ブログトップ

草島進一の「持続可能な鶴岡」日記

kusajima.exblog.jp

11月9日、緊急シンポジウムのお知らせ。

この間。諸々構想してきた穴あきダムで揺れる最上小国川ダムに関する緊急シンポジウムを11月9日、話題の川辺川から矢上元相良村長と淀川から今本京大名誉教授 防災研究所元所長という豪華ゲストを招いておこないます。どうぞよろしくお願いします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2008年11月9日(日)緊急シンポジウム
山形の“守るべき宝”とは。
最上小国川の“真の治水”を考える。
〜川辺川(熊本県)のダム中止、淀川水系流域委員会(大阪、京都、滋賀県)の視点から〜 

今年9日11日、熊本県の川辺川ダム問題では蒲島熊本県知事が「球磨川そのものが、かけがえのない財産であり、“守るべき「宝」”ではないか」とし、ダム計画の白紙撤回を発表しました。同じく話題となっている「淀川水系流域委員会」問題では、滋賀県の嘉田知事が、県営ダムにダムではない「代替案」を出し、淀川水系全域に「NOダム」の方向性が出されています。自然や文化的要素の多く残っている自然河川、小国川を、流域の幸せのためにどのように生かしていくのか、また、真に「生命と財産を守る」ための治水策を、再び議論します。

● 基調講演 1 今本博健 
元「淀川水系流域委員会」委員長 元「京都大学防災研究所」所長 京都大学名誉教授
「『淀川水系流域委員会』で問われている“河川の自治”と治水代替プラン」

新河川法の趣旨にもとづき、日本で最も開かれた議論を展開してきた淀川水系流域委員会。今本先生は、その委員会の初代委員長であり、「穴あきダムは歴史的愚行」との見解を示されております。真に流域の「生命と財産を守る」治水の考え方、淀川、滋賀県の代替プランについて、ご紹介いただきます。
今本博健氏プロフィール
1937年大阪生まれ。61年京大工学部卒。現京大名誉教授。京大防災研究所長を歴任。専門は実験水理学・河川工学・防災工学。河川・湖・海洋の流れに関する水理模型実験、国内外の水害調査等に従事。前・淀川水系流域委員会委員長。著書に「水理学の基礎」、「防災学ハンドブック」(共著)など。

● 基調講演 2 矢上雅義 
前・相良村村長 元 衆議院議員          
「熊本県知事は、なぜ川辺川ダムに“NO”といったのか」
矢上氏は相良村長だった2006年11月に、「子供たちに清流を手渡したい」と川辺川流域町村でいち早くダム反対を表明しました。また07年川辺川ダム反対を争点に熊本県知事選に出馬。そうした行動が、今回の熊本県知事発言のきっかけとなりました。

矢上雅義氏プロフィール
1960年生まれ・1983年 上智大学経済学部卒業 卒業後 ホテル業
1993年7月から平成12年2000年6月まで、日本新党、新進党など2期衆議院議員 2001年11月22より相良村村長就任(2期)2008年2月6日相良村村長辞任 2008年3月熊本県知事選挙に出馬「川辺川ダム反対を訴える」

●報告
赤倉温泉の治水対策にダムなしの“代替プラン”は可能だ。
                         国土問題研究会
2007年度、国土問題研究会に所属する河川工学者や温泉の専門家が現地の調査、河床掘削などをともなう代替プランを作成しました。ダムに拠らない治水案をお話いただきます。

● パネルディスカッション
「最上・小国川流域の“守るべき宝”」とは

進行:天野礼子 アウトドアライター
   今本博健
   矢上雅義 
   地元から。

総合司会 草島進一 最上小国川の真の治水を考える会 事務局長
          ウォーターワッチネットワーク代表


日時11月9日 午後1時半開会
場所 お湯トピアもがみ(赤倉温泉公民館)
最上町大字富沢赤倉温泉2344 
    電話 0233-45-2424
会費 500円

主催  最上小国川の“真の治水”を考える会
協力  小国川漁業協同組合 神室山系の自然を守る会 山形県自然保護団体連絡協議会 最上小国川の“真の治水”を求める対策会議
パタゴニア日本支社 環境助成プログラム

メールで申し込み受付しております。
草島 stern8@mac.com まで。
[PR]
by stern888 | 2008-10-28 10:22 | ダム問題
<< >>