。旧櫛引町では、ユータウンにあるモニュメントをはじめ、3体の大型のモニュメントがあります。また、最近開通した、これは県事業でありますが、鶴羽橋の親柱にも同デザインが施されています。

これらのモニュメントなどについては、わからない。城下町鶴岡の景観に会うのだろうか、なんでこうしたものをつくるのか。と多くの市民から、疑問の声があがっております。

この一連の事業について質問いたします。
結果的に16点、一億一千万円相当の契約が、随意契約で連続しておこなわれていることについて、当局の見解を求めます。

また、実際制作して、一体どのような評価をされているか、おうかがいします。

また、特に、つい最近建設された鶴岡公園南部地区の630万円のモニュメントは、議会の予算審議の際には明示されず、実施計画において急遽つくられたものであります。当局は、外構の実施設計を組む際に最適なものとして、検討の上、やったと、9月の総務常任委員会で言及されているわけでありますが、
特にこの際の政策について、まず、このモニュメントが必要かどうか、の決定。
またデザインの発注の決定について、その決定にいたる判断はどのようにおこなわれたのか、おうかがいをします。

建設部長。
富樫実先生は、旧櫛引町の名誉町民でございまして、このたび鶴岡市の名誉市民としておむかえをした方でございます。富樫先生は京都で活躍されておりまして、昭和20年に設立されておりました60年の歴史ある、行動美術協会や、京都府、京都市のみならず、民展および市の美術展の審査員とか、アマチュア画家にとって、最大の公募展とされる、サロンでボザール展では日展会長や、二科会常務理事とともに審査委員を歴任されるなどで活躍されております。でまた、京都美術文化賞、京都市文化功労者表彰など、数多くの表彰をはじめ、平成11年には、ほうじゅほうしょうを受賞されている彫刻家でございます。
鶴岡市内では、大きな貢献をして、いただいておりますが、発注致しました市としては、事務的にベンチや水のみ、あるいはそれに類したものはありますが、汎用品。カタログ価格でなんとかならないかという話しで発注をいたしておりますけれども、これだけの実績があって、世界的に評価していただいている先生が、そういった、汎用品と同じ値段で納入をいただいております。今、ご紹介したとおり、これだけの実績をもつ、評価を一般に認められた先生の、そして、鶴岡、庄内出身の先生の作品というのは、一定の存在があっていいのではないか、そしてそれは、精神的に鶴岡にそぐわないと評価をいたしまして、設置をいたしているものでございます。

それから、公園の南部のゾーンにモニュメントを設置したその経過のことが、質問にありましたけれども、平成11年、3月に、山形県と庄内14市町村が負担なども含め、協力して進める、庄内地域大学関連プロジェクトとして、庄内地域大学キャンパス基本構想が策定されております。平成11年、4月には、施設基本設計、基本的な配置のことがありまして、 基本計画を実施計画に反映させながら、公園の外構工事整備を進めてきたのであります。
最終年度となる平成16年度の外構工事では、歴史的文化学術、芸術文化の南部地域のグレードの高い公園整備をめざすため、、山形県、公益文科大学、慶応義塾大学、の関係機関の協議と、基本設計をたのんでおりました、設計家の方のご意見を踏まえ、モニュメントは、全体の外構工事の一環として南部地区の歴史に精通し、数多く、作品を設置いただいており、富樫実氏のモニュメントをアプローチプロムナードに設置することを決定したものであります。

これまで、大学設置に責任をもってとりくんできていただいた方々の合意、総意で決定したものでありますので、この点につきましては、市では何も問題はないと考えております。
 それから、城下町鶴岡との景観との整合制ということでありますが、
たとえば、富樫実氏が創作活動をされております、古都、京都の中には、数多くの作品が設置をされております。が、このことは、歴史ある京都の中に、先生の作品が、違和感なくとけ込んで市民にも、受け入れられていると考えております。で、事例としては、異なるかもしれませんが、城址の中には大奉還がありますし、中心には鶴岡カトリック教会、天主堂があります。
現在では城下町鶴岡を形成する建築物として、市の内外に認識をされております。この建物がたてられたときのこの建物の違和感というものを考えますと、こういった、事例から考えますと、景観という考え方として、現時点でどうのこうのということは、いかがなものか、と考えております。もう少し、長いスパンで評価されるべきものと考えます。再度申しあげますが、適切な方々のコンセプトや景観を踏まえながら、これからもこういったものについて考えて参ります。

