ブログトップ

草島進一の「持続可能な鶴岡」日記

kusajima.exblog.jp

教育基本法が危ない! やらせ タウンミーティング

教育改革などのタウンミーティングのやらせ問題。 ヒドイですね。
肝心の国民への対話で堂々と「世論誘導との疑念を払しょくできない」ということがおこなわれていた事実が明らかになった今、

今おこなわれている教育基本法の改正については、とにかく廃案に追い込まなくてはならない。

本日のweb 版中日新聞に以下の記事
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「やらせ」15回、動員71回
タウンミーティング最終報告公表

 政府のタウンミーティング(TM)調査委員会は13日昼、「やらせ質問」や参加者の大量動員、税金の無駄遣いが明るみに出たTMの実態について「世論誘導との疑念を払しょくできない」と結論付けた最終報告書を公表した。

 調査は、2001年6月以降の小泉内閣時代に開かれた全174回のTMを対象に行った。事前に発言者を用意していたのは、全174回の約6割に当たる105回に上り、発言内容まで依頼した「やらせ」は15回。議論のテーマ別では、教育改革5回のほか、司法改革6回、海洋問題、大学、規制改革・地域活性化、地域再生が各1回だった。

 参加者を公募だけでなく、事前に確保していた動員も、政府側が全体の4割に当たる71回で依頼して実施し、地方側の自主的な動員も13回あった。一方で、特定の応募者2人を排除するため、抽選を操作した事例もあった。

 議論の口火を切るため、冒頭発言をしてもらった参加者への謝礼金は、25回で計65人に5000円ずつ支払っていたことが判明済みだが、新たな事実は確認されなかった。

 不適切な経費処理をめぐっては、ハイヤーの単価を安く装うための台数改ざんなどの操作が37回あった。

 最終報告書の公表に先立ち、塩崎恭久官房長官は13日午前の記者会見で「イベント的な成功を考え、本筋を忘れたやり方につながった。大いに反省する」と陳謝した。

 調査委は、一連の問題を客観的に検証、評価するため、大学教授や弁護士ら外部の専門家3人を含む5人で発足。11月15日から10回の会合を重ねてきた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

とんでもない話だ。又衆議院議員 保坂展人さんが今日の国会 教育基本法特別委員会
で質問をしていた。

教育タウンミーティングの調査結果報告書が、質問の途中で発表された。
まず、保坂さんは、「特別委員会に調査結果報告書が間に合っていない。これは国会軽視なのでは」からはじまった。

そして、平成13年度の電通の9億4千万円の請求書。日付がない。
事務局人件費 4550万円
メール手書き 集計費用  日付がない。請求書通用しているのか。
契約書にある。
ーーーーーーーこうしたやりとりをしているときに、調査報告書が届く。
調査報告書にこんな事も全部書いてあるんでしょうね。と質問。

全体400人のうち、52人関係者がはいって、 4人はやらせ。
出張旅費もでての動員があった。

報告書をざっと読んだ保坂さんは、
やらせ発言について裁判員制度について 司法制度改革について 法務省所管の方にもあった。と報告に書いてある、どうなんだ。と正した。
司法やらせ発言も 7回中 6回あった。

総理に。やらせ発言が法務省にも

やらせ発言が発覚した。運営費のあり方にも問題があった。ということを安部首相は認めた。
1回2000万もかけてやるのはやめるべきだ。落札率はだせないのか。と問い続けた。塩崎官房長官は 3回の質問に全く答えなかった。落札率は結局だせないというということで、根本的な見直しをしないということがわかった。こういう審議について

その後、
日本国教育基本法案 議決を要しないものとするかどうかの問いかけがおこなわれ、議決を要しないことが賛成多数で決定された。

その後、テレビ報道は、官邸の調査委員会の出した「報告書」についてとりあげ、安倍総理は「3カ月分の俸給の国庫返納」を官房長官時代の責任を理由に自己処分を発表した。

ちょっと待て、こんなでたらめをやっておいて、ただ「棒引き」か?

肝心要の教育基本法は明後日の会期末の成立に着々と進んでいるのだ。国民の世論操作があきらかにおこなわれていたことがわかったのだから、もっともっと慎重審議をするのが筋だ。

 東京で仲間達が立ち上がっている。
 きくちゆみさんからのメールがやってきた。

ちょっと前、国会前から3時間かけて鴨川に戻りました。冷たい
雨の中のヒューマンチェーンに4000人。文字通り、全国から集まっ
てきています。みんな本気だし、本当に怒っている。私たちの声を聞か
ずに、「戦争できる国」へと暴走する政府与党に対して。格差を拡大
し、固定化し、日本を戦争できる国にして大事な子どもを戦場に送ろう
と準備する与党議員に、私は本気で怒っています!

