ブログトップ

草島進一の「持続可能な鶴岡」日記

kusajima.exblog.jp

小国川ダム事業 工事の強行は許せない。

昨日、最上小国川、ダム事業のための取り付け道路の測量がはじまったと伺った。ダムに依らない治水が可能なのにダムに偏重していると訴状があがり、漁業権をもつ漁協が反対しているため、本体着工ができない。それなのに周辺工事に手をかけようとしている。
 なし崩し的に外堀を埋めて、漁協を孤立させて、同意をはかろうとしているのか。それは卑怯というものだ。漁業権ダム建設工事が81%で止まり、結局2100億円がムダになった川辺川ダムの実例から学ぼうとしないのか。甚だ疑問である。
 そのような思いを込め、本日吉村知事宛に、県議会議員として申し入れをおこなう。午後2時。
[PR]
by stern888 | 2012-10-10 06:23 | ダム問題
<< 検討不足のダム建設、ストップ!... 小国川ダムの件、朝日新聞山形版に掲載 >>