ブログトップ

草島進一の「持続可能な鶴岡」日記

kusajima.exblog.jp

カテゴリ:スウェーデン( 13 )

トルビョーン氏と再会。2/16.17 「東北復興と生態適応」シンポジウム

2月16,17日、東北大でのシンポジウム「東北復興と生態適応」に参加。

http://gema.biology.tohoku.ac.jp/sympo2012/


16日は午前10時から午後6時半までみっちり。
冒頭のスウェーデンESAMのトルビョーンラーティ氏のプレゼンでは、08年の時以来のナチュラルステップ関連の進化の一端を見ることができた。スウェーデンのエコ自治体数は現在84箇所
エコ自治体とは、4システム条件をベースとしたサスティナブルプランを議会が承認しているかどうかにある。

 トルビョーンのプレゼンは東北をエコ自治体10.0
 
 僕は、水道問題、ダム問題での不毛な対立といつも「真実がテーブルにのらない」状況に思い悩んでいた。建設推進派の人達はよく「反対のための反対をしている」などという。でも僕らの思いは、
「真に持続可能ないい社会をつくるため」なのだ。
 
こうした不毛な二項対立を解く方法はないだろうか? 僕は悩んだあげく出会ったのがナチュラルステップだった。実はナチュラルステップを紹介してくれたのは、98年に来日した、デビッドブラウアー氏、そして震災後の神戸で出会った、高見幸子さんだった。
デビッドブラウアー氏は、当時ブループラネット賞授賞式のプレゼンテーションでナチュラルステップの事に言及している。そして、NEWS23の映像で「企業も「心」をもつべきではないか」と諭している。

 で、枝廣さんが企画した基礎講座、高見さんが企画したアドバンス講座を受けて更に08年、スウェーデンのエコ自治体視察と初の国際エコ自治体会議に参加した。
 創設者 カールヘンリクロベール、そして「ヒューマンファンダメンタルニーズ」を提唱するマックスニーフのプレゼンテーションを聞いた。
 そしていかに日本という国でこの「持続可能な社会」とか「サスティナビリティ」が、定義もなくいいかげんな使われ方をしているか、言葉はいいが、実質がともなわない。といった事になっているかを考えさせられている。

Natural step 創設者のカールヘンリクロベールのプレゼン 
http://www.youtube.com/watch?v=XaZUgnYenb4&feature=related

16日は大学、国行政機関、工学、生態学、人文学と枠を越えて今後の復興に向けた構想について、実に示唆に富むプレゼンテーションを聴くことができた。何名かの先生方とは意見交換、今後もリンクさせていただきながら、山形で何をすべきかとともに地域の持続可能な発展のあり方を模索していきたい。

ちなみに明日 というか本日は沿岸の湿地地帯や冬水田んぼプロジェクトのエスカーション。

19日は名取市でトルビョーンとともに、ナチュラルステップ市民講座がおこなわれる。
[PR]
by stern888 | 2012-02-17 05:17 | スウェーデン

ミツバチの羽音と地球の回転、上映会8/28

17日は、山王ナイトバザールにて、映画のポスター看板掲げて宣伝しておりました。

ミツバチの羽音と地球の回転。上映会がいよいよ8月28日です。前売りチケット販売しています。

山口県 上関町への原発建設問題で28年間戦い続けてきた祝島の人たち。1980年に脱原発を国民投票で決め、脱石油、脱原発に舵を切り、確実に持続可能な社会へ向けて歩み出しているスウェーデンの人たち。この双方を追った話題のドキュメンタリー映画。8月28日、昼、夜2回上映。鎌仲ひとみ監督と、ソーラーハウスに30年取り組んでいる建築家、井山武司氏のトークショーあり。どうぞ、お見逃しなく。

日時 8月28日(土) 昼の部 13:45〜16:00 夜の部 18:15〜20:30 トークセッション 16:15〜17:30
開場 鶴岡協同の家「こぴあ」2F
前売り 一般1200円 (当日1500円)  中学生以下 前売り 1000円(当日1200円)  
http://888earth.net/index.html
a0036384_7315061.gif

