ブログトップ

草島進一の「持続可能な鶴岡」日記

kusajima.exblog.jp

カテゴリ:農業 有機農業( 28 )

田植え仕事できる方募集! 至急!

今、旬のお仕事 いただいたお知らせです。
有機、特別栽培米の田植えのお仕事やれる方、を募集しております。
本日から10日間ぐらい(何日でも可能) 時給700円~(経験と働きぶりによって考慮)とのこと。
関連で事務所仕事も募集。とのことです。
お問い合わせは、  toiawase@cherry-farm.co.jp 板垣さんまで。
[PR]
by stern888 | 2011-05-22 09:54 | 農業 有機農業

庄内農文化交流推進協議会 設立。

6月2日。庄内農文化交流推進協議会 が設立。

この3ヶ月ほど、準備事務局として設立準備を進めてきた庄内農文化交流推進協議会。イルケッチアーノで
庄内一円、43名の参加者の下、事業説明と設立総会をおこない、多くのご賛同者の下で承認。設立されました。これから「エコミュージアム・ツーリズム・プロジェクト」 として本格スタートします。詳しくはのちほど。
[PR]
by stern888 | 2010-06-03 08:19 | 農業 有機農業

有機栽培の育苗

同級生のくろうえもん農場を手伝う。だだちゃ豆の定植、それから苗の水管理。この育苗は無農薬でおこなわれている。プール育苗ということでちょっとだけ水管理の手間はかかるが、これで農薬を使わないでいけると農場主は語る。
日本の農業の課題は、やはり農薬の濃度が高いということだろう。
   先日、ある著名クリエイターの方から、4月に国会議員会館でおこなわれたネオニコチノイド農薬の資料をがっつりいただいた。ミツバチがいなくなっている事の原因として、ネオニコチノイド国外では当たり前のようなことになっているが、国内ではどうもそうなっていない。
比較的安全で少量で効く薬品として使用量がずっと増え続けていると聞く。ラジコンヘリでの散布もとても目立っている。以前、地域を廻ったとき、従来の人がホースをもつようなやり方で農薬をまいた田んぼや畑と比べると、特にラジコンヘリで農薬をまいた場所には水路周辺含めてほとんど生き物がいなくなるのだとうかがった。
今年、生物多様性年。農業の界隈には、相当その軸で考え直さねばならない要素が多分にあるように思えてくる。

 
a0036384_2354368.jpg

[PR]
by stern888 | 2010-05-12 22:38 | 農業 有機農業

燻炭。

集落の中、煙が上がっている場所。何かと思えば、この光景。燻炭といって、籾殻を炭化させる方法。
実に見事にできあがっていた。朝から火をいれて、ほとんど半日にわたって、こんな風に、炭状に成った籾殻。こんな感じまでになったら水をかけて炭化するのを止めるのだそうだ。それをやらないと、白化してしまうのだとか。
 この炭は、野菜づくりや、コメづくりの土壌改良材としてすごく効果があると、うかがった。 焼いてつくっている現場を見たのははじめて。ふーむ。だんだんと春の農作業がはじまっている。
a0036384_7144818.jpg

[PR]
by stern888 | 2010-04-10 00:33 | 農業 有機農業

今年の作況指数

農業が基幹産業の鶴岡市、そして庄内米のコメの出来高が農家の収入を左右する。こうした作柄を示した指標が作況指数というのだが、今年度、10月15日の農水省発表では、山形県全体では100とか99という発表がおこなわれている。しかし、今日、藤島地域にいって話を聞くと、どうもそんなに良くないという声が聞こえてきた。90から95ぐらいではないかという声も多いとか。南庄内が特に良くないようだ。日照不足で結局梅雨明けもしないような天候が原因かともおっしゃっていた。注意深く見守っていきたい。
  
[PR]
by stern888 | 2009-11-20 12:03 | 農業 有機農業

柿畑 

a0036384_15295663.jpg


妻の実家の柿畑で柿もぎ。
妻の実家は酒田市坂野辺新田。酒井 調良の黒森地区の流れをくむ柿畑がある。
いってみると裏庭だけで30本を越える柿の木。それにものすごい柿がなっている。
1時間でプラケース一つは満杯になる。
これは体験柿もぎ園でもやれるかも。
どなたか、柿もぎ、やってみたい方はいらっしゃいませんか。楽しいですよ。
[PR]
by stern888 | 2009-10-14 15:29 | 農業 有機農業