草島
この鶴岡公園南部にたてられたモニュメントですけれども、住民は参加したのでしょうか。

建設部長 

住民というかたちで、誰かわたくしどもで公募して、審査のためにあたるということはいたしませんでした。
あの建物からプロムナードに接したところまで、設計をすべて担当した
方を含めて、その設計思想というものをこわさないで設計をしております。

草島 

これ、全体でこれだけの数あるわけですけれども、このモニュメントや橋のデザインは、必ず富樫さんでならないと、おきめになってるんですか。市民の方には、トップの意向でこういうことがおこなわれているのではないかといわれる方がいらっしゃいます。市長のご判断で、鶴岡全体で、この彫刻家、富樫さんの作品で埋め尽くそうという、あったのか、またあるのか、おうかがいします。

● 建設部長 特別、それで埋め尽くそうと、決めたわけではありません。大変多くあるということは認識しております。その事については、ひとつのテーゼとして受け止めて頂きたいと思います。一つのテーゼというのは、一つの前提がありますと、必ず、アンチテーゼがでてくると私どももとらえております。議員がいわれておることも ひとつのアンチテーゼなのかもしれない。という風に受け止めております。実際には、テーゼとアンチテーゼとの間の対立によって、また、昇華したものができあがっていくと、でこの作品についてもそういった、しっかりとした、本物の、きちんと評価をされたテーゼとして、私どもが設置したものだと考えてほしいと思います。

で、こういったものについては、いままで顕彰碑とか、銅像とか、お地蔵さん程度、また行進塚程度しかなかったわけでありまして、その歴史は非常に浅いものであると思います。これまでも、駅前のモニュメントや安らぎ広場など、ごく限られたところに若干の数がありました。これから、こういったものに、刺激をうけ、アンチテーゼが さらに確かなものができると考えております。それについてはぜひ長いスパンでのご判断をお願いしたいと思います。


草島 モニュメントというのは、地域の象徴であります。これが住民の参加もなく、十分な議論もなく、そのつくるかどうかのプロセスも開かれず、役所の中で決められている状況というのは、私は理解できません。
今、このモニュメントや橋のデザインをめぐっては、よかれと思ってつくる行政の意識と、住民の意識は、相当ずれを生じていると思う。
市長は、今回の行政改革の方向性を述べる中で、サイレンとマジョリティをおしはかって慎重に判断するなどといっているが、私は今の鶴岡市政にはそんな慣性は、持ち合わせていないと考えます。

今、住民の率直な声をふまえる必要を強く感じます。特に、こうした、パブリックアートというものは、生み出されるときの、住民とのコラボレーションや、住民参加のプロセスに真の付加価値があるといわれている先生方がいらっしゃいます。これは、行政だけが決めている鶴岡のモニュメントとは、全く違った方向性じゃないですか、私はまず鶴岡市の象徴ともとらえられるモニュメントやパブリックアートに、満足度についてのアンケートを行うなど、市民の評価をきちんとおこなって次に反映すべきと考えるがいかがでしょうか。

