ブログトップ

草島進一の「持続可能な鶴岡」日記

kusajima.exblog.jp

最上小国川

2008.10.31 pm 3時40分。草島事務局長 山形県最上総合支庁を訪問。支庁長 正木徹氏、建設部長 高橋健一氏 最上小国川ダム建設室長 亀井浩之氏にお会いし、ちらしを手渡し、11月9日のシンポジウムへの参加依頼をおこなった。亀井裕之氏が「誰かいかせる、私はいかない」などと対応したため、「あなたに来ていただきたいため直々に来たのです」と告げ、参加を依頼する。元淀川水系流域委員会、元京大防災研究所長を歴任した、現在も治水論でトップを走っている京都大学名誉教授の今本先生がいらっしゃるのである。特に県の河川砂防課の担当幹部、職員は全員参加していただきたいものである。
[PR]
by stern888 | 2008-11-01 06:53 | ダム問題
<< ラムサール条約 >>