ブログトップ

草島進一の「持続可能な鶴岡」日記

kusajima.exblog.jp

朝日、山形新聞に質問状提出が掲載

12月22日付けの新聞に、21日の公開質問状提出について掲載されました。
以下、内容をお知らせします。

朝日新聞 山形
「治水」巡り県に質問状
最上小国川ダム建設で「守る会」
県の最上小国川ダム建設計画に反対する「最上小国川の清流を守る会」(川辺孝幸山形大教授ら共同代表)は21日、県に対し、治水対策や環境への影響などに関する公開質問状を提出した。
 質問状であh、治水対策について「県が造った堰や床止めで河床が上昇し、洪水を引き起こしている。河床掘削で解決できる」と指摘。「ダムによるアユへの影響の検討が不十分」「対策を施せば、河床を掘削しても温泉への影響を回避できる」などとし、県の見解を求めた。
 県河川課は、「内容を確認し、なるべく早く回答したい」としている。

ーーーーーーーーーー
山形新聞
最上小国川ダムで県に公開質問状
建設反対派

最上小国川ダム(最上町)建設に反対する「最上小国川の清流を守る会」は21日、 河川環境、 治水 対策、湯脈調査の3分野について、県に公開質問状を提出した。ダム整備によりアユに及ぼす影響などについての県の見解を求めている。質問状を受け取った工藤雄一河川課長は「内容を確認し、速やかに回答したい」と述べた。

ーーー以上。
[PR]
by stern888 | 2011-12-22 18:29 | ダム問題
<< クリスマスの日に、次の世代にあ... 12月21日、県に対して公開質... >>