建設部長

今、決定において、なにも私どもが、勝手にきめたというものではございません。たとえば、西部の地域のモニュメント作成については、土地区画整理組合の組合、専門家が参加する景観形成委員会の審議をへて、公平におこなわれたものでありまして、多種、多様な作品が混在するよりは、まちの統一イメージをはかるということを目的としまして、富樫先生にお願いをしたものでございます。
西部の区画整理については、その後、町のイメージということで、民間不動産会社の聞き取りによれば、平成15年度の山形大学生の一番住んでみたい場所であったということであるとか、今、現在でも三崎町のアパートの入居率は100%ということで、人気があるまちと聞いております。でこのインターチェンジの開発につきましては、物流基地とか、倉庫群でありまして、全く無味無臭、人のあたたかさ、の感じられないそういった開発が、多くあります。本市としては、市の玄関であるところに、市民のあたたかさや、生活が感じられない、そういったまちをつくりたくない。ということで、どういったまちをつくったらいいか、真剣に検討をし、こういった組合の方々と協議をしながら、まちをつくってきたものでありまして、このまちの評価につきましては、数多くの方が視察に見えておりますし、高速道路の関連の方々にも我々も、こういったグレードの高さが、成功の秘訣だなというような感想をいただいております。


草島
答えていることにちゃんと応えてください。
市民の評価をきちんとおこなう、そうした意向はありませんか。うかがいます。

部長 今のところ、考えてございません。

草島 このモニュメントは、今の市政の方向性をまさに象徴していると思います。住民の声をおしはかれると思ったら、今の多様な時代、おおまちがいだと思います。こうしたモニュメントについては、どんな声があるのか、そして、大多数の市民の参加があって、つくられるべきだと思いますが、いかがでしょうか。この私いいました、コラボレーション、つくられるときの住民参加のプロセスのところに真の付加価値がある。こういった意向についてはどのような見解をお持ちになりますか。

部長 
いろいろな手法があるんだと思います。一つの作品に集中してきちんと整備をして一定の主張をするやりかた、それから、あちこちのものをばらばらにやるやりかた、いろいろあるんだと思います。で、市民参加と申しますけれども、市民が、それぞれの好きずきをそれぞればらばらにするということもあろうかと思います。で、この整備につきましては、前者の方向設置をいたしておりまして、まあ、それについて、議員がおっしゃるとおり、大多数が反対だということではございますけれども、我々も、そういった、モニュメントがあるグレード感に共鳴をして、ここに住みたいと、あるいは、ここに商店を開きたいという方々の評価は得ていると考えております。

私は、そうとうずれが生じていると思うわけですけれども、この最高責任者として、市長としてどのように評価をされているか、おうかがいします。

市長
建設部長の答弁のとおりでありまして、作品に対する評価は、あなたはあなたの評価の仕方があるでしょうし、私には、そうした批判の声は一人もはいっておりません。評価はそれぞれ違うと思います。そして、あれだけの方でありますので、ご発言には十分 にご注意いただきますように、名誉の毀損にならないように、十分ご注意くださいますようお願い申しあげます。


●行政改革の方向性について

行政改革の方向性について

草島

まず、旧鶴岡市の行政改革のレベルを、日本経済新聞社の全国優良都市ランキングで透明度や、住民参加度、活性化度などによる行政革新度でみると、680自治体中、408位という結果でありました。これは、県内でも山形市の23位、酒田市の149位と比べて大きく隔たりがあり、遅れをとっているといえます。

私は、こうした現状からいかに新しい市で改善されていくのか、答弁をうかがっておりましたが、市長はとにかく実態を調べ、課題を掌握する。といい、システム的には行政顧問をもうけた事しか見えてこないのであります。

特に、合併に伴って、合併特例債を340億円見込み、新市計画を作って合併に臨んできているのでありますが、今の状況では、これからの改革の方向性というのは、いかに既存の事業、又予定していた事業を削るか、という厳しい選択を迫られるものであると私は認識するものです。

そうした状況化で、いかに住民が納得できるかたちで「あれかこれか」という優先順位を決定していくのか。ここにあたっては、住民といかに合意形成できるのかが大きな課題であると思います。そこで質問しますが、
この合意形成に、行政顧問の方々はどのようにかかわるのでしょうか。

