ブログトップ

草島進一の「持続可能な鶴岡」日記

kusajima.exblog.jp

カテゴリ:読書県構想( 2 )

「正職員の司書が一人もいない県立図書館!?11月文教公安委員会 学校図書館と公立図書館について

● 学校図書館と公立図書館について

草島進一
資料お認めいただきありがとうございます。
本日は、11月7日であります。 10 月27日から 11月 9 日まで(「文化の日」を中心に2週間)読書週間ということもありますので、読書教育、県立図書館について何点か質問させていただきます。

学校図書館についてなんですか、まず、教育長におかれましては、先日、鶴岡第一小学校の図書館を早速ごらんいただいたということで、まず、感想をうかがいしてよろしいでしょうか。
▽菅野教育長
朝暘第一小学校、伺いました。非常に立派な新しい小学校で素晴らしいなと思いました。はいりましたら、図書館が中央、ハの字型の校舎でありましたけれども、その中心部にあるということで、学校の中心部に図書室があり学校経営の中心に位置付ける読書について、学校の配置からして示しているんだな。というのがまず第一の感想であります。また子ども達が、授業において調べ研究をおこなっておりました。ちょうど国語、古典でございました。その休憩の時間に、図書館に子ども達が来て調べていくと、非常に、子ども達の学校生活の中に読書が定着していると、そして、子ども達が、明るく熱心にそれをやっているということで、改めて読書の重要性を感じた次第であります。
草島
ありがとうございます。ぜひ全県の学校図書のスタンダードにしていただくよう、今後ともぜひよろしくお願いいたします。
学校図書館についてお伺いしていきますが、本日は特別支援学校の説明がございました。現在特別支援学校の学校図書館でありますが、司書教諭、学校司書の配置はどのようになっていますでしょうか。まず数値をお知らせください。

畠山義務教育課特別支援教育室長
● 学校図書館では特別支援学校にも司書教諭を配置することになってございます。特別支援学校には、小学部、中学部、高等部各学部があるわけですが、12学級以上の学校ごとに司書教諭を配置してございます。県立学校12学校中この基準に該当する学校全てに司書教諭を配置しております。具体的には酒田特別支援学校、米沢養護学校、鶴岡養護学校、新庄養護学校、ゆきわり養護学校、村山特別支援学校となっております。学校司書の配置状況ですが、特別支援学校では学区司書の配置はしておりません。

草島
特別支援学校の場合、個々の子どもがそれぞれの支援が必要ということで、本の活用も教科書よりも図書館の本ですとか紙芝居などを使って教育するということがありますので、普通学校以上に司書教諭や学校図書への役割が、大きいと聞いております。今。計画策定中ということですが、ぜひこれは要望しておきます。特別支援学校への学校司書、司書教諭の完全配置、これをぜひ実現していただきたいと、これは要望いたします。

では、公立図書館について質問してまいります。
本日皆様にお配りした資料も参照しながら、と思いますけれども
先日、全国図書館研修集会、お疲れ様でした。私も一日だけ参加させていただいて、これからの情報と交流の拠点を目指してと、図書館サービスの最前線をこの山形、村山でご紹介頂いたと思います。主催された教育委員会としてのこのフォーラムを受けて、今後について。など、まずは感想を伺いたいと思います。

山川文化材生涯学習課長
山形県の図書館研修大会につきましては、私も1日だけですけれども参加させていただきまして、それぞれの図書館の実際の事例などについて一緒に考えさせて頂いたところでございます。その中で、県立図書館、市町村立図書館、それぞれの役割はあるのではございますけれども、情報、交流、文化の拠点としての図書館のサービスを先取りしたような様々な事例の報告がありまして、私どもも、県立図書館について、秋田の図書館の方が来ていらっしゃいましたけれども それぞれ町だったり市だったりそれぞれのレベルに応じたようなそれぞれの取り組みがなされているということでございました。これからもこういったものを参考にして、一層、情報、交流の拠点としての機運を高めていくと言う点では大変参考になったなと思っております。