[PR]
by stern888 | 2010-07-17 07:05 | スウェーデン

エコビレッジ国際会議模様。

a0036384_6451760.jpg
a0036384_6475069.jpg

a0036384_643038.jpg

エコビレッジ国際会議の模様です。
[PR]
by stern888 | 2010-06-01 06:48 | スウェーデン

持続可能な地域社会へ。

朝、鶴岡八文字屋前、つじ立ち。朝、まぶしい光。きょうの天気は最高ですね。

今日は、「公共事業を持続可能な事業に変える。」 がテーマ。

昨日 遅くにエコビレッジ国際会議tokyoからもどりました。

昨日のプレゼンの様子は以下で見ることができますので、ぜひご覧下さい。


http://www.ustream.tv/recorded/7323152

要旨を記しておきます。

これからの地域社会を「持続可能」にするには、社会に「持続可能な社会」の認識が先ず必要。
   これがないから、環境アセスがアワスになり、持続不能な公共事業が続き、持続不能なエネルギーへの再投資が止まらない。生物多様性も保全されなければ、地球温暖化にも歯止めがかからない。

スウェーデンでは、科学的な根拠に基づく、ナチュラルステップの「持続可能な社会の定義が特にエコ自治体の職員や政策決定者に浸透し、政府の「持続可能な発展」政策をひっぱっている。
  とにかく、「持続可能な社会」とは何か、いかに今の社会が「持続不能」な方向に進んでいるかをまずは知ること。
鎌仲ひとみ、最新作、映画 「ミツバチの羽音と地球の回転」は、私たちの地域で、「持続可能な社会」をバックキャスティング方式で実現するための、ゴールの姿を提示している。 と思います。

僕は、「公共事業」「公共投資」を持続可能な社会に貢献するものに変えるためにも、ナチュラルステップのフレームワークを広めていきたいと考えています。

どうぞご意見を。

6月4日、お披露目上映会 四谷、東京にいらっしゃる皆さん、ぜひ見に行ってください。

2010年 6月 4日 (金曜日)
場所東京都新宿区 (地図)
説明完成お披露目上映会「持続可能な未来を求めて-映画上映とミニトーク」 http://888earth.net/staffblog/2010/05/post-51.html ●2010年6月4日(金) 【会場】四谷区民ホール〒160-8581新宿区内藤町87番地 TEL:03-3351-2118 【プログラム】開場18:00 上映19:00 トーク21:00 終了21:30 上映後、鎌仲監督ミニトーク
[PR]
by stern888 | 2010-05-31 12:16 | スウェーデン

エコビレッジ国際会議に登壇。

5月28日、29日、30日と、東京で、エコビレッジ国際会議があり、30日、鎌仲ひとみさんと一緒に登壇、
ナチュラルステップのファシリテーターとして、講演します。
   これまで取り組んできたダムなどの公共事業の問題。対立の不毛さ。そしてそれを乗り越えていく新たな軸としての「持続可能な社会」という判断基準を提示しているスウェーデン環境NGO、ナチュラルステップ。
そして、そのコンセプトを基盤として発展計画を描くスウェーデンのエコ自治体。
  鎌仲監督の「ミツバチの羽音と地球の回転」では、そのエココミューン第一号のオーバートーネオがピックアップされ、そこからはじまったエココミューンの大きな軸としてのエネルギーシフトがとりあげられています。
   
私は、「持続可能な社会」「持続可能な発展」「サスティナブル社会」という意識付け、判断基準が今こそ必要と考えています。

エコビレッジ国際会議 私の登壇は5月30日、午後2時50分からです。

では、これから、行ってきます。

http://ecovi.begoodcafe.com/

http://greenz.jp/2010/05/20/ecovillage201/
[PR]
by stern888 | 2010-05-29 04:15 | スウェーデン

鎌仲ひとみ監督「ミツバチの羽音と地球の回転」予告編が完成!

鎌仲ひとみ監督、「ミツバチの羽音と地球の回転」本編がこのほど完成し、その予告編ができました。

私たちは、昨年、この映画をつくる過程で制作されたぶんぶん通信1の上映会を企画をしました。その際このブログでもお伝えしたことですが、、、。

2008年5月半ばから2週間にわたって、sustainable swedenの主催するエコ自治体を巡る視察とSEKOM(スウェーデン環境自治体協会)主宰の第一回エコ自治体国際会議に参加したのですが、その際に、私は、当時出会ったばかりの鎌仲さんに一緒に取材しませんか。ともちかけました。