また、改革の方向性としては、月山から荘内浜までの東北一の面積になった鶴岡で、活性策や振興策が、行政起点だけでできると思わないことではないでしょうか。私は、観光でも環境でも防災でも、市民や民間の方が行政よりも情報をもち、真剣に意見を戦わせているのではないかと考えるものであります。これからは今まで以上に、市民や民間の公益的な力、市民力をいかに発揮できるか、行政のお決まりのシナリオを超えて、志をもった市民の新しい柔軟な発想力や創造の力」をいかに導き出すのか、も重要な改革の方向性だと思います。

そこで質問ですがこうした市民起点の振興策や活性策のきっかけをつくったり、バックアップいく方策として具体策をどのように考えていらっしゃるか、ご見解をおうかがいします。

● 総務部長 
行政顧問の姿勢運営 地方めぐる財政状況が不透明な中にありまして、短期間に合併に関わる調整でありますとか、行財政の再構築をしまして、市民ニーズにへの的確な対応ですとか、将来にむけた地域づくりを進めるためには、旧町村の実情を丁寧に把握をいたしまして、最善の努力をつくしていく必要があると、そのためには、諸々の情報の提供でありますとか、政策決定の背景などにつきまして、旧町村の最高責任者でありました、旧町村さん、また、助役さんから、直接意見を聞きまして、重要な判断材料としてまいりたいということで今後の市政運営にあたってまいりたいということから、提案をいたしているものであります。行政顧問からは、これまで実施してきました、施策のねらいでありますとか、施策決定の背景や、経緯、効果についての判断、地域の実態などについて、あるいは、今後、かかげるべき思索などについて所見をお聞きしまして、政策決定の最適化をはかっていきたいとゆうものであります。

それから、市として、具体策を進めるものであるかでありますが、行政としては総合的な政策の推進ということで責任はあるわけでありますが、今議会でもいろいろご指導いただいておりますとおり、今、社会経済が大きく転換期をむかえておりますし、財政事情も」厳しい状況でありますので、政策課題でありますとか、制度、施策の見直しにつきましては、まず実務的に、また、専門家などからご指導をいただきながら、実態の調査でありますとか、構造変化についての分析、政策課題の把握、それらの見通しにたった、的確な施策の企画と実施を主眼として進めていきたいと思います。

具体的には、新年度の予算の編成でありますとか、政策調整室を窓口として進めることになりますけれども、事務事業のひとつひとつにつきまして、施策の有効性でありますとか、目的、その背景について、実情の調査、施策推進の手法でありますとか、効率性の検討などを踏まえまして、今後、施策の方向性などに、多面的に調査検討を加えて参りたいと思います。

総合計画審議会の委員の話しがありました。総合計画については、市の総合的、計画的な行政運営をはかるための基本的な計画でありますので、特定の分野でありますとか、団体、個人の意見にかたよることなく、市民の意向を的確に把握する必要があろうかと思っております。そのため、審議会では個人の立場ということでなくて、市民生活全般を網羅する、各界、各層、団体の代表者といたしまして、そうした立場から、責任ある客観的なご意見を頂戴いたしながら、議論をふかめ、その内容を、計画に反映していくのが本筋であろうと、考えております。その際、とりわけ専門的な課題などにつきましては、専門委員会を設置いたしまして、地域内外の有識者の方々から、高度、専門的な立場からのご指導を頂戴したいと思いますし、今後の精査方法でありますとか、新たな展望を見いだしていくことに関しましては、戦略的な施策 の立案ということも含めまして、大変重要な課題だと思っております。

一般市民の方々からのご意見につきましては、これらの過程をへた上で、さらに公聴会でありますとか、提言のはがきなどを通じまして、広くご意見を頂戴してまいりたいと存じます。お尋ねの公募委員につきましては、各界の代表者からの客観的な意見にもとづきまして、議論を深めていくべき審議会におきましては個人的な立場からのご意見にもとづき、審議をおこなうということにつきましては、いささか、これからの行政の課題の整理だとか、責任を全うしていく上では、問題なしとしませんので、考えておらないということであります。
by stern888 | 2005-12-17 11:38 | 日記
<< だるま市ときりさんしょ 産業建設委員会 都市計画審議会... >>