ブログトップ

草島進一の「持続可能な鶴岡」日記

kusajima.exblog.jp

<   2010年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

鶴岡市 新年度予算について。

3月2日からおこなわれる3月議会で審議される2010年の当初予算が22日、内示になったとのこと。
入手した資料から
1億円以上の重点事業でひろってみると、

先端生命科学研究所等支援事業          313956千円
先端研究産業支援センター拡張事業     481047千円
子育て支援医療給付事業                    222958千円
生活習慣病対策                                 253386千円
消防本部、本署庁舎新築                   1842750千円
庄内自然博物園整備事業                    728817千円
西郷地区農林活性化センター整備        538650千円
障害者自立支援給付                         1710776千円
各種扶助事業                                   1467900千円
保育サービス推進                              2808600千円
児童手当および子供手当支給            2446070千円
通学対策事業                                      211890千円
小中学校改築事業                              284474千円
公民館管理運営事業                           125426千円
農林 
経営体育成交付金事業                        213776千円
農地・水環境向上                                164285千円
商工業
金融対策事業                                    1152400千円
緊急雇用創出関連事業                         386019千円
都市機能
都市基盤整備事業                               125200千円
交通輸送対策事業                               162207千円
幹線、生活関連道路 橋梁整備              801960千円

といったところ。


この予算の中でもあわせて8億円近い予算がついている慶応大学バイオ関連では、毎年投入され続けている研究費などへの補助金がほぼ満額ついている上に、拡張事業としてこの予算内に4億8千万円が計上されている。この他に、3月議会に提案される2009年度一般会計補正予算で‘拡張事業」の項目があり、4億1800万円が土地購入および実施設計費として計上されている。この22年度で10年間、慶応大学の研究所自体に毎年の補助金での支援の上、そのバイオ関連施設拡張事業について、更に市税を投入することへの説明は十分果たされなければならない。
まずは、これまでの成果。市民の還元。そして、新規に税の投入をすることへの成果目標。市民への還元の成果目標などが、行政側からしっかりと示されなければならないと考える。2日よりはじまる市議会を注目したい。


ーーーーーーーーーー予算の表組みなど、崩れていて申し訳ありません。ちょっと手法を検討してみます。ーー
[PR]
by stern888 | 2010-02-26 08:20 | 財政

またもお手紙を頂きました。

つじ立ち。天気がよくて気持ちいい。先週に引き続き、またもお手紙をいただきました。うれしいです。ありがとうございます。
[PR]
by stern888 | 2010-02-25 08:20 | 日記

2月23日の申し入れ文書

午後四時。県庁へ、申し入れに行く。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山形県知事
吉村美栄子様

2010年2月23日
                                                    ウォーターワッチネットワーク代表
                                          最上小国川の真の治水を考える会 事務局長
                                                                      草島進一

最上小国川ダムの「懇談会」の人選等に関する申し入れ

2月15日のテレビニュース、また山形新聞2月16日朝刊他の報道において、最上小国川のダム建設について、「懇談会」を行う方針が発表されました。また、2月22日の県議会でその内容が一部発表されたと報道されておりました。
当会では、この懇談会を改めて設け、話し合う姿勢については、一定の評価をいたします。 しかしながら、これまでの最上川流域小委員会、最上川流域委員会、公聴会、説明会を、この5年間にわたり当初からずっと傍聴し続けてきた当会としては、これまで県が主導する治水の議論や説明の手法には偏りや欺瞞性があり、これまでと同様の姿勢のままでの「懇談会」やこれまでの経過を説明する「説明会」では、国が目指す本来の「真のダムに依らない治水論」を検討、検証する場にはならず、「ダム推進をすすめるための形骸化した手続き」になる可能性が大きいと考えます。

先ず私たちは、「ダムに依らない治水」を山形県が、ほとんど検証してこなかった問題を論拠とともに指摘します。また、今後、真に流域地域の県民をはじめ山形県民の生命と財産を守る「真の治水」をかなえるために、以下、再度申し入れるものであります。