 私自身、ダム事業などの公共事業の問題や、地域の環境問題等をいかに解決するかをずっと考え続けてきて、ナチュラルステップという環境 NGOの掲げる4つのシステム条件に出会いました。そして2006年そのメソッドを学習しました。後で気がついて驚いたのですが、それは、1998年、私がかねてから敬愛している米国の自然保護活動家、デビッドブラウアー氏が、最後の来日となったブループラネット賞の授賞式でのスピーチでも、とりあげていたコンセプトでした。

  その後、ナチュラルステップ・ジャパンやスウェーデン関係者とのネットワークを通じて私は、2008年 3月、スウェーデンのエコ自治体運動を展開してきた グンナルブルンディーンさんを鶴岡に招き、08年3月3日にワークショップや講演会をおこなう機会に恵まれました。そして、その際にナチュラルステップを根本理念として取り入れて自治体を運営している「エコ自治体」というのがスウェーデンに77(当時71)もあるんだという事を聞かされ、5月に初めての国際会議があり、ナチュラルステップ創設者のカールヘンリクロベール氏、も招聘しているので来てはという誘いを受け、自腹、マイナス収支でもとにかく行かねばと考えていました。
  そんな時、08年3月8日鶴岡であった「六ヶ所村ラプソディ」のの上映会で映画を観て、鎌仲さんのお話を聞く内に、「この監督ならば、僕らが壁にぶち当たっている想いを共有できるのではないか。」と考え、スウェーデンの国際会議や視察の事をもちかけたのでした。
   そんなご縁から、スウェーデンの現地同行取材が叶い、その一部はこの映画の構成要素になっています。

先日いらした「森のムッレ教室」日本野外生活推進協会 東京の下条さんは、「この映画はこれからの地域づくりのバイブル」と評されていました。

この映画をぜひ多くの皆さんがご覧になることを期待しております。

http://888earth.net/index.html

予告編が完成したようです。

http://www.youtube.com/watch?v=4IHy_swe_Fs

鶴岡上映会も8月28日(日)に決定!   皆さん、ご見逃しなく!
a0036384_22304642.gif

[PR]
by stern888 | 2010-05-17 13:55 | スウェーデン

持続可能な形成のために_スウェーデンに学ぶ 福島郡山での講演

福島 郡山の皆さんにお招きいただき「持続可能な社会とはーーースウェーデンに学ぶ」 と題して講演す。
2008年に訪れたスウェーデンのエコ自治体。そして共通して導入している「ナチュラルステップ」の理論。また、持続可能なオリンピック開発をナチュラルステップを導入して実現したウィスラー。
サスティナビリティを実現するには、判断基準がある。その判断基準とは? 
 この数日間、この日のプレゼンの資料づくりで集中していた。仕上がったのは結局朝。じっくりと聞いてくれたみなさん、ありがとうございました。
[PR]
by stern888 | 2010-03-28 02:15 | スウェーデン

ぶんぶん通信No1上映会と鎌仲監督トーク 5.23

a0036384_813374.jpg


●鎌仲ひとみさんとトークライブ。終了! お越し頂いたみなさん、ありがとうございました。トークセッションだけでもいつのまにかs2時間超。実に有意義な映画&トークライブでありました。
ーーーーーーーーーーーーー

ドキュメンタリー映画の監督、鎌仲ひとみさんを招いて、最新作、『ミツバチの羽音と地球の回転(仮)』の制作過程の報告を兼ねたビデオレター『ぶんぶん通信 no.1』の上映と、鎌仲ひとみ監督のトークライブをおこないます。

鎌仲ひとみ監督は、青森の核燃料サイクルプラントの建設をめぐる地域住民に密着した話題作「六ヶ所村ラプソディー」の監督であり、以前は、NHKスペシャル「エンデの遺言ーお金を根元から問う」で世界中の地域通貨や、マイクロクレジットなどを紹介したドキュメンタリー監督です。

 今回の最新作、『ミツバチの羽音と地球の回転』は、山口県祝島の原発建設問題に揺れる住民に密着し、そしてまた、20年前から「持続可能な社会」に向けて着実にシステムの転換をおこない歩みだしている、スウェーデンの自治体づくりの現場を取材し、紹介しています。

今回は、制作過程を報告する「ぶんぶん通信」を上映し、鎌仲さんから、現在撮り続けているドキュメンタリー映画の背景、日本の社会の何が問題なのか、そして、今後の日本の地域づくりの今後のあり方などをお話いただきます。

