ブログトップ

草島進一の「持続可能な鶴岡」日記

kusajima.exblog.jp

本日の朝日新聞に国土交通大臣交渉が

本日の朝日新聞より

昨日の大臣交渉が朝日新聞二掲載、
論点は明快。

最上小国川ダム予算凍結を 反対派、国交相と面会 山形
2011年12月3日00時36分
印刷する
この記事をスクラップ


 山形県が最上町に計画している最上小国川ダムの建設に反対する「最上小国川の清流を守る会」代表の川辺孝幸・山形大教授と小国川漁協の沼沢勝善組合長は1日、東京の国土交通省で前田武志国交相と面談し、河川改修による治水対策を訴え、ダム建設を補助する政府予算の凍結を求めた。
 面談には草島進一県議、田中康夫・新党日本代表、今本博健・京大名誉教授らも同席。(1)「赤倉温泉の湯脈に影響するので河床掘削はできない」とする県の主張はうそ(2)県が設置した堰(せき)や床止工(とこどめこう)によって河床が上昇し危険(3)「穴あきダム」は土石流などで流れる樹木や土砂で穴が詰まり、被害を拡大する可能性がある(4)アユへの影響の損失コストを考えれば河川改修の方が安上がり――などと説明し、河道の掘削や拡幅などによる治水対策を求めた。
 草島県議は面談後、「大臣は『国交省も持続可能性を大事に考えている』などと理解を示してくれた」と話した。同ダムは政権交代後の見直し対象になったが、国交省は今年8月、県の方針を受け入れて事業継続を決めた。(三浦亘)
[PR]
by stern888 | 2011-12-03 21:13 | ダム問題
<< 本日、県知事への申し入れ内容。 最上小国川 赤倉温泉地域の治水... >>