草島
それでこの資料ぜひ参照いただきたいと思うのですが、これは実際に秋田県図書館、私もあのフォーラムで興味を持ちまして現場にも参りまして3時間ほど色々お話を伺って参りました。これは実際にカウンターに置いてある、ちらしです。秋田県の湯沢市のサクランボ農家のブランド化ですね、県立図書館が古文書によるサクランボの歴史調査ですとか、ブランドイメージ創出のための基礎調査をおこなって、実際に図書館と一緒にこの農産品のブランド化に成功した実例というのをこの秋田県立図書館では産み出しておられまして、「新しいものを産み出すための図書館」という新しい機能を県立図書館としてやっている。
 ここで色々質問をしていきたいんですけれども、まず今、この山形県の人員体制について、お伺いしたいと思うんですが、正職員で司書の資格を持っておられる方は、現在の県立図書館では何人いらっしゃるんでしょうか。

山川課長
現在正職員として18人おりますけれども司書資格を持っている者については、今産休の代替できている一名が司書資格をもっている。ただ、産休で今休んでいる者が司書補の資格を持っている。それだけでございます。

草島
はい、例えば秋田県立の場合は正職員の司書職員は14名。非常勤が13名ということで、正職員の司書が14名いらっしゃるんですね。その常勤の司書で最も勤務年数が多い方は23年。で5年以上の方は6名いらっしゃる。で副館長8年ということであります。なので、こういう新しい戦略がどんどんできるということなんじゃないかと思うんですけれど、今、なんで、司書職員が一人もいないという、これは長年続いてきてしまっているんでしょうか。

山川課長
県立図書館については、カウンター業務について嘱託化をおこなったときに、司書については全て嘱託職員になっておりまして、正職員としては先ほどお話ししたとおりでありますけれども、カウンター要員として18名、資料請求要員として1名、19名の職員を置いているところでございます。

草島
嘱託職員というのは5年任期なわけです。現場に伺ったりすると、3年ぐらいは一生懸命やるんですが、後2年は今度次のリクルートを考えないといけないんで、というかたちで、せっかく5年間やって、やっと慣れた頃に辞めなきゃならない。ということで、やっぱり正規の職員の司書がいるかどうかということが、県立図書館の質を決めていくということになるんじゃないか。と思うんですが、この辺はいかがですか。

山川課長
図書館については経営理念といたしまして、例えば比較 様々な生涯学習センターとの連携におきまして、内部の図書館利用者に対してのサービスを提供する部分と、それから外部の様々な機関を支援することがあるわけですけれども、
今のところ、中にいる中のサービス提供につきましては、今申し上げたように嘱託職員で対応させていただいておりまして、それ以外の図書館の支援の事業におきましても、嘱託を連れて一緒にまわっているような状況でございまして、嘱託司書の力を借りながら正職員のほうで対応していると言う状況でございます


草島
となりの県で規模的にわりと似通っている。建物も、蔵書数も、山形県立だって蔵書数も申し分ないほどではないかと思っています。なのに人員の体制が全然違うんですね。今、秋田県立で取り組んでいる。例えばデジタルアーカイブをつくっていく。それは産業支援にも役に立っている。それから、学校図書館との連携という意味でも、秋田県立の図書館がその質を決めている。要するに支援にいったり、また、情報の共有化をはかったりする中でですね。学校図書館のレベルの均質化もはかっている。あとは市町村立の図書館についても県立から派遣した職員などが指導したりしている。なので、かなり重要な部分を県立図書館というのは担っている。要するに知の拠点を支えている要のところなんじゃないか。と思うんですね。そこに正職員の司書がいないという現実というのは大きな問題だと思うんですけれども、この辺いかがでしょうか。

山川課長
先ほど申し上げましたけれども、運営の見直しによりまして、窓口の専業化とか、窓口のものが全て司書資格をもつものになったということはありましたけれども、やはり今、お話ありましたように 本 にとって、アカウンティングでありますとかアーカイブのプログラムですとか、図書館の運営上、業務に関する様々なそういった課題もあることは確かでございます。そういった中で今のところ、司書としての採用はございませんけれども、正職員として配置された者の中から、司書資格を所得するという、2ヶ月間大学に行くことによって資格を所得するという工夫もしながら、できるだけ確保していきたいと考えているところでございます。
草島
やはり全国の県立図書館を見渡してみても、一人もいないということは、ちょっとあまり口外できないほどのことなんじゃないかと思うんですよ。なので、最低三人ぐらいはいつもいるようなことに、改善をしていかないといけないと思います。今、新しい図書館というのは、行政的にもまちづくりにとっても、色んな問題解決をするその拠点でもあり知の拠点でもありいろんな事を集積するアーカイブももっていないといけないので、色んな意味で図書館の役割というのは、社会的にも高まっていると思いますので、ぜひ見直しをしていただいて、来年、ぜひ三人ぐらいは正規の司書がいるような図書館にしていただきたいと思います。それからアーカイブというのは、来年ディスティネーションキャンペーンもあるわけですが、観光においてもそうだし、企業がブランディングするにもそうだし、こういうアーカイブがデジタルで蓄積されてそこから古い地図をパンフレットにつかってみたりだとか、色んな活用がデジタル化することにより新しいものを生み出せるので、こういう新しい機能をもった図書館にぜひ再生できるように、改善をしていただくというか、これは人員的なものなので、ぜひ知事部局にも働きかけてですね、正式な正規な司書がまず配置されている図書館にしていただきたいと思うのですが、ぜひこれは教育長に今後の取り組みをお伺いしたいのですがお願いします。