なお、実は、今般映画の中で紹介されているスウェーデンのエコ自治体会議や低炭素社会づくりの映像は、昨年5月、草島とともに同行取材してきたものです。持続可能な社会づくりに向けてどのように社会システムを転換しなければならないか。鎌仲さんの映像は、問題の核心を突き、日本の社会に生きる私たちにとって、大きな発想の転換になる映画だと確信しています。

-------------------------
5.23 鎌仲ひとみ監督と
持続可能な社会を語る。
『ぶんぶん通信 no.1』上映会&鎌仲ひとみ監督トーク

『六カ所村ラプソディー』から3年。鎌仲ひとみ監督が新作を制作中です。新たな長編ドキュメンタリー映画『ミツバチの羽音と地球の回転(仮)』は、「持続可能な社会」をテーマに、新しいエネルギーを模索する人々や地域の存在を記録。カメラをスウェーデンと日本の山口県祝島に向けています。わたしたちは、どのようなエネルギー選択をするのか、どんな未来の可能性があるのか、考えさせてくれます。今回は、映画の制作途中の報告を兼ねたビデオレター『ぶんぶん通信 no.1』の上映と、鎌仲ひとみ監督のトークライブを行います。

日時:5月23日(土)   午後1時半開場   午後2時開演   上映と監督トーク。
場所:鶴岡市立中央公民館 3F 視聴覚室    
■ 参加費: 前売り予約: 1000円 当日1200円。
(*会場の都合があり、22日まで電話・メール予約をお願いします。)

『ミツバチの羽音と地球の回転(仮)』 鎌仲ひとみ監督作品   2009年秋 公開予定  
公式サイト http://888earth.net/

■主催、お問い合わせ先:ナチュラルステップジャパン鶴岡
電話 0235-28-3338     cafe Solai 予約メール  nsjtsuruoka@gmail.com
■映像:「ミツバチ」製作プロジェクト (株)グループ現代  http://888earth.net/


プロフィール

監督:
鎌仲ひとみ

大学卒業と同時にフリーの助監督としてドキュメンタリーの現場へ。
初めての自主制作をバリ島を舞台に制作。その後カナダ国立映画製作所へ文化庁の助成をうけて滞在する。カナダの作家と共同制作。NYではメディア・アクティビスト集団ペーパータイガーに参加。95年に帰国してからNHKで医療、経済、環境をテーマに番組を多数制作。98年、イラク取材をきっかけに「ヒバクシャー世界の終わりに」を作る。現在は東京工科大学メディア学部助教授に就きながらその後も映像作家として活動を続けている。
代表作品

「ヒバクシャ――世界の終わりに」(2003年)
(グループ現代制作/16mm/116分/文化庁映画賞文化記録映画優秀賞、平和・協同ジャーナリスト基金賞<グランプリ>他多数受賞)
「スエチャおじさん バリ・夢・うつつ」(1990年)
(自主制作/16mm/120分/芸術文化振興基金助成事業)
「エンデの遺言――根源からお金を問う」
(NHKエンタープライズ21・グループ現代制作/ビデオ/60分/ギャラクシー賞)
「がんを生き抜く――希望を支える医療の記録」(2001年)
(NHK情報ネットワーク・グループ現代制作/ビデオ/60分/ATP優秀ドキュメンタリー賞)
「心の病がいやされる時 今日本の家族に何が起きているのか」(1998年)
(NHK情報ネットワーク・グループ現代制作/ビデオ/60分/ATP優秀ドキュメンタリー賞)
                            他
[PR]
by stern888 | 2009-05-23 08:01 | スウェーデン

G8終了。うーむ。

結局、数値を示せないで終了のG8。フランスは原発利権。米国は石油利権。日本は、経済界に遠慮して、、、インド、中国は、経済成長を妨げられることをいやがり、、、。
 月曜日、「シェルパ達の攻防」というNHKスペシャルのドキュメンタリーで改めてこの国益をかけた闘いの一部をかいま見ることができたように思う。

地球温暖化の危機感をどれだけ共有できているのか。ということ自体がすごく露呈した、そんな結果としての今回の「首脳宣言にG8としての「50年半減」の合意が明記されず終い」ということになっているのではないだろうか。
と思っている。
 
