ブログトップ

草島進一の「持続可能な鶴岡」日記

kusajima.exblog.jp

<   2013年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

5.26飯田哲也 講演会 お聞きのがしなく。

a0036384_1122095.jpg
環境エネルギー政策研究所、飯田哲也氏を迎えての講演会がいよいよ5月26日。鶴岡の出羽庄内国際村でおこないます。
飯田哲也さんは、日本の脱原発、エネルギーシフト政策の第一人者です。山形県内では初めての講演会です。
ぜひお誘いあわせの上、お越し下さい。

日時5月26日(日)天神祭の次の日。午後1時半から
場所 出羽庄内国際村ホール
お申し込み  midoriyamagata@gmail.com FAX 0235-26-0038

ぜひお聞き逃しなく。
[PR]
by stern888 | 2013-05-20 11:21 | エネルギーシフト

FUTURE EARTH ヒューチャーアースに応えてー山形の未来をつくろうーみどりの日2013にて

みどりの日

先日、大変興味深いシンポジウムに参加することができました。アジア保全生態学gcoe、生態適応gcoe、日本生態学会、環境経済政策学会、環境社会学会、環境評価、それぞれのリーダー、学会長がそろった改めて凄いシンポジウム「自然共生社会を拓くプロジェクトデザイン。環境省、文科省、JST、100名超の学者、企業の方々が参加していました。
 私自身は、ダム問題をこの20年ほど取り組んできて、何で未だに解決に至らないのか。未だにダムをつくり続ける常識が生態系を保全することよりも優先されてしまっているこの状況をなんとか変えないとと感じつつ、行動をおこしてきました。そのご縁でつながったのが東北大のGCOE生態適応というプログラムでした。生態学を学んでいる大学院生を通じて、社会的な取り組みについて企業やNGOなど、領域を超えて、持続可能な社会づくりについて学びあうというものでした。スウェーデンのNGO ナチュラルステップの高見元代表などとの関わりのある竹本さんがリーダーとなって、この5年間にわたり学び合いを続けてきました。私もコンソーシアムの一員として、また、中静先生をはじめ、東北大を中心とする生態学者の先生方に学ぶ機会を得、私自身も稚拙ながらダム問題の講義としてこれまでの体験をお話するなどをおこなって参りました。そのご縁で昨年は環境経済政策学会に参加しました。今般のシンポジウムは、その環境経済学と保全生態学、適応、など生態学をご専門にされている先生方を中心に、理学的な領域と社会学的な領域とが集う極めて意義深いものでした。

その中で中心の先生が述べ、そして文部科学省の担当官が示したものがFUTURE EARTHでした。

このシンポジウムの趣旨にも以下のように述べられています

このシンポジウムは、Future Earthという新たな国際プログラムの推進にも貢献することを意図して企画された。Future Earthは、DIVERSITAS(生物多様性国際研究プログラム)、IGBP、IHDP, WCRPという4つの地球観測プログラムを統合し、人文社会科学を加えた統域的研究(trans-disciplinary research)を推進することによって、人類が直面する持続可能性に関わる課題の解決をめざす、10年間の科学プログラムである。このプログラムがめざす統域的研究とは、単なる学際的研究(multi-disciplinary research)ではなく、多分野の知識を統合し、さらに新たな科学の創生をはかるものである。しかし、Future Earthがめざす統域的研究は、現状では概念にとどまっており、具体性に乏しい。
 このシンポジウムでは、生物多様性・生態系を題材として、Future Earthがめざす統域的研究の具体化をはかる。生物多様性・生態系分野では、自然再生・生態系管理など地域の具体的諸問題をめぐって、文理協働が進んでおり、統域的研究の具体化をはかる準備が整ってきた。この状況を背景に、2012年度には3回の研究会を持ち、自然科学者と社会科学者の対話を積み上げてきた。今回のシンポジウムでは、これらの議論の成果をふまえて、文理協働による研究プロジェクトの提案を具体的に検討し、統域的研究の推進計画を立案したい。

