ブログトップ

草島進一の「持続可能な鶴岡」日記

kusajima.exblog.jp

つじ立ち。

26日、八文字屋前つちだちからスタート

●治水策として、ダム事業が見直されていること。
新潟豪雨災害では、ダムが2つある五十嵐川で堤防決壊し、死者がでる水害になってしまったこと。
●委員会審議会が県、市とも形骸化していること。
●超不透明行政がおこなわれていること

などを訴える。その後事務所で缶詰状態。

今回の今本先生のインタビューについては、
http://www.ybc.co.jp/
で動画でみれるようだ。
残念ながら、MACでは見れなかった。うーむ。

天野さんは、四国、四万十川、仁淀川がホームゲレンデという水産試験場のMさんとともにやってきて、25日、26日と小国川をつり歩いている。なんとMさんは、一日で84匹も釣り上げた。Mさんいわく、「四国の川よりもこの川のほうが全然いい。この鮎の数は圧巻だ。岩もきれいだし、最高。移りすむひとがいるのがよくわかる」とコメントしてくれた。

空港のビジネスルームより。午後は鶴岡市内。
[PR]
by stern888 | 2006-07-26 11:34 | ダム問題
<< 財政破たん >>