スローフード全国大会。

2日間、スローフード全国大会に参加。1日目は島村菜津さん、2日目は結城登美雄さんの話を聴きにいく。島村さんを交え、地元農業者、料理職人、旅館のおかみ、映画村の宇生さんによるパネルディスカッションはとても充実していて様々なきづきをいただいた。また結城 登美雄さんの鳴子の米プロジェクトの話。ちゃわん一杯20円の米。そして次々と消滅する棚田。中山間地の崩壊の話。米農家を消費者が支えるのは今だ。と改めて強いメッセージをいただいた。他にも諸々ヒントをいただいた気がする。感謝。スローフード山形の皆さん、大変ご苦労様ででした。
[PR]
by stern888 | 2009-03-08 07:03 | 農業 有機農業

農業の6次化産業化シンポへ。

山形。以前から気になっていた農業の「第六次産業化」シンポへ。
農学博士、今村奈良臣先生の話はなかなか痛快。人材革新、技術革新、経営革新、組織革新、地域革新という5つの革新のイノベーション。そしてあくまで、消費者の立場からそれぞれの立場から課題を追求していくということ。 逆風が吹く今こそ、農業の時代だと力説されていた。伊豆沼農産の農を軸とした多彩なとりくみもとても興味深かった。特に販売、そして交流のところに新しいシステムが必要なんだと感じた。

そう。農業の話題といえば、山形97号。「つや姫」と決定とのこと。なかなかいいんじゃないでしょうか。僕もあの中の候補で選べばこれです。ゆるキャラでもつくりますかね。
[PR]
by stern888 | 2009-02-24 20:28 | 農業 有機農業

有機と特別栽培  生産工程管理者講習会

a0036384_23352231.jpg

昨晩視察から戻り、朝一番で街頭演説。午後から有機農産物と特別栽培の生産工程管理者認定のための講習会があるというので、現場の実際を知りたくて参加した。有機の講習会には16名ぐらいの方々が参加されていた。現在自治体でこの有機認証を認可できる機関として指定されているのは鶴岡市と綾町だけだ。この鶴岡市での有機認証をうけている農家の方々は4件。そのほか、有機を頂点として除草剤1成分だけ許可されている藤島型、そして3成分許可されている鶴岡エコ型と続いている。この藤島型、鶴岡エコ型は最近特に増えている。
有機は10ha、特別栽培は、570haと聞いた。旧藤島区域内だと約3割程度が特別栽培米になっている。鶴岡市内全体だと10%未満と聞いた。まだ少数なのは事実だが、米価の安定。今後の農業の展望を考えると、この取り組みこそ、大事にしなければならないし、今後より広がりをもった広がりにするための政策誘導がより必要なのではないかと考える。 半日、大変勉強になった。
[PR]
by stern888 | 2009-02-20 23:35 | 農業 有機農業

困ったことにーーーふぐ中毒。

鶴岡でふぐ中毒のニュースが全国版で流れました。
うーむ。うちの事務所 兼カフェsolaiのご近所の料理屋さんでした。僕も一度、町内会関係の集まりで訪れたことがあり、結構、安くて美味しい料理店として評判を聞いてきたところだったのでびっくりしました。意識不明の方もいらっしゃったと聞いて心配していましたが、命は大丈夫だったとのこと。先ずは事故に遭われた方々の一日も早い回復をお祈りします。
  ふぐの白子といえば、今般アカデミー賞ノミネートの映画「おくりびと」に、ふぐの白子をふごふごと食べるシーンがありますね。「困ったことに」とかといって。
  あのふぐは毒がないトラフグの白子なんですね。僕は食べたことがありませんが、ネット販売でも200gで定額給付金一人分ぐらいの値段がする高級品のようです。今回はヒガンフグとのこと。きっとあんな感じのシーンの後に、、、悲劇が。という感じだったのかもしれませんね。
とにかく、回復を心からお祈り申し上げます。ふぐの調理について、意外と地域によって資格制度などに差があるということに差があることを今回初めて知りました。注意喚起は当たり前ですが、「ふぐ調理師」の資格制度は山口、東京にならって、山形でも早急に定めるべきだと思います。庄内でもトラフグがあがることもあり、結構流通があると以前鮮魚店でうかがったことがあるからです。「食の都」山形、鶴岡なのですから。
[PR]
by stern888 | 2009-01-28 15:30 | 農業 有機農業