シンポジウムで感じたのは、現場重視ということでありました。「現場の問題をなんとか解決したい」と思っている僕みたいなものにとっては大変ありがたいことであり、一言発言もさせていただきましたが、参画されている学会長さんはどの方も現場をお持ちの先生方であり、これ以上の日本の自然生態系を失う前に、こうした先生方の本意を受け止めた政治を実現せねばならないと思った次第です。

ヒューチャーアースについては、以下、日本学術会議の大西会長も新年のメッセージで以下のように述べられています。以下転載。
==========================================
日本学術会議
 大西隆会長からの新年のメッセージ
------------------------------------------------------------------■

新年明けましておめでとうございます。

 昨年末の総選挙で、安倍晋三内閣が誕生し、新たな気分で新年を迎えた方も多いこ
とと思います。新政権の下で、科学技術政策がさらに拡充され、科学技術立国が推進
されることを期待します。

 Future Earth(地球の未来)という国際的な研究プログラムが、日本学術会議も参
加するICSU(国際科学会議)や、ISSC(国際社会科学評議会)、国連組織等によって
準備されています。まだ全貌が見えていないのですが、地球環境問題で警鐘を鳴らし
てきた大気、海洋、陸地や地殻の地球観測に加えて、人間社会の政治、経済、文化等
も観察対象に取り込み、人間の活動と地球の変化を統合的に考察すること。地域間、
地域内等、様々なレベルでの公平性を重視しつつ世界の発展を追求すること。これら
を踏まえて、持続可能な未来を築くために、様々な主体による適切なガバナンスを構
築すること。という包括的で学際的なテーマが設定されていて、文明史的な観点から
現代工業社会を見つめ直し、新たな文明への手掛かりを掴もうという意欲的な試みで
す。日本学術会議も、Future Earthの国際的な取り組みに積極的に参加していきた
いと考えています。その理由は以下です。

 第一に、2011年3月11日の大震災によって、科学の探究とその応用が本当に人の生命
や幸福を重視して行われてきたのかに大きな疑問が投げかけられたことです。科学的
探究を中途半端なところで切り上げていないか、安全性に未だ不安があるにもかかわ
らず安易に応用されていないか、科学の応用を中止したり大きく方向転換したりする
勇気を持たなかったのではないか、という疑問に、特に日本の科学者は真剣に向き合
う責任があります。Future Earthは、人と地球の相互関係という大きな枠組みで、人
の営みを再考する大きなきっかけになります。

 第二に、日本が急速な人口減少社会に向かうことも、根本に立ち返って文明の在り
方を考える動機を与えます。総じて幸福で、不安の少ない人生を送る人が相対的に多
いと見られる日本社会では、子孫を残して同じような生活を送らせたいと思う人が多
くてもよさそうですが、現実は人口ゼロに向かって着実に進んでいるともいえます。
何がそうさせているのかを深く考えることは、これまで享受してきた物質文明、それ
を支える社会構造や価値観の全体を見直して、未来社会への革新の手掛かりを掴むこ
とに繋がります。これもFuture Earthの重要テーマです。

 第三に、Future Earthは文字通り地球規模で国際的に発想し、交流することを求め
るのですから、日本人、特に日本の科学者が必要と感じている国際化の進展を促す格
好のテーマになります。科学の成果ともいえる日本製品が世界各地で日常的に使われ
ていることに示されるように、科学を探究し、応用することは、国際的に大きな影響
を与えます。その意味で、科学は国境を越えて探究されなければならないし、特にそ
の恩恵は様々な困難に直面している地域や人により多く与えられなければならないで
しょう。日本の科学研究は、まだまだ国際的な広がりを持つ余地があり、Future
Earthの取組がそれを促すことになればいいと思います。

 昨年末に日本で講演したICSUの Yuan Tseh Lee(李遠哲)会長は、世界人口の5割
以上を占め、経済活動の核となると見られるアジアに日本が位置すること、そのアジ
アでは、日本も含めて、自然環境を構成する一部として人間を捉えて、両者を一体と
みなす考えが育ってきたことがFuture Earthの研究を進めていく上で重要な哲学とな
っていくであろうとして、日本が積極的な役割を果たすことへの期待を表明してくれ
ました。

