ブログトップ

草島進一の「持続可能な鶴岡」日記

kusajima.exblog.jp

-ビルケンシュトック専門の修理店ー靴職人が鶴岡に。

a0036384_119793.jpg

こんな靴底になった僕の靴。足をいれると足がピンと伸びるような感じになり、疲れ知らずのこの靴は、ここ8年ぐらい特に遠方の視察などでは重宝していた。そして特に駆け回る選挙選では欠かせない靴。ビルケンシュトックのラコマ。こんなになったら再生不能かと思いきや、本店に尋ねると1万円少々でソール交換OKとのこと。でも本店に送ると1ヶ月半待ちがあるとのこと。もう少し検索してみると、、このブログに。http://ameblo.jp/anyo3939/  
なんと、発信元は鶴岡市。早速電話して訪れる。協立病院近くの「あんよ」という店。ウッディな店内で同年代か僕より若い位のご主人が、実に丁寧に対応してくださった。店内にはビルケン専用のソールなどパーツも諸々。コルクの敷き皮の交換も+して、でも10日間ぐらいで仕上げてくれるとのこと。なにしろ、健康な靴づくりをしたいということで開店して8年。「こんな靴をつくりたい」というイメージ図をもってくれば、足形をあわせてオリジナルで健康な靴をつくれるとのこと。全国から、電話やメールで依頼されるお客さんを相手に日々作業をされている店主。既製の靴では合わなくてという人にも頼りにされているそうだ。期せずして、こんな靴職人が我が鶴岡にいることを再発見。実に良かった。興味ある方は あんよanyo(http://www.anyo3939.com/)へ。
[PR]
by stern888 | 2009-11-13 11:09
<< 山崎先生の演劇を観に行く。 事業仕分けを鶴岡でも! >>