人気ブログランキング |
ブログトップ

草島進一の「持続可能な鶴岡」日記

kusajima.exblog.jp

安全 運転のために、昼間のライトアップを。

昨日、本日から仕事始めの方々がたくさんいらっしゃるかと思います。
朝の会にでてから、八文字屋前へ。今の政治の何を変えねばならないのか。脱原発と再生可能エネルギー へのエネルギーシフト、脱ダム、東北復興のためのボランティア。その3点をお話させていただきました。本日は吹雪。でも吹雪の中って、滝に打たれているときのように内面から沸々と沸いてくる熱を感じるときがあり、僕は悪い気はしません。今日の風も。この風を活かして、産業と雇用、経済を生み出そうとかと思わず熱がはいってしまいました。
 ところで、年末に警察関係者の方にもご提案申し上げたのですが、お車の方、冬の日は、ライトアップされてはいかがでしょうか。もちろん昼に。です。
 僕は最近、昼のライトアップはあたり前になっています。いわば一人ライトアップ運動です。
実は、スウェーデンに行ったとき、昼間なのに車が全部ライトがついていました。すごいなあ、みんなでライトアップ作戦しているなんて へー!?と思ったのですが、よーく聞いてみると、スウェーデンの車では特に新しい車ではライトを付けたり消したりするスイッチがないそうです。だから動かすときは自動的にライトアップしてしまうとのこと。ライトアップすることが、視認上とてもいいことだということが科学的に研究され、スウェーデンではデイタイムランニングライト(DRL)は常識だとのことでした。
現時点では、16のEU加盟国は、自動車の強制DRLのいくつかのフォームを持っていて。 デンマーク、エストニア、フィンランド、 ラトビア、リトアニア、ノルウェー、ポーランド、スロベニア、スロバキア、チェコ共和国、スウェーデンでは、持っているとのことです。(出典:http://www.swov.nl/rapport/Factsheets/UK/FS_DRL.pdf)
 08年にいったスウェーデンではほぼ100%ライトアップされていました。
実は、98年にいった米国サンフランシスコでも、「新車やレンタカーなどで、特にぶつけられたくない人はみんなライトアップしているよ」との事で、結構な割合で昼間のライトアップをしている車を高速などでみかけました。
 でもライトアップしたら、燃費が悪くなるよね 球切れも早くなるし。というご指摘もあるでしょう。それはその通りです。ヨーロッパの研究でもそれは指摘されておりますが、事故の減少とを天秤にかければ、はるかにデイライト効果のほうが大きい事と、最近の車がLEDランプを採用することにより解消されているということです。
 日本でも運送会社でのライトアップ作戦は近年当たり前のようになってきました。
年末から高齢者の死亡事故が増えている山形県。みんなで注意喚起するためにも、デイライト作戦を呼びかけていきたいと思います。

どうぞ、事故りたくない皆さん、吹雪とか雪が降った時からでいいですから、ライトアップを!

とりあえず、僕自身、デイライト運動を実践中です。

なので、みかけてもパッシングしないでくださいね。

ということで今日もよろしくお願いいたします。
a0036384_1027836.jpg



写真は八文字屋前にて。

 
by stern888 | 2012-01-05 10:28 | 日記
<< 羽黒山伏山形勧進に同行ー知事へ 2012年 元旦 持続可能な社... >>