教育長
図書館につきましては全国的にいろんな取り組みが最近とりあげられていると思います。その中で、私の着任以来、図書館の機能のあり方、どうするべきかということにつきまして、もっと議論を展開して頂きたい、ということを申し上げ、そして図書館協議会等で、議論を進めて頂くようお願いしているところでありますが、まず司書の問題等につきまして、というよりも全体的な運営のあり方につきましては民間委託とか色んなケース、形態が見られるようになってきておりますので、正職員を配置することだけがですね、質の解決策といいますか、正解とはいますぐに結論することはできないんじゃないか。もう少し議論を深めていく必要があると思っております。そういった中でどういった形態がですね、一番県民サービス向上のためにいいのか。ということについては更に議論を深めて行く必要があると思っているところでございます。

草島
今、民間委託のこともご提示ありまして、岩手県はそういう風になっている。ただ、ものすごく問題を抱えているとも聞いております。秋田県がやっぱり相当のモデルだと思うんですね。ぜひその副館長8年キャリアをもって、熱をもってやられている方が先日山形にもいらっしゃったわけですから、ぜひそこから学びとるだとか、いろんなしくみをつかって、例えば文科省の予算を使った派遣事業などもあるわけですので、ぜひ、新しい図書館のあり方、まさに知の拠点その、山形の地の拠点を支える図書館をしっかりいいものに、まず正職員をもつことは大事だと思います。ぜひお考えいただいて、いい図書館に再生させていただきたいと思います。どうもありがとうございました。
[PR]
by stern888 | 2013-11-12 07:37 | 読書県構想

読書教育 学校図書館の充実についての質疑10月3日

山形県議会 9月補正 文教公安委員会 10月3日 

この日、私は、全国学力状況調査の結果を踏まえて、9月補正の学習シートの作成について、読書教育について、6次教育振興計画と環境教育ESDについて、などについて質問しました。ここでは、読書教育の質問についてピックアップします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


読書教育の取り組みについておうかがいします。

今般の学力テストでも読書教育のおかげでといったらいいか、国語、読解力でも評かされているようですし、現在読書活動推進計画 第二次ということでとりくみが為されていらっしゃいます。また、5教振の中でも学習情報センターとしての学校図書館の充実ということを掲げられてこれまでお取り組みになられていらっしゃると思いますが、まずは、これまでの取り組みの現状についてうかがいます。

中井義務教育課長
委員おっしゃったとおり、読書教育については、5教振でも重点に掲げております。それから ●●基のプランでも読育ということで進めております。
全国学力状況調査においても、読書の項目がありまして、質問がいくつかあるんですけれども、本県の子ども達は全てにおいて、例えば、毎日の読書をする、30分以上読書するのも全国からは上回っております。それから、図書館の活用 つまりですね、図書館に週一回以上行くということでも、他県に比べて高い数字をだしております。それから調べ学習についても、いいですし
なによりもですね。「本が好きである」というのは、全国でも5ポイント以上上回っているということでありまして、取り組みが大変効果をあげてるなと思っております。各学校の先生方とも授業を通じて読書を推進しておりますけれども、各学校における読み聞かせボランティアでありますとか、地域の方々のご協力も子ども達の読書への関心を高めていることにつながっているのではないかと考えております。なお、義務教育課のほうでは、数年前から学校図書館を学習情報センターという一つの整備をすることが、より図書館を活用するのにふさわしいだろうということで、図書館の学校司書補助をというかたちで、司書教諭を支援するという方を配置しておりまして、スーパーバイザーを つけながら図書館の改造を進め、学校図書館を学習情報センターとして一層充実した取り組みができるように現在すすめているところでございます。