 こうした期待に応えるためにも、私は、日本学術会議でもFuture Earthに向けた議
論を興し、世界的な試みをリードしていきたいと思っています。
                   2013年1月 第22期日本学術会議会長  大西 隆

==========================================
昨年度のハイデラバードCOP11を目指して改訂された 生物多様性 国家戦略に、TEEBの動きを受けて「自然資本」という事が位置づけられそれを科学的に評価する事についても言及されています。

子ども達が喜んで遊べる川の価値。カヌーやラフトで快感を覚える清流の価値。アユを釣って、背ごしで食べれる価値。 今、大ピンチの最上小国川という清流の価値を、このヒューチャーアースの研究になぞって、新ためて再評価してみたいと思います。一昨年は近畿大の有路先生のグループに年間22億円の経済効果と試算していただきました。これも大変貴重な試算であり、これを加味するとすれば、ダムをつくる事の経済効果B/cは成立しなくなります。
 実際に、北海道の河川ではこのB/c の試算によって見直しがかけられたダムがあります。

現実に、今、国土強靱化の名の下に、更にコンクリートでの土建事業が進められている現状は、東北被災地の防潮堤でも、全国のダム事業でも見られます。なんとかしなくては。

最上小国川ダムの議論は、単にダムをつくるかどうかではなくて、真に持続可能な流域にするために、何が得策かという議論であると感じています。要するに未来にむけての赤倉温泉のまちづくり如何におこなうか。なのだと。 単に治水さえ叶えればいいのか? いや、この「治水」自体の県のこれまでの語り口自体に相当の問題があったのだということ。は今、裁判でも指摘されていますし僕自身も議会の中で論じてきました。

県はなし崩し的に周辺工事を強行しています。本体工事は漁協がNOと主張している限りやることはできないのにもかかわらずです。

漁業振興策を提示して漁協には納得してもらう旨 吉村知事や県土整備部長は記者会見などで話しているようですが、小国川漁協の意志はそんなに緩いものではないのです。そして、私達もその志高き漁協のみなさんの側にたって、今もう数少なき本来の川の姿を求めてやってくる釣り人の声や、そこで毎夏に泳ぐのを楽しみにしている子ども達の立場にたって、その価値を伝えていきたいと考えています。

そうした価値こそ、赤倉や瀨見、小国川の清流を身近にして幸せを享受し続けてきた流域の人々の生き方に根ざしたそこだけの価値であり、それを味わいに来る「観光」としての価値 だと考えるからです。全国みんな川は駄目になった。でもこの川は志が高い漁協と住民のおかげで、本来の川の美しさが保たれている。だから、釣りに来るんだ。毎年の釣りのトーナメントに来る釣り人の方々にインタビューしているとそういう声が必ず返ってくるのです。

さて、ヒューチャーアースの研究とまさに現場のダム問題の解決。この架け橋こそ政治です。

先日、バークレイのシェパニーズのアリスウォーターの映画を観る機会がありました。そこで思い出しました。98年8月、僕はそこで初めてデビッドブラウアーに会い、そこで食事をしながらインタビューをしたのでした。

デビッドブラウアーはその年のブループラネット賞受賞での来日の際、スピーチでNatural Stepの話をし、ホテルを訪れた僕に「こんなおもしろい本があるんだよ」と「自然資本」Nature capital を紹介してくれました。 

今日、改めて、氏の志を受け止め、今後の私の指針といたします。

川で遊び、そして行動をしていきます。

今月5月26日には、エネルギーの分野でまさに強い信念と行動力をもって、日本の社会を変えてきた、飯田哲也さんをお招きして講演会をおこないます。

山形県内でもほとんどはじめて、鶴岡で初の念願叶っての待望の講演会です。

飯田さんはナチュラルステップの理事であったこともあり、スウェーデンが目指す持続可能な社会づくりについては現場で学んでこられた方でもあります。

ぜひお見逃しなく

真に自然と文明が調和した理想郷 山形のために。


草島進一
[PR]
by stern888 | 2013-05-04 23:48 | ダム問題