「地球がなくなったらどんな経済も成長しない」とデビッドブラウアーが説き、
そして、世銀のニコラススターン氏が
二酸化炭素(CO2)など温室効果ガス削減に向けて国際社会が行動を起こさなければ、地球温暖化による将来的な経済的損失は世界各国の国内総生産 (GDP)総計の約20%に上る。これは、第一次、第二次世界大戦の被害規模に匹敵する。
・温暖化対策を取らなかった場合、今後50年間で地球の平均気温が2〜3度上昇する。自然災害が多発し、今世紀中盤までに2億人が自宅を失い、15〜40%が絶滅の危機に直面する。
・今すぐに温暖化防止を始めれば、これにかかる費用は年間、世界のGDPの1%(約300億ドル)ですみ、経済発展と両立することが可能である。つまり「行動しないこと」のコストが、必要な対策のコストを圧倒的に上回る。

とスターンレポートを提示した。

その危機感をどれだけ共有した結果だったのか。

目標値も期限も明確に定められない。そうした「ゴール」も明確でない今般のやり方は、スウェーデンで学んできた「バックキャスティング」とは対極的なやり方だ。
日本が提唱しているセクター別アプローチはあくまで手段であって、「ゴール」を示すものではない。

 サミットとは、毎回、妥協の産物で、セレモニーなのかもしれないが、地球の危機に直面した今日的な課題に、どれだけ貢献する結果を得たのか。正直言って疑問の方が大きいのではないだろうか。

 さて、僕としては、低炭素社会を実現しながら、経済発展を果たしているスウェーデンの社会に希望を見た。 
 国の動きは、どうあれ、まずこの自治体で何をするかだ。僕らの進むべき道を真剣に考えたい。
[PR]
by stern888 | 2008-07-10 12:39 | スウェーデン

炭素税について


 一昨日お知らせしたスウェーデンの件ですが、高見さんがコーディネートした、KRAV(有機農業)マーク、スーパーマーケットのリサイクルボックス。それとハマンビーの下水道プラントが紹介されていました。ムッレ教室についても触れていましたね。
ただ、かなり早足の紹介だけでしたので、随分物足りない感じがしました。
なので、僕のブログで、僕が取材してきたスウェーデンの社会についてもう少し深く紹介をしていけたらと思います。

まず、炭素税についてですが、スウェーデンにいって、スゴく腑に落ちた件がありましたのでお知らせします。

まず、自動車事情ですが、僕はストックホルムに着いたとたんに、まず驚きました。タクシーの多くが、プリウスだったり、エタノールで走っていました。そして、青いバスはバイオガスで走っていました。
 
まず、驚いたのは、自動車の燃料です。この写真のように、エタノールが、半額で安いんです。なので、スウェーデンの社会では、新車の20%がエタノールカーになっていると環境省の方からうかがいました。
また、新車導入にも優遇策がとられているとのこと。また、渋滞税もエタノールカーや電気自動車にはかかりません。要するにカーボンニュートラルで脱炭素する燃料を優遇するのです。バイオガスかガソリンでBi-fuel で走るボルボも結構走っており、バスの燃料をいれるターミナルの近くに、バイオガスの充填のスタンドがありました。

日本の議論を聞いていると、ガソリンじゃなくてエタノール。というところがでてこないので、ガソリンが高い、低いの議論になりがちです。おまけに道路特定財源と一緒になってしまうんですね。

こうしたカーボンニュートラルな燃料へ、インセンティブをつけることこそが、炭素税の本筋なのだと改めて感じました。

また、ストックホルムや、日本でいうと大阪にあたる第二の都市 ヨーテボリでは、公共バスは下水道からのバイオガスで走っていました。ヨーテボリでは8年前からこうしたバスが走っているとの事。

なお、エタノールについては、スウェーデン北部で製紙工場のパルプの燃料の木材チップからエタノールを取り出すプラントが稼働しており、現場も観て参りました。スウェーデン環境省でも、こうした動きに注目しているとの事でした。

2020年までに脱化石燃料を果たすミッションで動いているスウェーデン。さすがにシステムを根本から変える「政策」というものを感じました。

昨日までのTV特集や日曜討論などの議論でも、日本の根本的なCo2削減政策は全く見えてきませんでした。
いまだにクールビズや消費者の行動だけで政府は無策のままです。とG8で発表するつもりなのでしょうか。



a0036384_13133339.jpg

[PR]
by stern888 | 2008-06-09 13:14 | スウェーデン