● これまでの「最上川流域委員会 小国川小委員会」また、最上川流域委員会での治水についての検討は、第一の大きな問題として、治水プランの策定にとって中心的に専門家として意見を述べる「河川工学者」2名が、ダムによる治水論について述べる「河川工学者」に偏っており「ダムに依らない治水策」を主張できる「河川工学者」が皆無のまま進んでいた。そのために、ダムに依らない治水についての議論が、全く検討不足であった。
このことについて、2006年以降、私たちの招聘で5度現地を訪れた河川工学者、今本博健 元京大防災研究所所長 元淀川流域委員会委員長は、「河川管理者が示した調査検討資料のうち、環境に関する内容が乏しい。代替案についても流域対応についての検討不足が目立つ。これらを指摘しなかった学識経験者の責任は重大である。」と指摘している。

● また「穴あきダム」の環境影響や治水面での効果についても、現在河川工学者の間で国内で賛否両論があるにもかかわらず、賛同する意見の河川工学者のみの招聘をし、一方的なダム推進の流域説明会を開いている。

● 温泉の湯脈と河川の関連について
県が2008年12月に行った河川水と温泉水との影響について、温泉調査の専門家として3名の研究者が調査にあたったが、その中の1名、川辺山形大教授は、県が発表した「温泉に影響するから掘削できない」とした意見について明快に疑問を投げかけ続けている。当時の温泉調査の結果から、県の「影響があるから掘削できない」に結びつけることは論理に飛躍があり、科学的な判断とは言い難い。川辺先生によれば温泉と河川水位との関係のメカニズムを解明することにより、温泉に影響を与えないで現在流域に堆積している土砂の除去を行うことは可能である。とのことである。このことについて県は無視したままである。
以上、これまでの「説明」や「委員会」の問題について申し述べました。そこで懇談会を県主催でおこなうのであれば、以下の改善の下で開催されることを申し入れるものであります。

▽ 懇談会の人選について

1.「ダムに依らない治水」について、明快に論ずることができる「河川工学者」を懇談会のメンバーに必ずいれてください。
1)今本博健 京都大学名誉教授 河川工学 元淀川水系流域委員会委員長
2)大熊孝  新潟大学名誉教授 河川工学
3)宮本博  元国土交通省職員  前淀川水系流域委員会委員長

 
2.温泉の湯脈の影響について、県の判断に異論を唱える「専門家」を懇談会のメンバーに必ずいれてください
 1)川辺孝幸 山形大学教授

3.山形県自然保護団体連絡協議会の推薦する自然保護団体、研究者を懇談会のメンバーに必ずいれてください

4.淀川水系流域委員会でおこなったように、傍聴者の意見、質問の時間をとり、議論に十分な住民参加を保証してください。
5.懇談会は、公開でおこない、議事録をすべて記録、公開してください。
6.これまでの流域委員会、流域小委員会については、ダム推進を唱える委員9に対してダムに依らない治水を唱える委員1といった委員会の構成であり、ダム論に大きく偏った委員会であったことは事実であります。自然保護団体や私どもが推薦する大学研究者をメンバーに加え、偏りのない議論、真の検証ができるように改善してください。

7.県民への説明会では、これまで横行した、県の説明に対して発言する住民、県民の質問や意見を、途中で遮るなどの姿勢を改めてください。


以上。
a0036384_7312048.jpg

[PR]
by stern888 | 2010-02-24 07:25 | ダム問題

出羽三山の自然を守る会総会

a0036384_1421164.jpg

知事交渉をふりかえる
[PR]
by stern888 | 2010-02-21 14:21

先端研関連施設、更に拡張か。

a0036384_2248319.jpg

庄内日報の記事。メタボローム関連の支援施設が更に拡張されるとの事。これまでの財政支援の上に、更にということか。16億円と記事にはあった。その内、地元からの財政支出はどうなるか。こうした記事には、ただただ希望的観測のような事しか書いていない。更に鶴岡市広報などでは更に一方的な情報提供をすることが常態化しているといっていいだろう。もう少し言えばこの件については、「税がいくら投入されて云々」という極めて大事な情報についても、事業を説明する広報の中で触れなかったり(09年9月の説明パンフ)ということが行われていた。それでは市当局が説明責任を果たしたことにはならない。議会でチェックアンドバランスを果たさないといけないし、その都度妥当性を議論してこそ本来の「説明責任」に近づいていくのだという信念をもち、ずっと諸々問い続けてきた。理念や構想の意図はわかる。わかるが、税金を投入する以上、税を納めている市民、国民の立場にたって、より多くの情報を開示させ、内容をチェックをし、その税の投入が適切なものなのかは議論されなければならないし、それを住民の多くが納得してはじめて、公共投資として「適切」ということになるのだと考える。
[PR]
by stern888 | 2010-02-19 22:48 | バイオへの公共投資を問う

