ブログトップ

草島進一の「持続可能な鶴岡」日記

kusajima.exblog.jp

2中の入札結果。療養病床

朝つじ立ちからスタート。空梅雨なのか、知らないが天気は上々。議会運営委員会、代表者会議 オブザーバー参加。あさっての本会議に、三川町の合併についての協議会の案件、2中の建設工事の契約など、について追加提案されることになった。 
資料によれば、契約金額17億8080万円。佐藤組、十和、菅建、中澤特区邸建設工事企業体が契約。 予定価格が17億3000万円に対して、16億9600万円で落札。落札率は98.0%。
機械工事は予定価格2億3900万円にたいして、1億6400万円と、落札率68.6%.山空・山東特定建設工事共同企業体。これは低いので、調査をしたとのこと。

 某リハビリ病院に行き、取材。「医療制度改革関連法では全国に約38万床ある療養病床を同年度末までに15万床に削減。減らす23万床は老人保健施設や有料老人ホーム、在宅医療などに移行される」とされる今回の医療改革で何が起きているか、諸々うかがう。6年後に全廃される介護型療養病床、関係する診療報酬なども7月1日から事実上引き下げ、といった実態。
特に、顎などが思うように動かなくなって、胃に穴をあけて栄養を補給する「胃ろう」患者の方々が特に、行き場を失うおそれがあるとうかがった。
「社会的入院」が5割をしめるだ、8割をしめるだといっているが実際はどうか。
  現場の声と国の改革方針が全然かみあっていない事を痛感した。
[PR]
by stern888 | 2006-06-21 01:28 | 福祉
<< 小国川について公聴会開催 今週... 指定管理者制度と情報公開 >>