今日のことをブログに書いたので、良かったら、読んでください。
http://kikuchiyumi.blogspot.com

すでに受け取っている方も多いと思いますが、2つのメールを転送しま
す。
今週の『マガジン9条』NEWSもすごくいいですね。一読の価値あり。
http://www.magazine9.jp/

きくちゆみ
ーー
あんころニュース*号外 (転送歓迎)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
教育基本法の改悪をとめよう!
国会前すわりこみ&12.14国会前集会のご案内
http://www.kyokiren.net
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

国会情勢が緊迫してきました。
14日午前9時〜12時まで、3時間にわたって、首相出席のもと、締め
くくり総括質疑が行われます。
その後、動議がだされ、参議院特別委員会での採決の可能性も高まって
います。

国会の会期はあと2日。
延長の可能性もありますが、まずはこの会期中の採決を、何としてでも
食い止めましょう。

国会にこられる人は、ぜひ国会へ!
こられない人も、持てる力をすべて、国会へぶつけていきましょう!!

格差の痛みを子どもにまで広げないために
戦争しない未来に生きるために
今、わたしたちが、がんばりましょう。

-----------------------------------------------
教育基本法の改悪をとめよう!12.14緊急国会前集会
http://www.kyokiren.net/_action/061214
-----------------------------------------------
♪【日時】12月14日(木) 18時〜19時
      終了後首相官邸前まで移動&抗議行動
♪【場所】衆議院第2議員会館前
      (地下鉄「国会議事堂前」「永田町」駅下車3分)
♪【発言】国会議員、全国連絡会呼びかけ人、全国各地から
♪【参加】場所へ行けばどなたでも参加できます。

-----------------------------------------------
廃案においこもう! すわりこみ
http://www.kyokiren.net/_action/suwarikomi~4
-----------------------------------------------
♪【日時】12月14日(木)〜15日(金) 午前9
時〜午後5時
♪【場所】参議員会館前(地下鉄「国会議事堂前」「永田町」駅下車3
分)
♪【参加】どなたでも参加できます。呼びかけ人も都合がつく限り参加
します。
   全国連絡会のノボリやハタを見つけて、声をかけてくださ
い。
     誰でも参加できるスペースを準備しています。

-----------------------------------------------
参議院特別委員会に声を!
http://www.kyokiren.net/_misc/san-toku1
-----------------------------------------------
参議院特別委員会のメンバーに、明日の採決をしないように、声を寄せ
ましょう。
事務所への手書きのFAXが一番効果的だそうです。

特別委員会の名簿はこちら↓
http://www.kyokiren.net/_misc/san-toku1

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
問合せ・連絡先: http://www.kyokiren.net
教育基本法の改悪をとめよう!全国連絡会
メール info@kyokiren.net
TEL&FAX 03−3812−510
ーーーーーーーーー
もう一つはずーっと国会前でがんばっている高田健さんから:

高田健@許すな!憲法改悪・市民連絡会です。
重複送信お許しください。

この間、皆様にお願いしておりました、憲法改悪のための「改憲手続き
法案」の廃案を求める団体共同声明 への賛同は、おかげを持ち
まして、12月10日の第2次締切で173団体の賛同を得ることがで
きました。
国会内外の闘いもあって、幸いにも、与党はこの臨時国会での同法案の
採択を断念しました。
以後は、法案を修正して民主党案との修正協議をしたいとの意向です。

しかし、与党の修正案も多くの問題点を抱えたままであり、修正をした
ところで、本質的にはこの間、私たちが指摘した通り、憲法改悪(とり
わけ米国が要求する集団的自衛権行使のために憲法9条を改悪して「戦
争のできる国」になる)のための手続き法案であることに変わりはあり
ません。

そこで私たちは次期通常国会に向けて、ひきつづき同法案の廃案を求
め、第3次の賛同団体募集に入ります。まだ賛同されていなかった団体
で、賛同の意志のある皆さんはこの機会にぜひ賛同のご協力をお願いし
ます。すでに賛同された皆さんにおかれましては、他の団体の皆さんに
この賛同のお願いをご紹介下さいますよう、お願いします。
声明文は下記の市民連絡会サイトに掲載されています。
-----------------
高田 健 /許すな!憲法改悪・市民連絡会
TEL03−3221−4668 FAX03−3221−2558
東京都千代田区三崎町2−21ー6ー301
kenpou@annie.ne.jp
http://www.annie.ne.jp/~kenpou/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今国会で悪法を成立させないために、できることは何でもやりましょう
ね。
私もこれから特別委の議員にファックスを送ります。
http://www.kyokiren.net/_misc/san-toku1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、僕はまず、明日の朝から、この問題を徹底的に訴えかけるぞ!







 
[PR]
by stern888 | 2006-12-14 02:35 | 教育
<< 教育基本法が強行採決!? 一般質問その2 地域資源の活用... >>