草島
そこで、この写真を見て頂きたいと思います。 (写真)
朝暘第一小学校 午前7時58分の写真です。
もっと生き生きとした子ども達の姿が見れるんですが、
自分が借りたい本にどんどん向かって進み借りてくる。そして、隣のこどもと、これは借りたとかあれは借りてないなどと話もしながら、
最新刊 のところはほとんど本がなくなるぐらいの勢いで借りていく。また休み時間などにも、進んで調べ学習を自主的におこなうということができているのが鶴岡第一小学校の学校図書館であります。小学校は学校経営の中心に添えた学校経営を行っているということで今、全国から視察も絶えないと伺っております。理想の姿がここにあるのではないかと思っておりますして実際に第一小学校の子ども達、本を読むようになって変わることがたくさんいるということであります。国語だけではなく、いろんな教科において、落ち付きをもって自分のテーマにずっと追求していくようになったとか、引きこもり傾向の子どもが本を読むことを覚えることによってそうでなくなるとか、いろんな効果を上げているようです。この学校図書館の経営ができるのは、今、司書教諭の方が、12学級以上ある学校には一人、任命されている、司書の資格をもった先生がいらっしゃると言うことですが、司書教諭という人がいればいいのかというとそうではなく、その方と、学校司書という、図書館を運営していくスタッフがいて、タッグを組んで、二人三脚でやるから、子ども達が、図書館を使って調べ学習もそうだし、学校情報センターとして対応できる体制ができていると考えております。
今現在、どれだけの学校で、こうした学校司書、司書教諭の二人三脚タッグを組んだ経営がやれているのか、先ずは現状について伺います。

中井義務教育課長

平成24年度の実績からのデータですが、小学校292校の内183校、に、いわゆる学校司書、司書補助、これは常勤、非常勤含めて、183人 
中学校107校の内67校に学校司書、司書補助として学校図書活動を進めている状況であります。

草島
● 司書教諭の方は何人いらっしゃいますか。
中井課長
今、人数は、 本県の12学級以上ある学校では100%、学校司書教諭がいらっしゃる。状況であります。

草島
しかし本県の場合、12学級以上の学校は意外と少なく、12学級に満たない学校が多くって、司書教諭がいる学校は小学校32.9% 中学校だと50.5%ということであります。なので、図書にかかわる先生が全くいない学校もあるということと認識してよろしいでしょうか。

中井課長 
今の数値のとおりでございまして、山形県の場合は6から12学級というところが一番多く、そこには司書教諭を配置しなければならないというような義務づけはありませんのでまた、県内の司書教諭の資格を持っている教員の方もそこまで多くはおらず、人事で配置もできませんので現状、その数値になっております。

草島
で、これからどうするかってことで、鶴岡第一小学校はこういう状況だと、それに対して全く本にかかわる方がいない学校もあると、これでは格差が生まれているんではないかと僕は考えるんですよ。で、どうやっていったらいいのかて考えた時に、学校司書というのは、市町村が身分を保障するといったらいいか雇って配置をするということなので、市町村の意向が反映されるだろうということで、全くおいていないところもあれば結構おいてあるというところもあるということですが、実は今年島根県ですね、学校図書館司書の配置率100%達成した というニュースが流れまして、興味深く観ているんですが、322校小中学校全部に学校司書を、それはいろんな形態があるみたいですよ、有償ボランティアも含めての話らしいんですが、有償ボランティアについては、県がその完全支援を100%行っておいていると、で、市町村のところについてもある程度補助をしながら、ゴールのカタチは学校司書がいることだということを目標に、取り組んでいったようですけれども、まずそういう姿勢についてはどのようにお考えになりますか?

