人気ブログランキング |
ブログトップ

草島進一の「持続可能な鶴岡」日記

kusajima.exblog.jp

月山開山祭

昨晩は農文化交流推進協議会 役員会で午前2時ぐらいまで諸々話し合い。家にもどって2時間ほど睡眠。
午前6時からの朝の会で内田美智子さんのお話を聴く。「食べることは生きること。」「生きることは食べること」
現代人の食がいかに乱れているか。普通に売られている大手メーカーのジュース500mlにどのくらい糖分がはいっているか。コーヒーなんかに使うスティックシュガー3g が何本分? と問われました。 さて、みなさん、何本だと思います?
答えはなんと、、、20本!  おなかすいたときにぐっと飲むと、血糖値がぐっと一時的にはあがる。でもすぐに下がってしまう。ごはんなどの炭水化物からの糖分ならばすぐには下がらない。そんな違いがあるということです。普通に売っているジュース類には要注意。改めて「真の食育」の大切さを感じさせられました。

その後、一度家にもどって仮眠の後、8時30分。月山へ。市内から8合目までは急いでもやはり約1時間。9時半より頂上11時の開山祭を目指して文字通りの山駆け。阿弥陀原 参篭所 9時40分。寝不足と急ピッチに身体が打ちのめされ、ぜーぜーハーハーいいながら30分。そのうち慣れてくるから不思議。9合目10時22分通過。最後の雪渓で足がもつれながら11時山頂。そのまま月山神社でお祓いを受け、開山祭。200人ぐらい集う中で玉串宝殿。この祭りのなおらいはこれも恒例の頂上小屋での筍汁。様々な月山の関係者、山伏先達の皆様とごあいさつ。鶴岡市の観光課長、羽黒支所長も来られていて感心。一息ついて、今度はゆっくりと、クロユリ、ヒナウスユキソウ、コバイケイソウ、ハクサンイチゲ、チングルマ、キヌガサソウなどを写真におさめつつ下山。作年の開山祭は雨だったが、今日は天気に恵まれた。月山はまさに高山植物の宝庫であることを再確認。
山伏 進佑、山駆けして身体も心もリフレッシュ。ちょっと身体も引き締まったかな、、、。 さて、がんばろう!

a0036384_036346.jpg
a0036384_0365695.jpg
a0036384_0371798.jpg
a0036384_0373570.jpg
a0036384_0375153.jpg

by stern888 | 2010-07-01 00:11
<< 自然観察会と「句集 孟宗」 鹿児島 武中 と 鶴岡二中との... >>