感謝。

八文字屋前街頭演説。ダムの事、事業仕分け、市政の事など。演説中、「がんばれよ」と声をかけていただいた方から以下のようなメモを頂いた。また、お一人の方から、缶コーヒーの差し入れをいただく。感謝。
a0036384_8373949.jpg

[PR]
by stern888 | 2010-02-18 08:21 | 日記

懇談会

a0036384_1144847.jpg

A
[PR]
by stern888 | 2010-02-16 11:04

懇談会

懇談会についてですが、検証もこれまで一方的にダム論者だけのものになっていたわけですから 人選としてダムに依らない治水論をきちんと言える河川工学者の方に参画していただきたいと考えます。みなさん、どうでしょうか。
[PR]
by stern888 | 2010-02-16 10:27

神戸から15年。災害ボランティアの体験をお話しました。

第六コミセンで、「災害の現場から学ぶ」と称して1時間半の講演をおこないました。この数日、神戸、重油災害
中越、能登半島、中越沖など地震の現場で何を考え、何を行動してきたのか、当時の映像や新聞記事、そして自分のメモや写真をかき集め編集する日々でした。いろんな断片をご覧に入れるような講演となりましたが、終わってから諸々貴重な声をいただきました。1時間半ではお見せすることができなかった映像もあり、語り尽くせなかったと思えることも諸々ありました。終わってからの意見交換。いろんなご意見、ありがとうございました。また、最後に提案させていただいた地域防災マップについては、これから皆さんと一緒に作り上げて参りたいと考えておりますので 、どうぞよろしくお願いいたします。
  とにかく、「新しい公共」をかたちづくる際に重要な、ボランティアセクター。NPOセクターの「革新性」「創造性」など本来の特性、存在意義を考えつつ、よりよい災害時のあり方を考えていけたらと思っております。それと自分の経験をまとめる作業の重要性を改めて感じさせられました。初動期から、1ヶ月、2ヶ月ぐらまで、息つくところなく全身全霊で活動に打ち込む中でどのような人達に支えられ、どのようなエネルギーのうねりがあったのか。どうして会社を辞めてまで3年間もボランティア活動をおこなっていたのか。その暮らしはどんなだったか。「ボランティアのコーディネートをする仕事」とはどんな事だったのか。お金はどうしていたのか。
などなど。今こそ伝えないといけないことがあるのでは。と感じさせられました。 
[PR]
by stern888 | 2010-02-14 01:21 | 緊急支援

新しい公共とは。

朝八文字屋前つじ立ち演説よりスタート。諸々書類整理、原稿書きなど。
月曜日にレクチャーを受け、その日のプライムニュースに出演していた福島浩彦さんから、今、民主党政権下でとりくまれる「新しい公共」のワーキングや市民キャビネットの話を諸々聞くことができました。

その中でもっとも共感できた新しい公共論をご紹介しておきたいと思います。

新しい公共=市民の公共

「公共とは市民の公共しかない。と思っているんですね、官の公共、行政の公共なんてない。公共というのは社会のことですから、私たちの社会は、市民の社会であって役所の社会であっては絶対にならない。ということだと思います。
市民の公共をつくるのは、主権者である国民住民の意思に基づいて動く行政が、民の主体であるNPOや民間とちゃんと真摯に話し合って、適切な役割分担と連権をしてつくる公共。それが「新しい公共」であると思います。

これまでは、主権者である国民と住民の意思とは乖離した官が一方的な決定権をもって公共をしきり、自分の都合で下請けにだしていたんじゃないか。と思うんですね。それをまるごとかえて、市民の公共にする。それが新しい公共だ。と私は思います。

福島氏の講演より。

パートナーシップとか協働とか、字面は飛び交っているようだが実は本当のものになっていないケースがほとんど。行政側は補助金を出してコントロールしようとする。NPO側は、補助金ありきで事業を組み立てる。
で、まともな仕事、職業にならない。この悪循環は続いている。
それをどうするか。ようやく本当のものにするチャンスをいtだいているような気がする。自民党政権下では考えられなかった事だ。
[PR]
by stern888 | 2010-02-10 08:56 | もったいない