中井
まず、司書教諭のいない学校をどうするんですかということですけれども、
小さい学校でも、小学校の先生も中学校の先生も、全て学習指導要領の中で、いわゆる図書館の活用、または、単元における読書活動についてはみなさんかなり十分承知しておりますので、学校全体でですね、司書教諭いないところはしっかり補ってしっかりとした学校図書館をつくりながら進めていると思います。いればそれに超したことはないんですけれども、そういう学校でも努力しているということは申し上げておきます。島根県の事については私も興味深く思っておりました。すごいなと、かなりの経費をかけておりますね。ただ、ここでしっかりとおさえておきたいのは、基本的に学校司書については、市町村の役目でございまして、平成24年度からは、蔵書の他に学校司書についても国が交付税そ置をしております。ただ、その額は、満額補助しているわけではないのでね、一校あたり、105万円で2校に一校、と訳ありですので、十分ではないと思いますが、5カ年計画で進めておりますので、まずもって、やはりこれは、市町村が交付税措置を受けながら進めていくということが基本になるのかな。と思います。ただ、そういう中で、島根県がね、さきほど言ったように、ボランティアについては、 島根県も6学級以下が少ないのでね、県が全額負担しておりますけれども、ほか はやっぱり1/2あるいは1/3補助なんですね。ですから国が交付税処置をして、それで十分足りないところを、県のほうで支援するということで、でも相当の金額ですので、これは多分、本県でいえばさんさんプラン並みに特色ある県の教育施策としておこなったものだろうと認識をしております。

草島
新庄市さんでは、学校支援地域本部事業 というこの事業を使って学校司書を置くということをやっているようですがこういうものを拡充するなり、交付税がおりているわけですから、市町村に対して働きかけていくと、やはり、県が明確に目標をもって、この、やっぱり私は、山形県を全国一の読書県にしたいという思いをもっておりますので、学習意欲、学力的には、さんさんプランで相当の効果を上げていて、プラス私は、その上、フィンランドの教育を目指していくならば、図書館、読書をより充実させていく事が凄く大事なことではないかと思っております。ぜひこういうことについて、学校支援地域本部事業なども活用をしながらの働きかけをされてはいかがでしょうか。

中井課長
どうもありがとうございます。やはり、基本は地方交付税事業をですね、可能な限り活用していくと、そして足りないところは学校支援地域本部事業などを活用していくということは、各市町村が工夫しながら計画をたてていくことですね。で、我々が今、強くいっているのは、何よりも、予算は交付税措置ですので、市町村の教育委員会が予算措置をしっかりしない限り、学校まで反映されないと。で、予算措置をするためには、読書活動推進計画をつくらなければ予算措置に反映されないと。大変残念ながらですね。本県の市町村の読書活動推進計画の策定率はあまりよくないです。
そこで私は、今年の市町村局長会議で第一声でお話したのは、学力テストの補強の問題と、この、読書活動推進計画をつくりましょうという呼びかけをしております。そして具体的にこちらのほうでいくつかABCという3つぐらいのパターンを今つくりながら、各市町村にお示しし、そして各市町村の実態に応じた計画をつくって、そして予算要求をしていただいて、委員が今おっしゃるようなことが一歩でも実現できるように私どももしっかりと頑張って参りたいなと思っております。

草島
例えば中山間地にある学校であれば、そこにある学校図書なるものが、コミュニティの拠点になるんじゃないかという思いもあります。今、県全体として人を育む、大目標を掲げているわけですので、ぜひ充実させていただきたいと思いますし、市町村に対しての働きかけもぜひやっていただきたいとおもいます 。で、この鶴岡第一小学校についてですけれども、教育長、こういった学校図書についてまた、読書教育を中心に据えた教育についてぜひコメントをお願いできたらと思います。


菅野教育長

読書、非常に大切だなと思っております。中井課長がご説明したように、各市町村の計画は必ずしも高くない。ただ、実態をみればですね、それぞれ読み聞かせの活動をしていたり あるいは絵本を配って指導したりいろんなことをやっております。また学校においても学校図書館が地域の拠点になるように、地域に開放するという動きも県内で見られるようになってきております。私ども先ほども学力向上の問題もありましたけれども、その一環として読書、読育を進めたいと思います。どういう風に展開していけるか、議論の最中ではありますけれども、読書教育をこれからも中心の一つとして頑張っていきたいと思っております。

草島
第一小学校の学校図書館はご覧頂きましたでしょうか。

教育長
すいませんが、他のところは見ておりますがぜひ機会をつくりたいと思います。

草島
ぜひよろしくお願いいたします。ありがとうございました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先日早朝に伺わせて頂いた写真を貼り付けたこのパネルも使って質疑しました。さらに充実に向けて切磋琢磨して参ります。
a0036384_1395582.jpg

[PR]
by stern888 | 2013-11-05 01:15 | 読書県構想